東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 歯科医師―

甘利 佳之 院長/アマリ歯科クリニック(中野坂上駅・矯正歯科)の院長紹介ページ

甘利 佳之 院長

YOSHIYUKI AMARI

歯科治療のスペシャリストとして
患者さんの「一生」に寄り添う

日本大学歯学部を卒業後、矯正歯科を専門に研鑽を積む。矯正治療の本場・アメリカでの研修を経て、「中野坂上駅」そばに開業。

甘利 佳之 院長

甘利 佳之 院長

アマリ歯科クリニック

中野区/中央/中野坂上駅

  • ●矯正歯科
  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科

矯正歯科を専門にスキルを磨き、ハイクオリティな治療を実践

甘利 佳之 院長

私の父は歯科医師で、私たち3人兄弟は開業医の家に育ちました。私としては、医師かパイロットをめざしたかったのですが、高校時代にラグビーで肩を脱臼してしまい、パイロットになる夢は諦めざるを得なくなったんです(笑)。もともと、プラモデル作りなどが好きで手先が器用だったこと、そして父からのすすめもあって、日本大学歯学部を卒業。ひと足先に兄が実家に入ったものですから、私は何か特別な技能を身につけようと「矯正歯科」を専門に研鑽を積みました。恩師のクリニックでお世話になり、朝一番から終電まで、ひたすらワイヤーを曲げ続けて(笑)。3年間、徹底して基礎を学ばせていただいたほか、エッジワイズ法の本家ともいえるアメリカでの研修にも参加しました。
歯科の中でも、矯正治療の習得には非常に時間がかかるもの。若い頃から矯正学を学び、得られた貴重な経験や知識は、ハイクオリティな治療を行う上で大きなアドバンテージになっています。

歯科治療のスペシャリストとして、患者さんにとっての「一生のかかりつけ医」に

甘利 佳之 院長

『アマリ歯科クリニック』の開設は1999年ですから、この地域の医療に携わって20年近くになろうとしています。開業までは矯正治療を専門にしていましたが、私の理想は、患者さんにとっての「一生のかかりつけ歯科医院」になること。そのため私自身、開業した後もステップアップを続けて、矯正治療はもちろん、虫歯や歯周病の治療、根管治療、口腔外科など、それぞれの分野においてスキルを磨いてきました。平均点の治療ではなく、限りなく満点に近い治療結果をめざしているうち、専門医の資格をもつドクターたちと同等レベルの歯科治療を行えるまでになったと自負しています。
一方で、こうしたクオリティの高い医療をご提供できるのも、歯科用CTやマイクロスコープをはじめとした高品位な医療機器があってこそ。ただやみくもに新しい機器や技術を導入するわけではありませんが、本当に価値があるもの、患者さんの利益につながる治療法があれば積極的に取り入れ、当院の医療環境をさらに充実させていきたいと考えています。

大学病院の診療スタイルにならった、一院完結型の歯科医療

甘利 佳之 院長

来院される患者さんは、近隣にお勤めのオフィスワーカーを中心に、夜間や週末などはこのエリアにお住いの方が多くなる感じでしょうか。平日は夜10時まで、土曜日も午後6時まで診療していますので、会社帰りやオフの日などにも無理なくご来院いただけるかと思います。
また、当院には私の他に十数名の歯科医師が在籍しており、常に複数名による診療をおこなっています。イメージとしては、大学病院の診療スタイルと言いますか。それぞれの歯科医師が担当する患者さんに、インプラントをはじめとした精密な治療が必要になったとき、私がオペなどを手がけた後で、ふたたび担当医にお戻しするような流れで診療を進めています。
大学病院に行かないと抜けないと言われていた親知らずの抜歯をしたり、インプラントのために歯肉の移植手術をしたり。私は歯科のスペシャリストとして、安全・確実な治療を行うことはもちろん、後進の指導などにも尽力していきたいと思います。

綿密な治療計画をもとに、噛み合わせにも配慮したベストな治療を

治療をスタートする前には、歯並びや噛み合わせなどを総合的に診断して、それぞれの患者さんにカスタマイズした治療計画を立案します。
当院では、あらゆるケースにおいて治療計画をベースに診療を進めていますが、患者さんのご希望を伺ったり、治療のメリット・デメリットをご説明したりといったプロセスは、クリニカルコーディネーターという専門のスタッフが担当しています。患者さんの社会的な立場や経済的な部分にも配慮して、きめ細かなご提案ができるのも、それぞれのスタッフが自分の役割に集中できるからこそ。
私は矯正歯科のエキスパートとして、歯並びや噛み合わせに配慮して治療プランを作成していきますが、ときにはインプラントより矯正治療をおすすめするケースもあります。インプラントという人工の歯よりもご自分の歯の方がメインテナンスも楽ですし、いくらクオリティの高い治療を行ったところで、天然の歯に勝るものはありません。もしも動かせる歯があるならば、できるだけご自分の歯を活用する。歯がない部分だから即インプラントでなく、あらゆる可能性をご提案できることも、当院ならではの大きな特長と言えるでしょう。

これから受診される患者さんへ

『アマリ歯科クリニック』は、東京メトロ丸の内線・都営大江戸線「中野坂上駅」の2番出口を出てすぐ、非常にアクセスのよい場所にあります。
私からぜひお伝えしたいのは、「大切な自分の体は、自分自身で守りましょう」ということ。たとえば、虫歯の治療をして被せ物をするとして。ご自分の体に装着するものを、価格だけで選んでしまって良いのでしょうか。私たちの歯は、心臓や肺と同じ、臓器の1つ。抜いたり、削ってしまったら、決して元通りにはならないのです。虫歯の治療1つとっても、歯科医師それぞれに考え方や、アプローチの方法が異なるもの。今は、インターネットなどで手軽に情報を得ることができる時代ですから、ぜひご自分の考えに合う歯科医院を見つけて、実際に足を運んでみて、納得して治療が受けられる「かかりつけ医」を見つけていただきたいと思います。

※上記記事は2017年2月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

甘利 佳之 院長 MEMO

  • 出身地:千葉県
  • 趣味:映画、スポーツ鑑賞、旅行
  • 好きな本:医学の専門書
  • 好きな映画:オールジャンル
  • 好きな言葉・座右の銘:『一所懸命』
  • 好きな音楽:洋邦問わず聞きます。
  • 好きな場所:ヨーロッパ、ハワイ

CLINIC INFORMATION