東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 医師―

鯨井 一正 院長/くじら在宅クリニック(雑司が谷駅・訪問診療)の院長紹介ページ

鯨井 一正 院長

KAZUMASA KUJIRAI

24時間・365日体制の訪問診療を通して
患者さんとご家族の生活を支えて行く。

大学卒業後、研修を経て東京女子医科大学病院へ。青森県や都内の病院で経験を重ね、「雑司が谷駅」そばに開業。

鯨井 一正 院長

鯨井 一正 院長

くじら在宅クリニック

豊島区/高田/雑司が谷駅

  • ●訪問診療
  • ●内科

訪問診療を通して、患者さんとご家族の生活を支える

鯨井 一正 院長

父が開業医だったものですから、私が医師になったのも「父の背中をみて」ということになるのかもしれません。私自身、将来的な開業を見据えて内科や麻酔科など幅広い診療に携わり、知識や経験を積み重ねてきました。
大学病院や総合病院で外来診療を担当するほか、父と一緒に訪問診療に携わるなどさまざまな現場で診療にあたって来ましたが、中でも大きなやりがいと可能性を感じたのが「在宅」でおこなう医療でした。入院なさっていた患者さんが、ご自宅に帰っただけでお元気になったり、笑顔が増えたり。そうしたケースをたくさん目にして来たものですから、私には「家で過ごすこと」も一つの治療ではないかと思えるんです。たとえ病に倒れたとしても、居心地のよいご自宅で、ごく普通の暮らしを続けていただくために。患者さんとご家族の生活を支えるための医療をお届けするのが訪問診療であり、私たち『くじら在宅クリニック』です。

患者さんの背景にあるものを把握することのメリット

鯨井 一正 院長

訪問診療では、医師や看護師のほか、ケアマネージャーやヘルパーさんが1つのチームとして患者さんやご家族を支えます。患者さんの求めに応じてご自宅へ伺う「往診」と大きく異なる点は、ご本人がお元気なときでも定期的に訪問して、適切なケアやサポートをおこなうこと。患者さんの生活環境や普段の様子を把握することで、ご本人やご家族の要望に沿った医療をご提供できるだけでなく、急変時にも適切な対応が可能になります。
また、患者さんが毎日どのようなものを食べ、どんな風に過ごしているのかを知ることで、生活習慣を見直すようにアドバイスをしたり、お薬の量をコントロールできる点も大きなメリットです。たとえば、糖尿病患者さんの冷蔵庫の中を拝見して、何か気になる食べ物を見つけたら、少し控えていただくようにアドバイスをするんですね。こうして日々の食生活に気をつけていただくだけで、お薬の量を減らすことができたり、症状がずいぶん改善することも多いです。何度か顔を合わせるうちに、患者さんの人生観を知ることもできますし、お1人お1人にいちばん良い医療をご提案できることが訪問診療の魅力だと感じます。

医療を受ける側も提供する側も、「三方よし」の訪問診療を

鯨井 一正 院長

ひと昔前、医師は「お医者様」という感じに、一段高いようなイメージがあったように思います。聞きたいけれど聞けない、言いたいけれど言えない。そうした状態では、本当によい医療など出来ないでしょう。特に、訪問診療の場合は、ケアマネージャーやヘルパーさんなどにもご協力いただかなくてはなりません。そのため、まずはスタッフ間で十分なコミュニケーションを取ってチームワークを良くして、みなさまにも「良い医療」をお届けしたいと考えています。
「三方よし」という言葉がありますけれど、私はずっと医療を通して「みんなが良くなる」ことを目指してきました。訪問診療は、医師だけが満足するものであってはいけませんし、チームのスタッフにも喜びややりがいを持って取り組んでもらいたい。そして何より、患者さんやご家族に心からご満足いただける医療をお届けしたいと思うのです。高度な治療や検査などを担う医療機関ともスムーズに連携できる体制を整えて、それぞれのケースで最善を尽くしたいと思っています。

フットワークと柔軟性をいかして、24時間・365日体制で診療にあたる

退院後のアフターフォローや末期のがん患者さんに対する緩和ケア、ご自宅での看取りなど、訪問診療にはさまざまな形があります。私自身、内科医や麻酔科医として経験を重ね、ひと通りのことに対応できるスキルを身につけてきましたけれど、一番の強みと言えるのは「フットワーク」と「柔軟性」でしょうか。24時間・365日対応できるように日々筋トレに励んでおりますし(笑)、何でも話し合える関係性を築くことで、みなさまのご要望に柔軟にお応えしたいと思っています。
もちろん、患者さんも医師も「人」ですから、相性というものもあるでしょう。私の若さが強みにも弱点にもなり得ますが、日々勉強と反省を繰り返しながら、さらなる自己研鑽に励んでいます。何よりも、目の前で困っている方を助けてさしあげたいという気持ちで診療しておりますので、何かお困りのときにはお気軽にご相談いただきたいと思います。

これから受診される患者さんへ

訪問診療では、最新鋭の医療機器を使って最先端の医療をおこなうわけではありません。もちろん、そうした医療が必要な場面もありますけれど、医師や看護師、ケアマネージャーやヘルパーが1つのチームになっておこなう訪問診療は、これから益々需要が高まって行くことでしょう。私は、患者さんやご家族のお気持ちに寄り添い、ごく普通の生活を送り、当たり前の幸せを感じていただけるようにサポートさせていただきたいと思います。

※上記記事は2019年10月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

鯨井 一正 院長 MEMO

  • 出身地:茨城県
  • 趣味・特技:トライアスロン、筋トレ
  • 好きな本・愛読書:自己啓発本
  • 好きな映画:ディズニー映画
  • 好きな言葉・座右の銘:人間万事塞翁が馬
  • 好きな音楽・アーティスト:GLAY
  • 好きな場所・観光地:沖縄、ハワイ

グラフで見る『鯨井 一正 院長』のタイプ

エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION