東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 医師―

武内 典夫 院長/すがも北口整形外科クリニック(巣鴨駅・整形外科)の院長紹介ページ

武内 典夫 院長

Norio Takeuchi

整形外科専門医による診療・リハビリを通して
みなさまの「健やかな生活」をサポートする

東海大学医学部を卒業後、整形外科を専門に研鑽を積む。大学病院や関連病院、米国(フロリダ州)で経験を重ね、神奈川県内の済生会湘南平塚病院で13年にわたって病院長を務める。2020年4月、『すがも北口整形外科クリニック』の開業にあわせて院長に就任。

武内 典夫 院長

武内 典夫 院長

すがも北口整形外科クリニック

豊島区/巣鴨/巣鴨駅

  • ●整形外科
  • ●リハビリテーション科

整形外科専門医と理学療法士が連携し、質の高い医療を提供する

武内 典夫 院長

整形外科の中でも私の専門は「股関節」で、大学病院にいた頃は人工股関節置換術、股関節骨切り術、大腿骨頸部骨折や骨盤骨折等の股関節外傷などを数多く手がけてきました。治療を通して患者さんがより良い生活を送れるお手伝いができ、長いお付き合いをさせていただけることは、整形外科医ならではの喜びだと思います。
当院では、整形外科専門医による幅広く・質の高い診療、医師の指導のもと理学療法士が行うリハビリテーションにより、みなさまの健康寿命を延ばすお手伝いをさせていただきたいと考えています。

医療は心、笑顔ときめ細やかな気持ちを忘れずに

武内 典夫 院長

『すがも北口整形外科クリニック』は、首都圏に10の医療機関を展開する医療法人社団 快晴会の一員として2020年4月に開院しました。巣鴨駅北口から徒歩1分というアクセスの良い場所で、最新の医療機器を備えて質の高い医療をご提供しています。平日の火曜日から金曜日に加え、土曜(午前のみ)診療に対応しており、お仕事などで忙しくなさっている方にも、気軽に足を運んでいただきたいと思います(7月からは毎月曜日も開業いたします)。
私を含め法人全体として、「医療は心、笑顔ときめ細やかな気持ちを忘れずに患者さんの立場になって診療する」ことをコンセプトにしています。来院される患者さんに思いやりをもって接するというのはもちろん、患者さんお一人お一人の悩みに寄り添い、病気を診るのではなく病人を診ながら、みなさまの健康維持・増進のために力を尽くしたいと思っています。

充実の設備をいかし、一人ひとりにオーダーメイドの医療サービスを

武内 典夫 院長

超高齢化社会に加え土地柄のためか、来院患者さんはご高齢の方が多いと思います。腰痛や膝痛など加齢に伴う変性疾患についてご相談いただくケースが多いのですが、私たちを頼りにしてくださるからには「歳のせい」と済ませるわけにはいきません。それぞれの患者さんがいきいきと元気に過ごせるように、みなさんの「健康寿命」を支えていきたいと思います。
変性疾患や骨粗しょう症の診断・予防のため、当院ではコンピュータ解析式のレントゲンや骨密度測定器を導入し、高レベルの評価・治療につなげています。また、整形外科専門医による治療と並行して、一人ひとりに適したリハビリプログラムをご提案できることも強みです。たとえ一気に若い時代に戻ることはできなくても、年齢に応じた「健やかな生活」を送っていただけるよう、各分野のスペシャリストが連携してオーダーメイドの医療サービスをご提供します。

「動く喜び、動ける幸せ」を感じてほしい

私は、医師として病気を治すだけではなく、患者さんと「人と人」として向き合いたいと思っています。症状があるところにアプローチするのはもちろん、「全人的な医療」をモットーに、患者さんとの会話やコミュニケーション、信頼関係を大切にしながら診療していきたいと思っています。
2000年に日本整形外科学会が提唱した「運動器の10年」のスローガンに、「動く喜び、動ける幸せ」というものがあります。日本は世界一の長寿国家になりましたが、「平均寿命」と「健康寿命」との間には10年間ほどの隔たりがあり、問題視されるなか、私はみなさんに最後まで元気に過ごしていただきたいと思っています。いくつになっても健やかな生活を送れるよう、ぜひご一緒に体力づくり・健康づくりに取り組みましょう。

これから受診される患者さんへ

『すがも北口整形外科クリニック』は、「巣鴨駅」北口の真正面(徒歩1分)のビル3階で診療しています。
16世紀のフランスの外科医アンブロワーズ・パレが「我包帯す、神これを癒したもう」という言葉を残しています。病気は医師が治すのではなく、患者さんがご自身で治すものです。私たちにできることには限りがありますが、患者さんの生命寿命を延ばすことはできなくても、健康寿命を延ばすお手伝いはできます。患者さんの健やかな生活をサポートすることで、一人でも多くの方にハッピーになっていただければ幸いです。何かお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

※上記記事は2020年5月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

武内 典夫 院長 MEMO

整形外科専門医

  • 出身地:長野県
  • 趣味:マラソン、ゴルフ、音楽鑑賞
  • 好きな本:エッセイ
  • 好きな映画:砂の器、十二人の怒れる男
  • 座右の銘:「世のため人のため」
  • 好きな音楽:クラシック
  • 好きな場所:神保町古本屋街

グラフで見る『武内 典夫 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION