東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 医師―

甲斐 浩通 院長/小伝馬町駅前皮膚科(小伝馬町駅・皮膚科)の院長紹介ページ

甲斐 浩通 院長

HIROMICHI KAI

「皮膚のかかりつけ医」として
安心して皆様にお任せいただける医療を提供

東京大学医学部医学科卒業。東京大学医学部附属病院に勤務。その後、国立国際医療研究センター、社会医療法人河北医療財団河北総合病院皮膚科部長を経て、2020年4月に『小伝馬町駅前皮膚科』を開設(東京メトロ日比谷線「小伝馬町駅」2番出口より徒歩2分、JR総武快速線「馬喰町駅」2番出口より徒歩4分、都営新宿線「馬喰横山駅」2番出口より徒歩4分)。

甲斐 浩通 院長

甲斐 浩通 院長

小伝馬町駅前皮膚科

中央区/日本橋小伝馬町/小伝馬町駅

  • ●皮膚科
  • ●小児皮膚科

自身の経験から皮膚科医に

甲斐 浩通 院長

今は落ち着いていますけれど、私は子供の頃からアトピー性皮膚炎を持っています。病院に通う機会も多かったことから、自然とこの分野に興味を持ち、医学部の門を叩いたということになります。最初から皮膚科医になることを決めていたわけではないのですが、自分の経験を生かすということをどこかで考えていたのでしょうね。
2020年4月に『小伝馬町駅前皮膚科』は開院いたしました。私はこの近くの人形町に住んでいます。この辺りは私のように新しく住民となった方が増えてきていて、それに加え、近隣で働いておられる方が多くいらっしゃいますから、その方々の力になりたいと考え、この街での開業にいたりました。

患者さんの病気への理解を少しでも深めていただくために

甲斐 浩通 院長

患者さんの訴えを聞いた上で、その疾患が何かということを見極め、それに対して現時点で最も良いであろう治療を勧めることになります。その際、病気の程度が重かったり、経過が思わしくない場合には、複数の選択肢を提示していくことも大切です。
様々なことをお話ししますから、そのすべてを頭に入れておいていただくというのは難しいと思うんですね。ですから説明をする際にはリーフレットなどをお渡しし、それをご覧いただきながらお話をするようにしています。お持ち帰りいただければ、また内容を思い出していただけるとも思うのです。

確かなエビデンスに基づいた皮膚科専門医による治療

甲斐 浩通 院長

昨今、皮膚科の分野でも新たな治療法であり、お薬が出てきています。アトピー性皮膚炎に対する注射薬もその1つですね。残念なことにそれを射てば二度と出なくなるというものではありませんが、症状をかなり抑えられますので、適応の方にはお勧めしています。
私は病院勤務時代、アトピー性皮膚炎と脱毛症の専門外来を担当していました。脱毛症は主に円形脱毛がその対象となりますが、中には毛がすべて抜けてしまうなど、重い症状の方もおられます。円形脱毛症については、免疫療法というものがあります。人工的に皮膚をかぶれさせ、それによって毛髪の発育を促すものになり、日本皮膚科学会や海外でのガイドラインでも推奨されている治療になります。

皮膚科には、残念なことにある程度長い付き合いを余儀なくされる病気があることは事実です。アトピーや脱毛症はそのうちに入ってくるでしょう。しかし、全体の比率からすれば、完治できる病気が多いのも確かなことです。足の爪の水虫はまさにその一例です。水虫というと塗り薬をイメージされる方が多いかもしれません。ゆえに一般に用いられることが多いのですが、それに対して非常に効果の高い飲み薬が存在します。周知の問題もあると思われますが、我々がエビデンスの確かな治療を推進していくことにより、少しでも多くの方が辛い疾患から解放されたらと思っています。

患者さんの利便性を高めるための院内処方

勤務されている方やお子さんのいらっしゃる方が患者さんの多くを占めていくと思われますので、その方々の利便性を高めるべく院内処方をおこなっています。お忙しい方にその場で処方をしてお帰りになることができれば、少しでも負担の軽減につながると思うのです。
また当院では、ちょっとしたできものを取り除く小手術もおこなっており、スプレータイプの液体窒素を用いたイボ等の治療も取り扱っています。今後、日が経つにつれて様々なニーズがわかっていくことでしょう。患者さんの利便性を高めることを視野に入れながら、効果の確かなものを積極的に導入していきたいと考えています。

これから受診される患者さんへ

繰り返しになりますが、皮膚科では慢性的に付き合っていかなくてはならない疾患があります。具合がよろしくないとき、あるいは治りが悪いときに、すぐに掛かることのできる地域のかかりつけ医のような存在を目指してまいります。ちょっとした困りごとでも、皮膚のことであればどうぞお気軽にご相談ください。皆さまのお悩みが少しでも軽減できるよう、力を尽くしてまいります。

※上記記事は2020年5月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

甲斐 浩通 院長 MEMO

皮膚科専門医

  • 出身地:神奈川県
  • 趣味:読書
  • 好きな本:推理小説
  • 好きな言葉・座右の銘:神は細部に宿る
  • 好きな場所:温泉

グラフで見る『甲斐 浩通 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION