東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 歯科医師―

北原 信也 院長/TEAM東京 ノブレストラティブデンタルオフィス(東京駅・矯正歯科)の院長紹介ページ

北原 信也 院長

KITAHARA NOBUYA

複数の専門医で高度な歯科医療を提供。

日本大学松戸歯学部を卒業後、開業医のもとで研鑽を積む。平成4年に港区で開業、港区で11年、銀座で10年の診療の後、専門歯科医でのチーム診療をコンセプトとした当クリニックを利便性の高い東京駅至近の場所に開院。(JR東日本「東京」駅八重洲南口より徒歩約2分 東京メトロ銀座線「京橋駅」7番出入り口より徒歩約3分)

北原 信也 院長

北原 信也 院長

TEAM東京 ノブレストラティブデンタルオフィス

中央区/八重洲/東京駅

  • ●矯正歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●歯科
  • ●矯正歯科
  • ●歯科口腔外科

子供時代、日本と海外の医療格差を目にし、歯科医師を志す。

北原 信也 院長

 歯科医師を志したきっかけはやはり子供の頃に体験したことの影響が大きいと思います。私は10歳から15歳までシンガポールで生活をしていました。当時の現地の歯科医療はイギリス式で、治療をする先生は重厚で威厳がありました。父親について行った先でみたシンガポールの歯科医療に対して子供心にすごいなぁ…という印象を持ちました。
 また、当時の日本人は先進国でありながら、歯並びが悪く、歯も汚いといわれていました。近親者の中に歯科医療に携わる人間がいた訳ではなかったのですが、日本と海外に歯科治療の現状の違いを目にする中でおぼろげながら歯科医療を志す気持ちが生まれたのだと思います。
 大学卒業後は、開業医の先生のもとで5年程勉強をさせて頂き、平成4年29歳と割と早い時期に港区で開業し11年。その後、移転した銀座で10年程診療を行いました。銀座の再開発に伴い移転先を探す必要がでてきたのですが、地方からお見えになる患者さんも多いことからアクセスの良い東京駅からすぐのこの場所に開院することにしました。
(JR東日本「東京」駅八重洲南口より徒歩約2分、東京メトロ銀座線「京橋駅」7番出入り口より徒歩約3分)

同業者からも信頼される歯科医療のスペシャリスト。歯科のスペシャリスト集団によるチーム治療を提供。

北原 信也 院長

 当院に治療にみえる方は9割以上が紹介で来られる方です。ほとんどの方はすでに他の医院で歯科治療を受けられている方で、治療がどうしても上手くいかないと来院される方が多いですね。
 当院では保険治療の他に、アメリカなどで多い自由診療方式も取り入れています。地方の歯科医では保険診療が終了で、まだ、自由診療のシステムが浸透していない所も多いのが現状です。保険診療で上手くいかないため、お金がかかっても良いので自由診療で治療をしたいという方が来院されます。
 また、歯科医師向けのセミナーなどを開催しているのですが、その繋がりで難易度の高い治療を同業の歯科医師さんから依頼されることもあります。歯科医師や歯科技工士の方がご自身の治療のためにみえることもありますね。

 今までの歯科治療はお一人の先生が治療の全てを行うことがほとんどなのが日本の歯科医療のスタイルでした。しかし、今はだいぶ細分化されていて、歯の中の構造一つ一つかなり複雑な治療が要求されています。例えば歯根の治療一つをとっても一人の医師が手掛けるのと、専門医が手掛ける治療では予後が違ってくるのです。
 医療も細分化されてきている中で、全てを極めて行くのはなかなか難しいのが現状です。そこで当院では各分野の専門家が集まり、チームを組むことでさまざまな治療をワンストップで受けることができる医療を目指ししました。
 具体的には私の専門である歯の修復治療である補綴(ほてつ)治療、根管治療、矯正治療の3つの科があると、口腔内の状態をほぼ100パーセントに近い状態にまで回復させることができます。
 治療の流れとしては、来院された患者さんを私が診察し、必要に応じて各科の専門医の先生達にお願いする形をとっています。

歯科医療を意識させないクリニックを。

北原 信也 院長

 クリニックの内装に関しては、ご紹介で治療に来られる方も多いので、落ち着いた雰囲気を演出してちゃんとした治療を受けられるように感じてもらえればと思っています。また、歯科治療自体に嫌なイメージを持つ人もいることを考慮して、図書館のような落ち着ける空間をイメージしています。
 昔の歯医者さんによくあった治療器具の音や消毒液の臭いなど、歯科の嫌なイメージを患者さんに意識させないクリニック作りを目指しました。デザインなどの立案の際にはデザイナーさんにお手伝い頂いているのですが、これは以前開業していた銀座のクリニックでの経験を活かしています。
 デザインや施工をされる方には、どういう治療を行いたいか、どういった機能が必要なのか…といったコンセプトの部分だけをお伝えして細部はプロの感性にお任せしました。お話をする中でこちらの意図をくみ取って頂けるデザイナーさんでしたので、意図したクリニックにすることができました。

NOと言わない治療がコンセプト。

 ちょっとした痛みや不具合など、患者さんはさまざまなことが心配なものです。そうしたことに対して「それは当たり前なんですよ。」などといったドクター側からの目線ではなく、患者さん側からみて、同じ目線でお話をすることを心がけています。
 当クリニックの治療に対するコンセプトとしては「NOと言わない」こととしています。これは医師やスタッフ全員で共有している意識です。
 最初から拒否してしまうと、上手くいかないことも多いので、まずは患者さんの希望に対してはYESから入るようにしています。もちろん中にはどうしても無理かな…ということもありますが、そうした場合には患者さんとよく話し合って方向性を決めるようにしています。

これから受診される患者さんへ。

 自分の歯でずっと噛める、しゃべれるということはとても貴重なことです。しかし、なかなかその大切さを分からない方も少なくありません。長くご自分の歯と付き合って行くためには歯に対するケアが大切になってきます。
 日頃、ご自分でできる歯のケアとして、大切なのがブラッシングです。しかし、このブラッシングをいやがる方もいらっしゃいます。中には全て入れ歯にしてしまえば楽だろう…とおっしゃる方も見かけます。
 しかし、自分の歯があるということはちゃんと食事ができて、ちゃんとしゃべれるために必要なことなのです。入れ歯になってしまうと、とたんに不自由になり、生活の質や豊かさに影響がでて来ます。
 また、それだけではなく歯の疾患はさまざまな病気…一例をあげると誤嚥性肺炎などの原因の一つにもなるなど、生死にも関わってくる可能性があるのです。こういったさまざまなリスクを避けるためにもブラッシングを含めた歯のケアは大切になってくるのです。
 当クリニックでは、歯の診察に関して、患者さんの目線でみることとワンストップでの治療を提供することをモットーとしています。
 また、他の歯科医院のセカンドオピニオンもお受けしています。ただ、これは治療を私共でやってください…ということでは決してありません。
 歯科医師の先生の中にはこうしたセカンドオピニオンをいやがる方もいらっしゃいます。しかし、私は歯科治療が多様化する中で、患者さん自身が良い治療を見つけることができることが必要と思っているのです。
 日頃、歯に関することでお困りのことや何か気になることがあればお気軽にご相談頂ければと思います。

北原 信也 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:料理(冷蔵庫にあるもので作るのが得意。あまりお金をかけずに作ります。)
  • 好きな本・愛読書:小説(幅広いジャンルを年間30~50冊程度)
  • 好きな映画:ご記入ください。
  • 好きな音楽・アーティスト:洋楽(ビートルズなど)
  • 好きな場所・観光地:リゾート地(海山問わず自然が感じられる所)
  • 好きな言葉・座右の銘:ご記入ください。

グラフで見る『北原 信也 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION