東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 医師―

吉岡 拓也 院長/昭島リウマチ膠原病内科(中神駅・リウマチ科)の院長紹介ページ

吉岡 拓也 院長

TAKUYA YOSHIOKA

優しく・丁寧・わかりやすい診療をモットーに。地域に根付いた医療を提供

聖マリアンナ医科大学 医学部医学科卒業。同大学病院リウマチ・膠原病・アレルギー内科に在籍。町田市民病院勤務を経て、2017年に『昭島リウマチ膠原病内科』を開院(JR青梅線「昭島駅」より徒歩10分、JR青梅線「中神駅」より徒歩7分)。

吉岡 拓也 院長

吉岡 拓也 院長

昭島リウマチ膠原病内科

昭島市/宮沢町/中神駅

  • ●リウマチ科
  • ●内科
  • ●アレルギー科
  • ●訪問診療
  • ●健診・検診

未知の部分があることに魅力を感じて

吉岡 拓也 院長

家族に高齢者がいたのはあると思うのですが、周囲が病気になったりで病院に行く機会があり、そこで見た医師や看護師さんの仕事に感化されたのです。「すごく頼りになる」と思い、自分でもそれをやってみたいと考えたのですね。
大学卒業後は、母校のリウマチ・膠原病・アレルギー内科に入局しました。この科を選んだのは、未だすべてが明らかになっていないからです。もちろん決まったものもありますが、自分達で試行錯誤しながら診断していくという部分に魅力を感じたのです。
『昭島リウマチ膠原病内科』は2017年に開院いたしました。実はこの辺りには、膠原病を専門にするクリニックがないのです。加えて私は学生時代からこの土地に馴染みが深いものですから、よりお役に立てるであろう、この場所を求めたということなんですね。

進歩するリウマチ・膠原病治療

吉岡 拓也 院長

膠原病はそのカテゴリーに入るいくつもの病気を総称したものであり、リウマチもその中の1つという位置付けになります。発症の要因を含め、未だすべてが解明されていないことは事実ですが、近年になって治療は急速に進歩してきています。リウマチに関して言えば、生物学的製剤注射や内服薬など多くの選択肢があり、先進的な治療法を含め、当院ではそのすべてを扱っています。
膠原病はその種類も症状も多岐にわたり、どの病気が隠れているかを鑑別していくことが大切になります。開院当初は膠原病を患われている方々が主でしたが、最近ではそれ以外の方、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の方、あるいは腹痛や風邪などを訴えて来られる方がずいぶんと増えました。関節の痛みにしても、風邪が要因なのか、それとも膠原病に由来するものなのかといった鑑定は専門的な部分が要求されることもありますので、それをご心配されて来院されるケースが増えています。
この病気は一生付き合っていかざるを得ないことが多いことは確かです。しかし、それが普段の生活にできる限り影響を及ぼさないよう、コントロールしていくのが私たちの役目と心得ています。

1人ひとりの方の気持ちに配慮した診療を

吉岡 拓也 院長

待合室は天井を可能な限り高くとりました。病院がリラックスできるところかどうかは、また別の話かもしれません。ですが、痛みや苦しみを抱えた方がこちらに来て窮屈な思いをされることがないよう配慮した形になります。
実際の診察においては、しっかりと話を伺うことが大切と考えています。些細に思えることが病気の症状であることも少なくはないのです。それはお話を聞いてみないとわからないことですので、まずはなんでも教えてください、という姿勢でいます。時間がかかることは確かですけれど、かけるべき手間を惜しんでいては、治るものも治らないということを肝に銘じています。

これから受診される患者さんへ

膠原病に関しては、経過が大変重要になります。以前通院されていた病院の紹介状があればより効率よく診ることができますので、できる限りお持ちいただければと思います。
病院名が「リウマチ膠原病」となっていますけれども、どのような症状であってもまずはご相談ください。「科がわからない」といったことでも結構です。必要であれば他の医療機関へとご紹介させていただきますし、より良い方向へと導いていくのも私たち開業医の役割と心得ています。お身体のことで何か心配なことがありましたら、遠慮されることなくご相談いただければと思います。

※上記記事は2020年1月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

吉岡 拓也 院長 MEMO

総合内科専門医 /アレルギー専門医 /リウマチ専門医

  • 出身地:東京都
  • 趣味:自転車
  • 好きな本:「食べ物雑誌」
  • 好きな映画:ミュージカル
  • 座右の銘:「Take it easy」
  • 好きな音楽:オールジャンル
  • 好きな場所:横浜

グラフで見る『吉岡 拓也 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION