東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 歯科医師―

石塚 淳人 院長/エルモ歯科(上石神井駅・歯科)の院長紹介ページ

石塚 淳人 院長

JUNTO ISHIZUKA

5年後、10年後の未来を見据えた治療を心掛け
幅広い観点から見て選択肢を提案

2015年に『エルモ歯科』を開院いたしました。

石塚 淳人 院長

石塚 淳人 院長

エルモ歯科

練馬区/上石神井/上石神井駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科

幼い頃からの医療への興味と、「食」の大切さを知り、歯科医の道に

石塚 淳人 院長

いわゆる、普通のサラリーマン家族に育ちましたが、小学生の頃からずっと医療に興味を持っていました。また青年期を海外で過ごした経験から、「食」の大切さを知り、興味を抱きました。それら2つを合わせた形が、歯科医師だったということですね。歯科医師になっていなければ、ひょっとすると料理人になっていたかもしれません。
研修では小児歯科を選択し、その後も小児歯科専門医の先生の元で修養を積みました。子供に関わる医療、小児科や小児歯科のなり手が少ないということは、この世界に入ってみて初めて気がついたことです。でも、だからこそ、誰かがやらなければならない仕事でもあるんですよね。誰もが避けがちな仕事を一生懸命におこなう。それは、今の私の診療ポリシーでもあります。
2015年に『エルモ歯科』を開院いたしました。この辺りは少年時代を過ごしたところで、なじみのある場所での開業を考えたところ、運良くこの地にめぐりあうことができたのです。患者さんは子供連れや、家族ぐるみで来院される方々が多く、その点でも、自分に合った場所だと感じています(西武新宿線・上石神井駅より徒歩3分)。

幅広い観点から見て選択肢を提案、歯科医においての何でも屋さん

石塚 淳人 院長

専門性をアピールするということを当院ではしておりません。開業医の元へは、どのような主訴を持つ方もいらっしゃいます。子供が泣き叫ぶからうちでは診れない、というわけにもいきませんし、ご高齢の方がいらして入れ歯が必要とあれば、その求めに応じていかなくてはなりません。
私自身のことを言えば、小児歯科からスタートし、一般歯科はもちろん、咬み合わせ認定医として咬み合わせも拝見しますし、歯周病の外科手術もおこないます。CTの用意もありますので、親知らずの抜歯等にも対応しています。
要するに、何でも屋さん、ということです。長い人生において、お口の中の環境は変化していきますが幅広い観点から見てそれぞれの患者さんに合った選択肢を提案していく、それこそが、街の歯医者さんのあるべき姿だと思っています。

5年後、10年後の未来を見据えた治療を心掛ける

石塚 淳人 院長

十人十色の治療方法が存在し、十人十色の結果があるのが歯科治療です。その中で私は、患者さんの5年後、10年後の未来を見据えた治療を心掛けています。治療した直後は良くても、少ししたらトラブルを繰り返してしまうようでは、治療をおこなう意味は半減します。長期的に見てどうなっていくか。その観点に基づいた治療が大切です。
もう1つは、コストパフォーマンスです。たとえば、AとBの方法があり、パフォーマンスだけを見ればAのほうが若干優っていても、コスト的にBの方がはるかに優れていれば、皆さん、後者を選ばれるかと思います。もちろん、パフォーマンス的にAが断然良いのであれば、そちらをお勧めすることもありますが、それも患者さんの選択次第です。
その人その人に応じて考えられた治療と、コストパフォーマンスの良い治療。これが、当院のコンセプトになります。

「泣こう騒ごう小児歯科」止めさせるのではなく受け止める

お子さんに対する当院の姿勢としては「泣こう騒ごう小児歯科」です。「えっ?」と思われるかもしれませんよね。しかし、歯医者と聞くだけで何となく不安になってしまうのは子供だけでなく我々大人も同様ではないでしょうか。
大人と異なる部分としては感情表現として泣いたり騒いだりするわけですから、それを止めさせるのではなく受け止めるのが自然だと考えます。私たちのゴールは、お子さんのお口の健康を守ることです。子供がいやがるから、手に負えないから処置を遅らせるというのは、そのリスクを考えれば、むしろ避けるべきだと思いますし、治療をきちんとするということが前提にあるべきでしょう。お子さんが一人で頑張るのではなく、親御さんと一緒にスタッフ共々励ましながらゴールに向かって行きたいですね。

これから受診される患者さんへ

『エルモ歯科』では、治療で用いる器具はもちろん、院内の水や空気を衛生的に保つシステムを導入しています。衛生面については皆さんの関心が高いこともありますし、そのニーズに応え、安心して通っていただけるよう配慮しています。

歯科の世界に飛び込んでから、周囲からは器用だと言われますが、私自身はどちらかといえば、器用な方ではないと思っています。しかし、優れて器用ではなくとも、努力して技術を高めることは可能ですし、日々勉強を続けることで、治療の質を高めることもできます。私は、簡単な仕事を求めたり、汗をかくことができなくなれば、歯科医師としての存在は無に帰すと考えます。ただひたらすら真面目に、みんなが避けがちなことでも一生懸命取り組んでいきますので、よろしくお願いいたします。

※上記記事は2016.2に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

石塚 淳人 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:食べ歩き
  • よく手にとる本:歯科関連書籍
  • 好きな映画:バック・トゥー・ザ・フューチャー、フォレスト・ガンプ/一期一会
  • 座右の銘:人は城、人は石垣、人は堀、 情けは味方、仇は敵なり
  • 好きな音楽:ジャズ
  • 好きな観光地:ウィーン

グラフで見る『石塚 淳人 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION