東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 歯科医師―

一戸 江梨 院長 & 一戸 啓和 代表/いちデンタルクリニック(三軒茶屋駅・歯科)の院長紹介ページ

一戸 江梨 院長 & 一戸 啓和 代表

ERI&YOSHIKAZU ICHINOHE

歯科技工所を併設し、高品質の歯科治療をご提供
お子さんからご高齢の方まで幅広く診療をおこなう

【江梨 院長】
神奈川歯科大学卒業後、都内の歯科医院で一般歯科から自由診療、小児歯科、インプラント、矯正治療まで幅広い研鑽を積む。2018年、いちデンタルクリニックを開院(東急田園都市線 三軒茶屋駅より徒歩12分)。
【啓和代表】
新東京歯科技工士専門学校を卒業後、都内の歯科医院で歯科技工士として技術を磨く。2018年、いちデンタルクリニック開院と同時に代表に就任。歯科技工士としてラボの責任者も務める。

一戸 江梨 院長 & 一戸 啓和 代表

一戸 江梨 院長 & 一戸 啓和 代表

いちデンタルクリニック

世田谷区/下馬/三軒茶屋駅

  • ●歯科

医師と技工士の経験を生かした歯科医院を目指す

一戸 江梨 院長 & 一戸 啓和 代表

【江梨 院長】
私は割と早いうちから医療関係の仕事をしたいという気持ちがありました。また、父が歯科医師をしていたこともあり、身近な職業だったことからも大きな影響を受けたと思います。神奈川歯科大学を卒業後は、都内の歯科医院でさまざまな患者さんの治療を担当し、12~3年程勉強をさせてもらいました。将来開院をしたいと考えていたので、歯科一般について幅広く学ぶことができたのは今の診療に役だっています。その後、別のクリニックで2年間の勤務を経て、2018年、いちデンタルクリニックを開院致しました(東急田園都市線 三軒茶屋駅南A口より徒歩12分)。

【啓和 代表】
新東京歯科技工士専門学校を卒業後、国際デンタルアカデミーボテックスクール、同スクール、アドバンスコース卒業を経て、都内の歯科医院で歯科技工士として技術を磨きました。日本に歯の形をスキャンするCAD/CAMが最初に導入された頃から、歯科技工に関わっています。都内で研鑽を積んでいた時に院長と出会い、新たに立ちあげる歯科クリニックでは、代表と歯科技工士を務めています。

住宅街も近く、明るく過ごしやすい院内

一戸 江梨 院長 & 一戸 啓和 代表

【江梨 院長】
開院の際に目標に考えたのは、患者さんとゆっくり向き合って治療をおこなうこと。ご家族で通っていただければ、と考えました。ですからクリニックの場所は駅から適度に距離があり、住宅街の中にある場所をイメージしました。私の性格ががつがつしていないこともあったと思います。世田谷区の下馬という場所は近くには大学もあり、赤ちゃんを連れたお母さんから学生の方、ご高齢の方まで幅広くお住まいです。駅からも少し離れていて希望にピッタリの場所でしたね。
まだ、開院して間もないですが、患者さんは歯のメンテナンスや定期検診をご希望される方が多いですね。この地域にお住まいの方の歯への意識が高さを感じています。お子さんからご高齢の方まで幅広い方に来ていただきたいと思っています。がんばったお子さん向けにはガチャガチャのおもちゃをプレゼントしていますよ。

【啓和 代表】
クリニックのある建物は全面窓ガラスの解放感のある外観が特徴です。南向きの角にあるため、日当たりも良好。それを生かして光の入る明るい院内にしています。また、スタッフや患者さんがスムーズに院内を移動できるように院内の導線にも気をつけています。

幅広い治療に対応する機器と入念な滅菌設備

一戸 江梨 院長 & 一戸 啓和 代表

【江梨 院長】
当院は小さな虫歯から矯正治療、インプラントまで幅広い症状に対応し、診療は女性医師がおこないます。一般歯科診療では虫歯を計測する「ダイアグノデントペン」という機器を導入。これは見た目ではなかなかわかりにくい虫歯の深さを測る器械です。削ることは最小限に抑えて、審美性に優れた充填剤で修復をします。電動注射器などを使用して治療全般で痛みも少ない治療をおこなっていますのでご安心ください。また、虫歯と共に、お子さんから大人の方まで気になるのが歯並びです。当クリニックではインビザラインというマウスピース型の矯正器具を使用しています。マウスピースといっても透明なものなので、目立ちません。取り外しも自由なので、歯磨きも可能です。また、従来の矯正方法に比べて痛みが少ないのも特徴の一つです。ほかにもレントゲンや歯科用CT、インプラント治療の手術設備や血圧モニターなど、診療に必要な機器をそろえています。

【啓和 代表】
治療全般で当クリニックが大切にしていることは、感染対策の充実です。治療に使用する機器は可能な限り使い捨ての物を使用。患者さん一人一人に使う器具はワンセットをパッキングして保管します。器具は超音波洗浄や高温高圧の蒸気で滅菌をおこないます。また、お口の治療に使用するタービン部分は滅菌と同時に内部にオイル注入して洗浄するため、より安全な滅菌を実現しています。

歯科技工所を併設し、高品質な歯科治療を実現

【江梨 院長】
当院の歯科治療の最も大きな特色は、院内に歯科技工所を併設していることです。一般的な歯科医院では歯科治療に用いる被せ物などの歯科技工物は、歯の型を取り、外部の技工所へ依頼して作ってもらいますが、当院ではそれを院内でおこなっています。院内に技工所を設けたのは、治療時間の短縮ではなく、高品質な歯科技工物を作ることが目的です。技工所と協力して、長くもつ良い技工物を提供したいと思っています。

【啓和 代表】
一般的な歯科医院では、歯科技工所と歯科医師のやり取りはメールや電話、時によっては郵送でおこなわれます。分業制のこうしたスタイルは一見効率的ですが、意思の疎通が緩慢になることや患者さんの希望が確実に反映されないデメリットがあります。当院では患者さんとの診察後、ドクターと技工士が直接打ち合せをします。使用感から色の問題までよりきめの細かい対応が可能なため、患者さんの希望に沿った治療ができるのです。診療室と技工所が歩調を合わせて、精密でフィット感が良く、そして審美性も高い技工物を目指しますので、ご安心ください。
昔は金属を使うことが主だった被せ物などの歯科技工物も、今では、オールセラミック製のものや、土台を金属で作りその上にセラミックを被せたタイプまで、さまざまなものが登場しています。昔と比べると白い歯を希望する方も多くなり、審美性を気にされる方が増えたと感じますね。しかし、歯の色は人それぞれ違います。ただセラミック製の白いものを入れただけでは、逆に見た目のバランスもとれません。患者さんのお口に合わせて調整する必要があるのです。そのため当院は高品質の歯科技工物を作れるよう、歯科技工所を併設しました。当院で言う高品質の技工物とは、2つの意味合いがあります。一つは色のバランス、もう一つはフィット感のバランスです。このどちらが欠けても見た目がきれいで使いやすい歯にはなりません。技工物の制作は通常、初診で診断をしてから3~4回の通院の後になります。お口の状態を把握するのにはそれくらいの時間が必要なのです。
制作には、精度を高めるためのさまざまな機器を導入。変形の少ないゴムで歯の型を作ることのできる機器を導入しているほか、口腔内をスキャンする光学スキャナーや歯科用CTなどデジタル機器も活用して歯科技工物を制作します。

これから受診される患者さんへ

【啓和 代表】
私は日本にCAD/CAMを用いた口腔内のスキャンシステムが導入されたころからデジタル歯科技工に携わっています。昔と違い、今は歯の素材や機器も進歩し、より自然で噛み心地のよい歯を提供する事ができるようになっています。患者さんのご希望やお口の状態に合わせた歯科技工物を提供していければと考えています。また、昔他の歯科医院で作成したものを作りなおすことも可能です。歯の状態を診察した上で適切な方法を用いて最良の物をご提供したいと思っています。

【江梨 院長】
私が治療の際に大切にしていることは「自分自身も受けたい治療をおこなう」ということです。ですから治療を無理強いすることはもちろんいたしません。患者さんのお口の状態に必要な治療法をいくつかご提案しますが、一度、ご提案を持ちかえってじっくりご検討の上お決めいただいてもかまいません。納得いただいた上で治療を受けていただければと思います。治療の際にはなるべく削らず、痛みの少ない治療を心がけています。
虫歯は歯ブラシだけで防げる訳ではありません。同じ環境で育っても虫歯になりやすい人となりにくい人があります。例えば虫歯は普段の食生活や虫歯菌、口腔内の状態など幾つかの要素が組み合わさって起こります。歯をきちんと磨いていても虫歯になるのは、何か別の原因があるからです。歯科治療は痛みがある時に来ていただくことはもちろん必要ですが、痛みや不具合がないときにこそ、メンテナンスやチェックが必要です。もし、不具合が見つかっても、早めに治療することで削ることも少なく、歯の強度を保つことが十分可能です。ご自分の歯をできるだけ長持ちさせるためにも、4ヶ月に1度はチェックすることをおすすめします。当クリニックでは食生活やメンテナンスのアドバイスなど、その方のライフスタイルに合った予防方法をご提案したいと考えています。
また、私は2児の母でもありますので、お子さんの歯磨きや矯正など、歯のケアに関しては母親目線でアドバイスすることができます。お子さんの歯でお困りのことがあれば遠慮なくお聞きください。
当院は土曜日も診療、24時間WEBでの予約も可能です。歯やお口のことで気になることがあれば、お気軽にご相談いただければと思います。

※上記記事は2018年4月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

一戸 江梨 院長 & 一戸 啓和 代表 MEMO

  • 出身地:[院長]広島県
  • 趣味:外科手術
  • 好きな本・作家:[院長]医療系書籍(専門誌など)、医療系
  • 好きな映画:[院長]アベンジャーズなどマーベル系
  • 座右の銘・好きな言葉:[院長]成せばなる
  • 好きな音楽・好きなアーティスト:[院長]クラッシック(ピアノ曲)
  • 好きな場所:[院長] 海(勝浦、城ケ島など)

グラフで見る『一戸 江梨 院長 & 一戸 啓和 代表』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

いちデンタルクリニック

世田谷区/下馬/三軒茶屋駅

  • ●歯科
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約