東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

佐藤 歩美 院長

AYUMI SATO

一人ひとりの患者さんと向き合い、その方に適した医療を。ライフステージの変化にあわせて女性の健康を見守っていく

横浜市立大学医学部卒業。産婦人科を専門にNTT東日本関東病院や愛育病院にて研鑽を積む。都内にあるレディースクリニックを経て「高田馬場駅」そばに開業。

佐藤 歩美 院長

佐藤 歩美 院長

あゆみレディースクリニック高田馬場

新宿区/高田馬場/高田馬場駅

  • ●産科
  • ●婦人科

産婦人科を選んだきっかけは、出産に立ち会ったこと

佐藤 歩美 院長

私は九州・福岡の出身なのですが、通っていた学校は理系志望の人、特に医療系に進む人がとても多かったんですね。そうした環境に影響を受けたといいますか、当時はあまり深く考えることなく医学部に入ったという感じです(笑)。とはいえ、もともと理系の勉強は嫌いではありませんでしたし、大学の授業も楽しくて興味をもって取り組めるものでした。
自分の専門に産婦人科を選んだのは、研修でお産に立ち会った経験が大きかったでしょうか。実習中に「今からお産だよ!」と、思いがけず出産シーンに立ち会うことになりまして(笑)。このときは心の準備もできておらず、不覚にも気分が悪くなってしまったのですが……。生命が誕生する瞬間のインパクトがあまりに大きかったこと、内科と外科の両方に関わることができる点などに魅力を感じ、産婦人科医として経験を重ねていくことになりました。

あらゆる年代が足を運びやすいレディースクリニックを目指して

佐藤 歩美 院長

大学卒業後はNTT東日本関東病院や愛育病院などで診療にあたり、周産期(出生前後の時期)医療を中心に携わってきました。産婦人科は女性のさまざまな病気やお悩みに対応いたしますが、赤ちゃんの誕生にかかわる周産期医療は「おめでとうございます」という言葉とともにお母さんやご家族を送り出すことができます。それは医師としてとても嬉しく喜ばしいことなのですが、産科医療はどうしても「出産したら終わり」といった側面があります。一方で、女性のライフイベントは出産がすべてではなく、長い人生の中には生理や更年期特有の症状やお悩みがあるものです。私は同じ女性として、産婦人科の医師として、患者さんの人生に長く寄り添っていきたいと考えて地域の中で診療していくことを選びました。
都内にあるレディースクリニック勤務を経て、『あゆみレディースクリニック高田馬場』を開設したのは2022年3月です。開業にあたり一番に考えたのは患者さんの通いやすさだったため、ターミナル駅のすぐそばにご縁があってとても嬉しく思っています。医療機関を受診すること、特に産婦人科を受診することは、多くの女性にとってハードルが高いことかもしれません。つらい生理痛を我慢したり、更年期の症状に苦しんだりしている方も少なくないでしょう。私はそうした女性のみなさんが相談しやすい場所、「ちょっと行ってみようかな」と思っていただけるような場所を作りたいと思っています。年齢やお悩みの大小にかかわらず、何かお困りのときには気軽にご相談いただきたいと思います。

一人ひとりの患者さんと向き合い、その方に適した医療を提案したい

佐藤 歩美 院長

『あゆみレディースクリニック高田馬場』では、生理がはじまった頃の学生さんから妊娠中の女性、更年期、老年期の女性のお悩みなどに幅広く対応しています。近年、オンライン診療が注目を集めていますけれど、産婦人科の診療に「内診」は欠かすことができません。幸い当院は高田馬場駅を出てすぐの一部にありますので、会社のお昼休みや仕事帰り、学校の帰り道にも無理なく受診していただけるのではないでしょうか。また、若い世代の方だけでなく年齢を重ねた女性にも気兼ねなくお越しいただけるよう、院内は明るくあたたかみのある雰囲気づくりを心がけています。もちろん、当院でもオンライン診療導入を準備中です。
とはいえ患者さんも医師も「人」と「人」ですから、もちろん相性というものがあるでしょう。でも、もしも何かお困りのことがあるのでしたら、まずは話をしてみて、どんな解決方法があるのかを聞いてみて、そのうえで治療をする・しないを選んでいただければよいと思います。残念ながらこちらのクリニックでは分娩を扱っておりませんが、周産期医療に携わってきた知識と経験をいかして妊婦健診にも対応しています。出産を機にお付き合いが終わるのではなく、産後の不調や体の変化に対するフォローも行えますので、ぜひご相談いただければと思います。

ライフステージの変化にあわせて女性の健康を見守っていく

女性の体はホルモンによる影響を受けるものですが、女性ホルモンは月経(生理)周期やライフステージによって大きく変化します。生理にまつわるお悩み、妊娠・出産による体の変化、更年期特有の症状……それぞれのライフステージに合わせて、お一人おひとりがその方らしく生きられるようにサポートするのが私たち産婦人科の仕事です。最近は女性の出産年齢が上がり、育児の真っただ中に更年期を迎える方も少なくありません。家事に育児にお仕事に……とフル回転で頑張る女性のみなさんをサポートすることも私たちの大事な役割です。心や体に不調を感じることがありましたら、お一人でもお子さま連れでも、遠慮なく足を運んでいただきたいです。
また、女性は年齢を重ねるにしたがってホルモンの分泌量が低下したり、筋力が衰えたりすることでさまざまな症状が現れるケースがあります。いわゆる更年期障害のためにイライラしたり疲れやすくなったり、デリケートゾーンのかゆみに悩まされたり。骨盤底筋(フランス語でペリネ)の衰えから、「尿もれ」に悩まされる方も少なくありません。尿もれは出産後のママさんにもみられる症状ですが、当院では「ペリネケア」として骨盤底筋を効果的に鍛えるメニューをご用意しています。こちらは自由診療となるため、治療をする・しないを含めて患者さんのご判断となりますが、一つのお悩みに対してさまざまな選択肢があることは、ぜひ知っていただきたいと思います。

これから受診される患者さんへ

『あゆみレディースクリニック高田馬場』は「高田馬場駅」を出てすぐ、早稲田通り沿いに建つビル8階で診療しています。
生理がはじまる10歳代から更年期を迎える50歳前後、さらにその上の世代の方まで、女性のみなさんの生活に寄り添いながら診療するのが産婦人科です。当院は月曜日から土曜日までお休みなく診療し、特に金曜日は午後8時(最終受付は30分前)までクリニックを開いています。また、Web予約やWeb問診を導入することで滞在時間をなるべく短くできるように努めています。何よりも、女性のみなさんが相談しやすい・通いやすいクリニックでありたいと考えておりますので、何かお困りのことがありましたらお気軽にご相談ください。

※上記記事は2022年3月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

佐藤 歩美 院長 MEMO

  • 出身地:福岡県
  • 趣味・特技:これから作らなきゃ、と思っています。
  • 好きな作家:東野圭吾
  • 好きな映画:最近は子どもたちと『名探偵コナン』とか『ドラえもん』を劇場に観に行ったりしてます。
  • 好きな場所:高校時代に1年間留学していたオーストラリアのパース
  • 好きな言葉:「為せば成る」

CLINIC INFORMATION