東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 症状検索(東京)―

細菌性角膜潰瘍の解説

細菌性角膜潰瘍

原因
コンタクトレンズやさかさまつげのために角膜に傷がつき、そこに細菌感染がおきることで潰瘍ができるもの。原因となる細菌として、ブドウ球菌や連鎖球菌、肺炎球菌などがある。
症状
目が痛い、充血、涙が出る、目の異物感など。進行すると視力が低下する。
治療
抗菌薬で治療をおこなう。治るまで、数週間かかるのが普通。
受診科目
眼科

『細菌性角膜潰瘍』についてまとめてみた

院長先生

当サイトスタッフ/院長先生

細菌性角膜潰瘍とは、細菌やウイルス、カビ菌、アカントアメーバ等が角膜に侵入することによって角膜組織が壊死することを言います。

出典:細菌性角膜潰瘍の症状・原因・治療法|目の症状(痛み・かゆみなど)からわかる病気一覧

現れる目の症状としては、まず視野の中央部分が見えづらくなり、その後白目が充血したり、涙っぽくなったりします。特に潰瘍が黒目の近くに出来ている場合には、視力が著しく低下し、失明につながる恐れもあります。さらに症状が進行すると、潰瘍が大きくなり、強い痛みを伴うようになります。その他の目の病気と同様、目の中に異物感を覚えることもあります。

出典:細菌性角膜潰瘍の症状・原因・治療法|目の症状(痛み・かゆみなど)からわかる病気一覧

細菌性角膜潰瘍に対する治療法については、「感染によるものであるかどうか?」によって異なってきます。まず、感染によるものである場合には、実際の治療に入る前に、細隙灯顕微鏡検査やフルオレセイン染色法、微生物学的検査を実施し、「どの細菌により角膜潰瘍を起こしているかどうか?」を診断します。角膜潰瘍の原因菌が特定されると、その原因菌に対する抗生物質の入った目薬や内服薬が処方されます。重症化している場合には、数種類の抗生物質で様子を見ます。続いて、感染によるものでない場合の治療法についてです。その場合、炎症の抑制や角膜上皮の治癒の促進を目的とした眼軟膏を使用します。ほとんどの人はこの治療法で治りますが、なかには症状が改善しない人がいます。その場合には、角膜移植が検討されます。

出典:細菌性角膜潰瘍の症状・原因・治療法|目の症状(痛み・かゆみなど)からわかる病気一覧

対応可能クリニック

1117件中1~20件を表示

富永クリニック眼科

港区/西新橋/内幸町駅新橋駅

●眼科

医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約
1 PAGE 1/56 56
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート