東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 歯科医師―

福嶋 広 院長/神田ふくしま歯科(神田駅・歯科)の院長紹介ページ

福嶋 広 院長

HIROSHI FUKUSHIMA

1度おこなった治療をより長く保たせる、こだわりの歯科治療を提供

東京医科歯科大学歯学部卒業。六本木河野歯科クリニック勤務を経て、銀座しらゆり歯科 院長に就任。2012年5月に『神田ふくしま歯科』を開業(JR「神田駅」北口から徒歩1分)。

福嶋 広 院長

福嶋 広 院長

神田ふくしま歯科

千代田区/神田鍛冶町/神田駅

  • ●歯科
  • ●矯正歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科

技術をきわめていくことにやりがいを感じて

福嶋 広 院長

手に職をつけたいという思いがありました。目に見える技術を身につけることで、それを一生の仕事にしたいと思っていたのです。そう考えるようになったのは、高校時代に読んだあるグルメ漫画がきっかけとなりました。同じ料理であっても、作る人によって出来上がってくるものは違ってきます。スキルがどんどん身に付いていけば、その差はより大きなものになるでしょう。分野は違いますが、それは歯科の領域にも言えることで、努力を重ねることで目に見えて上達が感じられるこの世界に、手に職を得ようと考えたのです。
大学卒業後、保険外診療を主とするクリニックに籍を置き、修行を積んだのも、この考えが根本にありました。誰でも平等に医療を受けられる保険診療の考えは素晴らしいものです。ですが、症例によって、またそのニーズにより、保険診療ではまかないきれないものがあることも事実です。たとえばインプラントがそうでしょう。今、私が手がけている歯茎の再生療法といった外科的な処置もそうですし、セラミックの精度もそれにあたります。技術を追求し、求められるニーズに応えていく。その想いが、今の私の診療を形作っています。

治療を長持ちさせる精密歯科医療

福嶋 広 院長

当院は、精密歯科治療を重視しています。適合が良いものはやはり長持ちしやすく、その逆も言えるのです。人工物は、その精度によって保ちが変わってきます。その時に生じた少しの隙間、少しのズレが歯の予後に大きく関係し、場合によっては歯茎が大きく腫れてしまうことがあります。顕微鏡や拡大鏡で視野を確保して治療をおこなうのはそのためであり、あるいは、シリコンで型取りをすることによって、変形が少なく、適合の良い人工物を仕上げることが出来るのです。
せっかく時間を掛け、きれいに治したものを長く持たせたいと思うのは、共通する願いでしょう。その思いを叶えるために、精密な歯科治療にこだわって診療をおこなっていきたいですね。

審美的ニーズと予防を満たす歯茎の再生治療

福嶋 広 院長

当院には周辺の地域のみならず、遠方からも多数の患者さんにお越しいただいていますが、そうした方のニーズとしてあるのが、審美歯科と呼ばれる領域になります。審美歯科も多種多様ですが、こちらで需要の多いのが、歯茎の再生治療です。たとえば、差し歯を入れたのに歯が長く見えてしまっているケース。この状態を改善するために、皮膚を移植し、歯が短く見えるよう改善していくのが歯茎の再生治療ということになります。
歯茎を再生しても、すぐに元の状態に戻ると考える向きもありますが、決してそのようなことはありません。当院でおこなう治療では、歯茎が歯の根っこの上にただ乗っかっているのではなく、再生した歯根膜組織がしっかりと歯の根っこと結合することで、歯周ポケットとなることを防いでいきます。見た目だけの問題ではなく、歯周病の進行を抑えるという意味でも、大変有用な治療法と言えるでしょう。

噛み合わせの不具合が、あらゆる治療の保ちに影響する

どれだけ良い精度のものを入れたとしても、噛み合わせがずれてしまうと壊れてしまう可能性があります。その意味では、1本1本の精度も重要ですが、それ以上に噛み合わせに着目した治療が大切になってきます。
当院では、あごの噛み合わせを診査するシステムであるアキシオグラフという装置を用い、顎関節に異常があるかどうかを確認していきます。そこで得られたデータを咬合器と呼ばれる模型上に再現することで、あごの動きや噛み合わせの問題点を抽出し、それを治療に反映していくことになります。
意外に思われるかもしれませんが、成人の方であごの関節が正常な方は、非常に少ないのです。もちろん、そのすべての人に急性期の症状が出てくるということではないのですが、環境の変化やストレスにより、表に現れてくることがあります。
「8020運動」が広まったことで、多くの方がお年を召しても歯が残っているケースが増えてきました。その代償ではないのですが、歯が抜けなくなった分、重度の歯周病に至ってしまう方が増えてきているのも事実です。顎関節に問題があると、この歯周病を更に悪化させてしまうことになりますから、その意味でも噛み合わせに着目した治療が重要になってくるのです。
噛み合わせの治療は複雑で非常に難しいものですが、それだけに大きなやりがいとなっています。この分野においては私もまだまだ修行中の身ですが、今後も研鑽を続け、皆さんの期待に応えられるよう頑張っていきたいですね。

これから受診される患者さんへ

「歯が長くなってしまった」「歯茎をきれいにしたい」 こうしたお悩みをお持ちの方は、ぜひご相談ください。歯周病や噛み合わせをすべて元通りにすることは難しいのですが、納得いただけるレベルまで戻して差し上げられるよう力を尽くしていきます。ご相談だけであっても構いません。お口に関するあらゆるお悩みを解決して差し上げられるよう、誠心誠意の対応をさせていただきます。

※上記記事は2018年12月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

福嶋 広 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:ジムトレーニング、散策
  • 好きな本:歴史物、ビジネス
  • 好きな映画:『深夜食堂』
  • 好きな音楽:洋楽全般
  • 好きな観光地:高尾山

CLINIC INFORMATION