東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

日本橋れいわ内科クリニック

中央区/日本橋/日本橋駅

  • 内科
  • 糖尿病内科
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
患者の
お知らせ WEB
予約
オンライン
診療
電話 03-3241-2801
所在地 東京都中央区日本橋3-2-15 ザ・レジデンス東京駅前 1階
最寄駅 日本橋駅 東京駅 京橋駅
駐車場 近隣にコインパーキングあり
WEB https://leiwa.clinic
休診日 土曜午後・日曜・祝日
診療時間 10:30~13:30 15:00~19:30
特徴
  • ●クレジットカード対応
  • ●男性医師
  • ●WEB予約
井内 裕之 代表医師

HIROYUKI IUCHI

井内 裕之 代表医師

糖尿病専門医

糖尿病・高血圧・脂質異常症などを総合的かつ専門的に治療する「令和のかかりつけ医」

◆東京駅、日本橋駅、京橋駅近く。生活習慣病専門対応の令和のかかりつけ医◆

『日本橋れいわ内科クリニック』は、糖尿病専門医・指導医、高血圧専門医・指導医、総合内科専門医が常駐。一般内科、二次健診に幅広く対応しております。

人口動態が刻々と変化している現在、糖尿病、高血圧、脂質異常症等の生活習慣病をお持ちの方がどんどんと増えています。生活習慣病は、症状のないうちから定期的に通院し治療している方と、そうでない方の未来は、大きく変わります。
当院では、糖尿病や高血圧の専門医だけでなく、生活習慣病を総合的に管理が可能な体制を整えております。また、お忙しい皆様、通院の難しさがある方々にご利用いただきやすいよう、心ばかりではありますが、様々な新しい取り組みをご用意しております。
まずはお気軽にお立ち寄りください。

井内 裕之 代表医師への独自インタビュー

令和の時代の新しいかかりつけ医を目指して

『日本橋れいわ内科クリニック』は、糖尿病、高血圧、脂質異常症等、いわゆる生活習慣病を総合的かつ専門的に治療していくクリニックです。私は大学病院の糖尿病・代謝・内分泌内科に籍を置いて臨床に携わる一方、大学院で「糖尿病と高血圧」を対象に研究に勤しんできました。
糖尿病と高血圧は、合併率が非常に高い疾患です。しかし、大きな病院ではそれらを別々の科が診ることもあります。関連性が高い疾患だからこそ、両方を専門とする医師が診ることのメリットは大きく、それはまた患者さんの利益につながると考えています。
一昔前であれば、各科の経験のある医師が生活習慣病を診ることに何の問題もありませんでした。しかし、この10年、20年というスパンの中で、生活習慣病に関して多くのことがわかってきており、それに伴い、お薬の種類も格段に増え、治療も複雑になってきています。それを考えたときに、生活習慣病も専門家が診ると違うものになってきているのです。
すでに患者さんの方でも、その認識を持たれている方もおられます。これまでの内科とは根本的に異なる、より深くまで診ることの可能な新しいクリニックを目指してまいります。

生活習慣病をより積極的に治療する

物心つく頃から「人の役に立つ仕事に就きたい」ということを思っていました。当時読んでいた本の影響もあったかと思いますが、その「人の役に立てる仕事」という意味で、お医者さんが最もイメージがしやすかったということかと思います。

『日本橋れいわ内科クリニック』は2020年3月に開院を迎えました。日本橋は母校にも近く、以前からこの地域の雰囲気を好ましいものに感じていました。ご存知のように、この街は今も開発が進んでいます。それに伴い、サラリーマンの方々がどんどんと増えていることが開業地を定めるにあたって大きな理由となりました。生活習慣病は、一生付き合っていくというイメージをお持ちかと思います。しかし、早期の段階であれば快癒させることが可能なこともあります。もちろん、すでに病気が進行している方であっても、その進行を遅らせるという意味において治療の意味はあります。しかしそれをさらに進め、将来の重大な疾患を防ぐという積極的な意味において、働き盛りの人、特に東京を支えるサラリーマンの方々を診ていくということに大きな意味があると考えたのです。

続きを読む→

中央区日本橋3-2-15 ザ・レジデンス東京駅前 1階

日本橋駅

八重洲中央口出口からの徒歩ルート

所要時間(当社調べ):3分25秒

グラフで見る『井内 裕之 代表医師』のタイプ

どちらかというと
穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より