東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 医院・病院 ―

飯森クリニック(武蔵小金井駅・心療内科)の病院情報ページ

飯森クリニック

小金井市/本町/武蔵小金井駅

  • 心療内科
  • 内科
  • アレルギー科
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
お知らせ WEB
予約
電話 042-382-3166
所在地 東京都小金井市本町5-19-34 ネオコート小金井
最寄駅 武蔵小金井駅
駐車場 近隣にコインパーキングあり
WEB https://www.iimori-cli.com
休診日 火曜午前・木曜・日曜・祝日
診療時間 10:00~13:00 14:30~19:00
[土曜]9:00~13:00 14:30~17:00
特徴
  • ●全人的医療 
  • ● 東洋医学(漢方) 
  • ● 心理療法 
  • ● 男性医師
飯森 洋史 院長

HIROFUMI IIMORI

飯森 洋史 院長

全人的医療の導入で「もう治らない」と考えていた患者さんへ希望の光を

飯森 洋史 院長への独自インタビュー

人間への興味が医学の道を拓くことに

一番のきっかけは、人間が好きで、人間について常に考え続けたかったことです。医学部に進む前、理工学部で土木工学を学んでいました。土木工学を専攻したのは、人間と自然の関わりに強い関心を持っていたからですが、人間が自然に手を加える意味を問うのではなく、物づくりに終始し、物を作ることにだけ喜びを感じている土木技術者の在り方に失望し、人間にとって一番大切なことは何かを問うても是認される医学の道へ進んだのです。
私は埼玉大学時代の卒論で、土木工学を学際的に考える土木哲学を学びましたが、医学を学ぶようになってからも、結局は医学を学際的、即ち、心理学、社会学、哲学、倫理学などの関連領域についても考える、心療内科を専攻することになった訳です。
『飯森クリニック』は2000年に開院いたしました。「もう治らない」「あきらめた」と思われている患者さんも、全人的に考えることで必ず道が開けることを信じて診療を続けてまいります。

身体的・精神的な症状の両方にアプローチしていく

当院を受診される患者さんは、勿論、小金井周辺にお住まいの方も多くいらっしゃいますが、関東近郊から来院される方も少なくありません。遠くは大阪や岡山など、全国各地からもいらっしゃっています。全体の傾向として多いのは、うつ障害領域の方や不安障害領域の方が目立ちますが、アレルギー領域、もちろん心療内科領域(心身相関が認められる内科疾患)の方も多いです。
そもそも、うつ症状や不安症状には精神症状の他、身体症状も伴っている場合が非常に多く、逆に身体症状、例えば、「痛み」や喘息発作はうつ症状や不安症状の要因にもなります。ですから、その両方についてアプローチしていく必要があるわけです。私は内科医としても研鑽を積んでまいりましたし、精神科の領域についても研鑽を積み、新薬等も有効ならば何処よりも早く積極的に導入しています。効果が確かなあらゆる方法を尽くし、改善の方向に持っていければと考えています。
また、私が進学した富山医科薬科大学(現富山大学)には和漢診療部があり、漢方が非常に盛んでしたが、漢方は心と身体を一緒に考える「心身一如」という理念に基づいており、これは心療内科にも通じる精神であり、心療内科を専攻したあとも、漢方も積極的に治療に用いています。

続きを読む→

◆「もう治らない」と思われている患者さんの希望になるべく、多角的なアプローチをおこないます◆

『飯森クリニック』は全人的医療を特徴としており、いわゆる西洋薬はもちろんのこと、漢方、あるいは催眠療法等も扱っています。院長は内科医としても研鑽を積んできており、精神科の領域についても勉強を積み、新薬等も積極的に導入しています。効果が確かなあらゆる方法を尽くし、改善の方向に持っていければと考えています。

西洋医学と東洋医学をはじめ、様々な角度から病気を見つめ、症状を緩和するための多角的なアプローチをおこなっています。「もう治らない」とあきらめず、どうぞ一度ご相談ください。

★飯森クリニックのYoutubeチャンネルはこちら
★院長の著書『[心療内科]感動を呼ぶ医療』

小金井市本町5-19-34 ネオコート小金井

武蔵小金井駅/徒歩約1分

武蔵小金井駅北口出口からの徒歩ルート

所要時間(当社調べ):2分3秒

グラフで見る『飯森 洋史 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より