東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 医師―

伊原 玄英 院長/町田駅前内科クリニック(町田駅・内科)の院長紹介ページ

伊原 玄英 院長

GENEI IHARA

専門性を活かし、かつ幅広く。患者さんが少しでも安心してお帰りになれるように

香川医科大学(現:国立香川大学)卒業。同大学循環器・腎臓・脳卒中内科で研修後、主に循環器疾患・腎疾患を中心に内科医としての研鑽を積む。その後、同大医学系大学院博士課程に進み、糖尿病性腎症に関する基礎研究で学位を取得。福岡県内の急性期病院で救急医療に従事したのち、町田市内の病院に腎臓内科医として勤務。2018年9月に『町田駅前内科クリニック』を開設(小田急線「町田駅」北口出口から徒歩1分)。

伊原 玄英 院長

伊原 玄英 院長

町田駅前内科クリニック

町田市/森野/町田駅

  • ●内科
  • ●循環器内科
  • ●糖尿病内科
  • ●腎臓内科
  • ●健診・検診

人との繋がりに生きがいを感じて

伊原 玄英 院長

2018年9月に『町田駅前内科クリニック』を開院しました。以前、市内の病院に勤務していたことがこの街を開業地に選んだ理由です。東京は、多様なバックグラウンドを持った人々を受け入れる文化が醸成されていると思うのですが、町田という都市は、さらに解放的で、寛容な雰囲気を感じます。住んでいて、とても心地良く、この街で医療に携わることができ、嬉しく思っています。
私が医師という仕事を選んだ理由は、小さい頃から誰かのために行動したり、笑顔になってもらうことに人一倍喜びを感じる性分だったからです。実際に日々診療をする中で患者さんに感謝の言葉をいただくことがあります。また、新型コロナウィルスの問題が発生してからは、当院のスタッフのことを気にかけてくださり、手作りのマスクを差し入れてくれる患者さんもいらっしゃいました。このように、地域の方々と密接な繋がりが持てる町医者としての仕事は、非常にやりがいのある仕事であり、一生の生き甲斐として長く頑張っていきたいと思っています。
私の経歴についてですが、母校の医局で循環器疾患、腎臓病を中心に学び、その後は、離島で地域医療に取り組んだり、救急外来で外科的処置を含め、救急疾患等幅広い臨床経験を積みました。また、私は、腎臓専門医、透析専門医でもありますが、透析に必要なシャントを人工的に作るための血管吻合の手技の経験も積みました。医学に限らず何事でも、他人から評価されるまでには「一定数の経験をこなす」必要があると思いますが、私は、これまでの経験を通し、医師として患者さんが抱えている疾患に対しての見通しを立て、適切な時期、必要に応じ、その道のスペシャリストに紹介できる目を養ってきたものと自負しています。

来院後に少しでも気持ちが楽になるように

伊原 玄英 院長

利便性に富む駅前という当院の立地からか、患者さんは、若年層の方も多く来院される印象です。また、19時30分まで診察していますので、仕事帰りの中高年の方々にも、数多く来院いただいています。今後の展開としては、駅周辺にお住まいのご高齢の方々にも、当院を広く知っていただくために、訪問診療や施設の健康診断等に取り組んでいきたいと思います。ところで、当クリニックに来院される若年層を中心とした患者さんの中には、過重労働から来るメンタル不調の方が少なくないように感じています。私は現在、産業医として、訪問先企業で労働者の方に対し、面接指導などもおこなっていますが、当院においても、メンタル不調を感じ始めた患者さんが気軽に相談できる存在になれればと思います。診断に際しては、中立的な視点を心掛けています。どのような病態でも予断があってはなりません。主訴がメンタル不調であったとしても、その症状を引き起こす原因に内科的疾患が隠れていることもあるからです。頻繁に起こるパニック発作の影に、内分泌疾患であるクッシング症候群という病気が隠れてこともありますし、認知症のように見えて、実は甲状腺疾患であることも珍しくありません。内科医として、あらゆる可能性を考慮し、確認する作業を怠ってはならないと考えています。

院内の雰囲気についても、患者さんにリラックスしていただけるよう様々な工夫をしています。院内の内装はハワイアンテイストを取り入れており、夏季にはスタッフの服装をアロハシャツにするなどしています。ご病気を抱えている方は、不安で気持ちが落ち込んでいることが多いものです。主治医である私との会話や、院内の明るい雰囲気によって、少しでも前向きな気分で通院していただきたいと思っています。

分かりやすい説明と明確なメッセージをお伝えする

伊原 玄英 院長

当クリニックは、循環器疾患であれば動悸や胸痛を主訴とする方が、腎臓疾患ですと健康診断で検尿異常を指摘された方などが多く来院されます。
患者さんに共通する思いとしては、「この後どうなるの?」もしくは「これからどうしたらいいの?」という不安に尽きるように思います。診察の結果、専門の医療機関を紹介するにしても、当院で処方箋をお出しし通院治療を継続するにしても、患者さんに今後の見通しの説明をしなければ、その不安は解消されません。例えば、「2週間程度身体のだるさが続くかもしれませんが、その後に徐々に良くなっていくと思います」といったように、できる限り、先の見通しを分かりやすくお伝えするようにしています。初診の段階で確定的な診断ができないことが当然あるものの、患者さん達は、先の見えない不安から医療機関を訪れていますから、その思いをできるだけ受容すべきと思っています。分かりやすい説明と明確なメッセージを伝えることは、当院の大事な理念として、今後も続けていきたいです。

AGA治療をはじめとする患者さんの健康状態にマッチした自費診療

AGA(男性型脱毛症)治療専門を謳ったクリニックが最近多くなりました。実はAGAには内分泌疾患を合併し、進行しているケースもあり、注意が必要です。合併疾患をしっかり治療しなければ、いくら高価なAGA治療薬を飲んでも効果が出てきません。特に糖尿病などは、未治療のまま放置している方がまだまだ多いですので、高血糖が薄毛を進行させているケースもあるのです。当クリニックは内科の専門性を生かしたAGA治療に取り組んでいますので、当クリニックでAGA治療を希望される方には、まず、勤務先などでおこなった健康診断結果を参考に、隠れた薄毛疾患がないかをチェックした上で、患者さんに合った適切なお薬を処方しています。

これから受診される患者さんへ

『町田駅前内科クリニック』では、患者さんの利便性を重視し、順番待ちシステムを導入しています。受診日当日に受付さえ済ませていただければ、順番が近づいた時点で、携帯電話に自動音声呼び出しやスマホアプリにお知らせが届きます。院内には無料Wi-Fiを導入しておりますので、院内で、動画の視聴等をして過ごしていただけますし、順番がくるまで、当院から徒歩1、2分圏内の駅前デパートなどで買い物や食事を楽しんでいただくこともできます。私どもは感染症対策をしっかりおこないながら、安心して受診いただける体制を整えています。
心配なこと、気になることがありましたら、何なりとご相談ください。当院での診断の結果、専門医療機関へ速やかにご紹介し、迅速な治療へとつなげた事例も多々ありますが、速やかに連携のとれる良いお医者さんをたくさん知っていること。これも町医者の重要な条件の一つだと考えています。丁寧な治療、さらに当院ならではのプラスアルファで、「ここに来てよかった」と思っていただけるクリニックであり続けます。

※上記記事は2020年7月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

伊原 玄英 院長 MEMO

総合内科専門医 /腎臓専門医 /透析専門医

  • 出身地:茨城県
  • 趣味・特技:読書/子育て、料理、マリンスポーツ
  • 好きな作家:司馬遼太郎
  • 好きな映画:『ショーシャンクの空に』
  • 座右の銘:「人の命を救い、人々の苦しみを和らげる以外に考えることは何もない」(緒方洪庵)
  • 好きな音楽:沖縄民謡
  • 好きな観光地:沖縄

グラフで見る『伊原 玄英 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION