東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 歯科医師―

榊原 塁 理事長/要町デンタルクリニック(要町駅・歯科)の院長紹介ページ

榊原 塁 理事長

RUI SAKAKIBARA

「予防」を中心にした歯科医療を通して
地域のみなさまの健康維持・増進のお手伝いを

日本大学松戸歯学部を卒業後、勤務医として都内の歯科医院で経験を重ね、分院長などを経験。2013年、「要町駅」そばに開業。

榊原 塁 理事長

榊原 塁 理事長

要町デンタルクリニック

豊島区/西池袋/要町駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●矯正歯科

自分が理想とする歯科医療を実践するために

榊原 塁 理事長

私は、昔からコツコツ細かい作業をするのが好きだったんですね。何か1つのことにのめり込むタイプなものですから、手先の細やかさが求められる歯医者さんの仕事は「何だか面白そうだ」と。そんな風に感じたことが、歯科医師をめざす最初のきっかけでした。
大学卒業後は勤務医として診療をはじめ、開業まで合計3つの歯科医院に在籍しました。分院長を任されるなど経験を重ねる中、40歳を前にしたときに「自分のスタイルで診療していきたい」という気持ちが大きくなり、開業を意識するようになったんです。この場所は、散歩中に偶然みつけたのですが、私が生まれ育った新宿の町の雰囲気にどこか似た感じがあるんですよね。自分自身が心地よいと思える地域で、自分の考えのもとに診療していきたいと考え、2013年の開業を迎えることになりました。

チュニジアンブルーを基調にした、こだわり満載の歯科クリニック

榊原 塁 理事長

自分の考えのもとに診療したいという想いで開業したわけですので、クリニックの設備などもこだわりを持って選びました。クリニックのテーマカラーは、北アフリカのチュニジアをイメージしたブルー(チュニジアンブルー)で、開業時から少しずつ手を加えて今のレイアウトになりました。
診療スペースの一番手前は「予防ルーム」になっていて、ここでは治療ではなくお口の中のクリーニングなどをおこないます。なるべく痛いことはせず、患者さんと歯科衛生士の笑顔があふれるお部屋。ここを通った先が「治療ルーム」になっていて、アジアンテイストの個室のほかにお子さんたちと一緒にお入りいただけるイタリアンテイストの診療室もご用意しています。ただし、こちらのお部屋では、現地のものとほぼ同じサイズの「真実の口」のオブジェが見張っていますから、治療が終わった後は2度とこちらに戻って来ないように「予防」を頑張っていただきたいと思います(笑)。

歯科医療を通して、地域のみなさまの健康維持・増進のお手伝いを

榊原 塁 理事長

これまでの歯科医院というのは、「歯が悪くなったらかかる場所」だったように思います。でも私は、地域のみなさまが健康維持・増進を目的に通ってくださるような、そんな歯科医院にしたいと考えています。もちろん、何らかの治療が必要な方もいらっしゃいますけれど、そうした場合も正確な診査・診断のもとにカスタムメイドの治療計画をご提案して、お口の中全体が健康になるような治療をしたいと思います。
当院では、患部を数十倍に拡大できるマイクロスコープを2台導入し、正確な診断・精密な治療に役立てていますが、たとえどれだけ医学が進歩しても、「治療」というのは患者さんにも歯科医師にもストレスがかかるものです。私自身、歯の治療をした経験がありますので、自分の体験に基づいてアドバイスをしたり、治療のゴールに向けて励ましの言葉を送ることはできますが、本当のことを言えば歯科治療などしないに越したことはありません。歯を悪くさせないためには、どうしたらいいのか。それをお伝えしていくことも、歯科医師としての大事な役割だと思っています。

お口の健康を守るため、歯科について正しい知識を持ってほしい

年齢を重ねて高齢になると、「歯が抜け落ちるのは当たり前」と思っている方も多いのではないでしょうか。でも、歯を失うのは老化現象によるものではなく、虫歯菌や歯周病菌が原因。つまり、子供の虫歯も、大人の歯周病も、お口の中の「菌」を除去することが大事になるんですね。一方、お口の中に「菌」がいなければ、虫歯にも歯周病にもなりませんから、定期的に歯科医院に通ってお口の中をいつもキレイにしていれば、つらい症状に悩まされることはないわけです。
このクリニックを開院した当初、歯科について正しい知識をお持ちの方は、ほとんどいらっしゃらなかったように思います。そうした患者さんの価値観を少しずつ変えて行って、今ではメインテナンス専用のユニットが3台にまで増えました。ご自分の歯でしっかり噛んで食事をすることは認知症の予防にもなりますし、定期的に子供たちのお口の中をチェックすることで、矯正治療などが必要な場合にも適切な時期に介入することができるでしょう。子供たちが健康な口腔環境を維持できるよう、まずは保護者の方々に正しい知識を持っていただいて。いつかその子が成長したときに、「ここに通っていて良かった」と思ってもらえたら嬉しいですね。

これから受診される患者さんへ

『要町デンタルクリニック』は「要町駅」6番出口から徒歩3分、「池袋駅」からも歩いてお越しいただけます。
歯の治療は大人でもイヤなものですから、子供たちにとっては本当に苦痛なものだと思います。とは言え、私自身も経験がありますが、子供たちの仕上げ磨きをするのはとても大変なものなんですよね(笑)。そうした毎日のルーティン作業を楽にする方法や、虫歯や歯周病にならないための食生活や生活習慣の工夫など。歯科にまつわる正しい情報をお伝えすることもできますので、ご自分やご家族の健康のためにも歯科医院を積極的に活用していただきたいと思います。

※上記記事は2019年5月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

榊原 塁 理事長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:ダイビング、アウトドア
  • 好きな作家:譽田哲也、今野敏、石田衣良
  • 好きな映画:トップガン
  • 座右の銘:コツコツ地道な努力
  • 好きなアーティスト:テイラー・スウィフト
  • 好きな場所・観光地:サイパン

グラフで見る『榊原 塁 理事長』のタイプ

エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION