東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

小杉 理恵 院長

RIE KOSUGI

地域に暮らす方々の頼れる「かかりつけ医」として。日常的な病気から心臓・血管の病気まで幅広く診療

北里大学医学部を卒業後、循環器内科を専門に研鑽を積む。母校の大学病院や関連病院で経験を重ね、『亀戸シンシアクリニック』の院長に就任。

小杉 理恵 院長

小杉 理恵 院長

亀戸シンシアクリニック

江東区/亀戸/亀戸駅

  • ●内科
  • ●循環器内科
  • ●糖尿病内科
  • ●皮膚科
  • ●形成外科
  • ●美容皮膚科

患者さんの全身を診られる医師を目指して

小杉 理恵 院長

私の親類には医療関係者や生物学の研究者などがおり、小さな頃からそちらの方面に興味を持っていました。祖母からも「医師になったらどう?」などと言われることがあったのですけれど(笑)。直接的なきっかけになったのは中学生のとき、初詣を終えた後に父が喘息発作を起こして救急搬送されたことでした。このときの経験があったからこそ、医師として「患者さんの全身を診られるようになりたい」と考えるようになったのだと思います。
北里大学医学部を卒業した後は、研修医として母校の大学病院に籍を置きました。2年にわたりいろいろな診療科を経験し、最終的に自分の専門として選んだのが「循環器内科」でした。大学病院に運び込まれる患者さんは心肺停止の状態であることも珍しくありませんが、適切な治療が施されると退院時はご自分の足で歩いてお帰りになるといったケースも少なくなかったんですね。循環器内科は治療の成果をダイレクトに感じられる点にやりがいがあり、この分野を専門に経験を重ねていくことになりました。

地域に暮らす方々の頼れる「かかりつけ医」に

小杉 理恵 院長

こちらの院長になるまでは、20年近くにわたり母校の大学病院や関連病院で診療してきました。この間には循環器内科の診療のほかに大学院で基礎研究に従事したり、人間ドックをはじめとした予防医学に携わったりしましたが、やはり私は患者さんと接することが好きなのだと改めて思います。また救急医療・予防医療など異なる環境に身を置いたことで、身近なかかりつけ医の重要性も強く感じました。そうして新たな診療の場を求めていたところ、新規オープンのクリニック院長というご縁に恵まれ嬉しく思っています。
『亀戸シンシアクリニック』では内科を中心に皮膚科や形成外科などを幅広く診療しています。救急車で搬送されるような大きな病気を予防するためには、何か気になる兆候があったときに気軽に相談できるかかりつけ医の存在が欠かせません。一方で、仕事や勉強などで忙しくなさっている方にとって医療機関を受診することは簡単なことではないでしょう。幸いにも当院は駅から近いショッピングモール内にあり、週末の土曜日・日曜日も診療しています。敷地内には駐車場も完備しておりますので、気軽に足を運んでいただければと思います。

心臓・血管の病気をはじめとした内科・皮膚科など幅広く診療

小杉 理恵 院長

来院される患者さんは30歳~40歳代の働き世代を中心に、お子さんからご高齢の方まで幅広い年齢層がお越しになります。咳や鼻水といったかぜの症状であったり、胃腸系の症状であったり、健康診断の結果についてご相談いただくケースも多いでしょうか。当院ではこうした内科的な症状に対する診察・治療を行うほか、皮膚科専門医との連携により、慢性的な皮膚疾患から赤ちゃんのおむつかぶれなど、皮膚トラブルにも対応できることが特長です。さらに、各種健康診断や予防接種などを通して、みなさまの健康をしっかりとサポートしていきたいと考えています。幅広い診療を行う中でも、私の専門分野である循環器内科については総合病院と同等レベルの医療をご提供できる点が強みです。こちらに来る前は大学病院や関連病院で診療しておりましたので、小さなお悩みも安心してご相談いただければと思います。
大学病院では数か月待ちとなることもあるエコー検査についてはグループ内の『錦糸町シンシアクリニック』で担当するなど、クリニックならではの機動力を生かして迅速・柔軟な対応を心がけています。また、心臓や血管の病気と関わりのある糖尿病や肥満症、睡眠時無呼吸症候群などについても専門的な治療を行っておりますのでぜひご相談ください。

常に患者さん目線で考え、質の高い医療を追求する

私はこのクリニックを「自分がかかりたい」と思えるような場所にしたいと思っています。そのためにも患者さんの立場で考え、病気の本質を見極めて、その方にとって一番いい治療をご提供できるようにしたいと思います。たとえば最近はテレワークなどを理由に自宅で過ごす時間が長くなる傾向があり、つい何か食べてしまって体重増加を招くといったケースが少なくありません。こうした場合も生活習慣の改善をアドバイスしたり、必要があれば適切な治療をご提案したりできますので、まずはご相談いただければと思います。
また当院では医師が診察に集中できるように、データ入力などを専門に行う支援スタッフを配置しています。これにより、患者さんにまつわる情報を電子カルテに漏れなく記載でき、医師は患者さんと目と目を合わせてお話をすることができます。このほか、Web予約やWeb問診を導入することで院内滞在時間の短縮を実現し、より充実した診療につなげています。

これから受診される患者さんへ

『亀戸シンシアクリニック』は「亀戸駅」から徒歩2分、カメイドクロックの4階にあります。
当院が入るショッピングモールは全面的にバリアフリー化され、敷地内には駐車場やエレベーターも完備しておりますので、ベビーカーや車いすをお使いの場合も安心してお越しください。また当院では診療費の支払いに自動精算機やカードをご利用いただけるなど「非接触」にも積極的に取り組んでいます。地域の中の身近な場所で幅広く・専門性の高い診療を行っておりますので、何か気になる症状がみられましたらお気軽にご相談ください。

※上記記事は2022.05に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

小杉 理恵 院長 MEMO

循環器専門医

  • 出身大学:北里大学
  • 出身地:神奈川県
  • 趣味・特技:猫と遊ぶこと
  • 好きな本:アガサ・クリスティ著書(ミステリー系)
  • 好きな映画:話題作
  • 好きな音楽:R&B、ピアノリサイタル
  • 好きな場所:ギリシャ(サントリーニ島)

グラフで見る『小杉 理恵 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION