東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 医師―

金井 慎一 院長/すこやかこどもクリニック浮間(北赤羽駅・小児科)の院長紹介ページ

金井 慎一 院長

SHINICHI KANAI

お子さんの健やかな成長をサポート。ご家族の暮らしを支え、地域一体となった子育てに貢献したい。

千葉大学医学部卒業。東京北社会保険病院(現:東京北医療センター)小児科に在籍。ほつかこどもクリニック院長を経て、2019年6月1日に『すこやかこどもクリニック浮間』を開院(JR埼京線「北赤羽駅」浮間口改札からすぐ)。

金井 慎一 院長

金井 慎一 院長

すこやかこどもクリニック浮間

北区/浮間/北赤羽駅

  • ●小児科

理想の医療のカタチをこの街で

金井 慎一 院長

当初、一般大学の工学部に進んだのですが、卒業を控えて就職活動をする段になり、だんだんと違和感を感じるようになっていました。もともと私は、人の身体の仕組みや、命というものに興味を持っていました。そういったものに関わりながら、直接人の役に立てる仕事として、改めて医師を目指すようになりました。

『すこやかこどもクリニック浮間』は2019年6月に開院いたしました。この辺りは、子育て世代が増えている地域でありながら、小児科のクリニックが限られているという現状がありました。私が思い描く理想の医療を提供するのに、ここ以上にふさわしい場所はないと考えたのです。

小児科医として、子育てをサポートしていきたい

金井 慎一 院長

私が学生の頃、小児科医はなり手が少ないと言われていました。私はお子さんは社会の宝だと思っていましたから、小児医療に携わることには大きな意味があると考え、この分野を選択したという経緯があります。
小児科診療は、子育ての一環だと思っています。病気があり、それに対してお薬を処方する。それだけでおしまい、というのでは不十分ではないでしょうか。お母さん、お父さんをはじめ、保護者の方がどのような不安を抱え医療機関を受診されるのか。相談しづらいこともあるでしょうし、行き詰まってしまう方も少なくないと思われます。その不安に寄り添い、サポートするのが小児科医の役割であり、広い意味で、社会としての子育てに関わるということだと思うのです。
そのニーズに応えるのは、医者1人の力では難しいでしょう。看護師さん、受付事務さんをはじめとしたスタッフの力があってこそ、それができるのであり、目的を共有したみんなの力でそれを成していけたらと考えています。診療室以外での皆さんとの交わり。小児科のクリニックにおいてはそれこそが肝であり、それを当院の魅力にまで高めていけたらと考えています。

当たり前のことを当たり前に

金井 慎一 院長

院内は、土と植物と空をイメージし、落ちついた雰囲気の配色となっています。子供の未来がここで生まれ、やがて大きく伸びていくというイメージですね。設備的なものであえて特色を挙げますと、診療台は通常より低めで、幅広いタイプのものを採用しました。お子さんが登りやすく、また転げ落ちないよう幅を広くしたのです。細かい部分ですが、こうした配慮が安全性と安心をもたらしてくれるのではないかと期待しています。

診療においては、当たり前のことを当たり前に行う、ということを心がけています。医療の情報はすぐに変わっていくもので、5年も経てば以前の常識が非常識となってしまうことも珍しいことではありません。常に研鑽を続け、スタンダードを意識し、患者さんとご家族にとって最善となる診療を手がけていけたらと考えています。

子ども達やご家族との交わりを通じて医療を作っていく

病院勤務時代は、あまたいるドクターの中の1人という位置付けでしたから、一部を除けば、1人の患者さんをずっと見続けていくのは限界もありました。それがここでは、1人の患者さん、1つの家族をずっと見ていけて、お子さんの成長やご家族の変化を感じることができます。関わりがより身近なものになり、保護者の方の考えや価値観を理解して一緒に子供を見ていけることが、大きなやりがいになります。
医療としての常識が前提にあるにせよ、データを示して、「これが唯一の正解です」というだけでは、医療の半分程度の役割しか果たしておらず、そのようなことでは私がここにいる意味もないと考えます。人と人とが交わり関係性を作っていく中で、考え方の中に共通のものを見いだしてこそ、医者としての存在価値が出てくると思うのです。

これから受診される患者さんへ

当院では、オンラインやお電話による予約を受け付けています。感染等のリスクを考えても、院内でお待ちになる時間はできるだけ少ない方が好ましいと思いますし、是非ご利用いただければと思います。
よく、「こんなことで来てもいいんですか……」と仰る方がいらっしゃいますが、そのように気を使われる必要は全くありません。お父さんやお母さんが不安と思うことがあるなら、それだけで小児科を受診していただく十分な理由となります。どんな些細なことでも構いませんので、まずは一度ご相談いただきたいです。

※上記記事は2019年7月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

金井 慎一 院長 MEMO

小児科専門医

  • 出身地:千葉県
  • 趣味:自転車
  • 好きな本:ノンフィクション、小説一般
  • 好きな映画:『もののけ姫』『風立ちぬ』
  • 好きな言葉・座右の銘:生きことは変わることだ
  • 好きな音楽:ロック、ポップス
  • 好きな場所:長野県、沖縄県

グラフで見る『金井 慎一 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION