東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 歯科医師―

羽田 潤 院長/成城さくら歯科(成城学園前駅・歯科)の院長紹介ページ

羽田 潤 院長

JUN HADA

身体の入り口の「口」の中を清潔で健やかな状態に整え、健康をトータルにサポート。

大学卒業後、お口に関することをトータルに診療したいという思いから歯科医院に勤務し研鑽を積んだ後、成城学園前駅からすぐの地に『成城さくら歯科』を開院。

羽田 潤 院長

羽田 潤 院長

成城さくら歯科

世田谷区/成城/成城学園前駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●矯正歯科

自分の専門性を一つの分野に限定せず、お口に関することをトータルに診療したい。

羽田 潤 院長

私の父、そして祖父が歯科医師だったこと。また、親類にも医療従事者が多くいたことで、医療の世界がごく身近な存在としてありました。ですから、私が歯科医師の道を選んだことは、ごく自然なことなのかも知れません。
大学のシステムでは、インプラントであったり、入れ歯であったり、それぞれの分野に特化したエキスパートを育成します。もちろん私も広く興味をもって、エキスパートになるべく研鑽を重ねた一人。また同時に、自分の専門性を一つの分野に限定したくない、という思いもあったんです。患者さんのお口に関することをトータルに診療したい。そんな思いから、卒業後は父が経営する歯科医院のほか、横浜市にある山下歯科医院で経験を重ねました。とくに8年間お世話になった山下医院の院長先生からは学ぶことが多く、歯科医療に対する私の考えの基盤となっています。

清潔で健やかな状態に整え、お口の健康をトータルにサポート。

羽田 潤 院長

飲み物や食べ物のほか、空気中の細菌やウイルスなど。私たちの体に送られるすべての物質は、必ず入り口を通ります。ですから、入り口である「口」の中を清潔で健やかな状態に整えてあげれば、同じように体も健康でいられるわけです。『成城さくら歯科』では、こうした私の考えのもと、患者さん一人ひとりの症状にあわせた幅広い診療を実践。お口の中の健康について、トータルにサポートしています。
当院の診療を語るうえで欠かせないのが、感染コントロール。院内の除菌・滅菌に細心の注意を払っている当院では、器具の洗浄をはじめ、患者さんが口にする水、治療水に「タンパク分解型除菌水(PR水)」を導入しています。耳慣れない言葉かも知れませんが、細菌やウイルスを瞬時に分解・殺菌する装置によって、衛生的な治療水を提供するもの。レーザーと併用することで薬を使わずに治療することが可能になったり、人間が本来もっている治癒力を高める働きもあるんですよ。患者さんの体に毒や害がない治療を実践すること。口腔内細菌による患者さん自身の二次感染、また院内感染のリスクを低減させることで、安心して診療を受けていただける環境を整えています。

お口の中の健康について一切の妥協をしません(笑)。

羽田 潤 院長

当院にいらっしゃる患者さんを全力でサポートして差し上げたい、そんな思いで日々診療にあたっています。患者さんお一人ずつ症状もご要望も異なりますが、それぞれに最善の治療が行えるよう、しっかりと時間を取って対応しています。モニターを使って現状をご説明することからはじめる初診の場合などは、お一人に1、2時間かかってしまうケースもありますね(苦笑)。治療することによる価値であったり、当院で出来ること、出来ないこと。すべて率直に、患者さんが納得されるまでお話しますので、疑問点や不安なことは是非おっしゃってください。たとえば「歯が痛い」と当院にお見えになった患者さんの場合。その痛みはお口の中のバイ菌のせいかも知れませんし、かみ合わせの悪さによって生じる痛みかも知れません。さまざまなアプローチで原因を探るなかで、ご一緒に最善の治療法を見つけたいと思っています。
ただし私は、お口の中の健康について一切の妥協をしません(笑)。たとえ虫歯1本だけを治してほしいとのご要望があっても、原因となる場所からの根治を目指せば、何度か通っていただくことになるかも知れません。
患者さんには私の考えをご理解いただき、同じ気持ちを持って治療に向き合っていただけたら嬉しいですね。

ベストな設備を備え、最適な治療をご提供。

歯科・小児歯科・矯正歯科・歯科口腔外科の『成城さくら歯科』を小田急線「成城学園前駅」を出てすぐのこの場所に開院するにあたって、今の私が考えられるベストな設備を備えました。タンパク分解型除菌水(PR水)精製装置をはじめ、麻酔用・治療用のレーザー、インプラント治療に欠かせない歯科用CT。どれも、患者さん一人ひとりに最適な治療をご提供できる優れた機器です。
ただし、最先端の道具が揃っていても、それを使いこなすことができなければ意味がありません。たとえば歯を削らない治療のなかでも、レーザー治療とセメント治療のどちらを選択するのか。優秀な機器からもたらされたデータを正確に理解・把握できる能力、そして正しい判断を下せる能力。歯科医師に求められるのは、そうした能力であり確かな技術、患者さんにとって最善の治療法を確実に実践することだと思っています。そして私自身も、こうしたスキルを備えた歯科医師の一人であると自負しています。ですから、検査では異常が見つからないけれど何となく口元に違和感があるという方、いわゆる不定愁訴の患者さんにこそ、ぜひご来院いただきたいですね。当院の持てる力を100%発揮することで、患者さんが笑顔を取り戻すお手伝いができると思います。

これから受診される患者さんへ。

私たちの口は、過度に熱い食べ物や、過度に冷たい飲み物を受け入れることができるくらい、鈍感なところがあるんです。そんな鈍感な部位だからこそ、ちょっとした異変にも気付きにくいのです。
虫歯や親不知のように、わかりやすい痛みや自覚症状がなくても、現状を放置するうちに体の不調や重大な病気につながる可能性もあるのです。何だか口の中がネバネバする、家族に口臭を注意された…それがサインなんです。
お口の健康で気になることがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。医院とともに私自身も成長を続けながら、皆さまにご満足いただける設備と技術、真心のこもった診療をご提供したいと思っています。

※上記記事は2014年6月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

羽田 潤 院長 MEMO

  • 生年月日:1981年1月30日
  • 出身地:三重県
  • 血液型:A型
  • 趣味・特技:ギター、フリースタイルスキー、ピアノ、映画鑑賞
  • 好きな映画:インディジョーンズ、コンタクト、海の上のピアニスト
  • 好きな言葉・座右の銘:神は細部に宿る
  • 好きな音楽・アーティスト:秦基博、ビルエバンス、ジェイソンムラーズ、上原ひろみ、レオナルドダビンチ
  • 好きな場所・観光地:山、高原

グラフで見る『羽田 潤 院長』のタイプ

エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION