東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 医師―

三谷 年史 院長/三軒茶屋駅前おなかクリニック(三軒茶屋駅・内科)の院長紹介ページ

三谷 年史 院長

TOSHIFUMI MITANI

お体に負担の少ない内視鏡検査で、定期的な胃腸のチェックと早めの治療を

神戸大学医学部卒業後、同大学病院第二内科に入局。関連病院で一般内科医として、救急、消化器、循環器、呼吸器などを含めた幅広い症状の診療に携り、内視鏡の専門医として虎の門病院で臨床経験を積む。2019年、三軒茶屋駅近くに三軒茶屋駅前おなかクリニックを開院。

三谷 年史 院長

三谷 年史 院長

三軒茶屋駅前おなかクリニック

世田谷区/三軒茶屋/三軒茶屋駅

  • ●内科
  • ●消化器内科
  • ●内視鏡内科
  • ●健診・検診

外科的な治療もできる内視鏡のスペシャリストに

三谷 年史 院長

高校時代、理系が得意で、周りに医師を目指す友人が多かったことと、一番の親友が医師の家系だったことが、この道を志すきっかけになりました。神戸大学医学部卒業後、研修医となり内科を専攻し第二内科に入局。母校の関連病院で一般内科医として、救急、消化器、循環器、呼吸器などを含めた幅広い症状の診療に携り、その後大学院で消化器内科を専門に内視鏡について学びました。当時、内視鏡は検査として一般化し始めた時期で、診断を中心としたそれまでの内科と違い、細い管を身体に一本通すだけで、身体を傷つけることなく病気の確認ができ、早期のガンであれば切除といった外科的な治療ができることに面白みを感じ、内視鏡の専門医として数多くの経験を積んでまいりました。虎の門病院で臨床経験を経て、2019年、三軒茶屋駅近くに三軒茶屋駅前おなかクリニックを開院しました。三軒茶屋は住まいの近くで土地勘があったこと、これまで診療をおこなっていた虎の門病院、虎の門病院分院の中間地点にあり、都心からも近く以前からお付き合いのある患者さんがアクセスしやすい立地にあること、この辺りの地域で内視鏡でお困りの患者さんのお役にたちたいという思いから、こちらでの開院に至りました。

苦痛の少ない胃カメラ検査で、早期発見早期治療を

三谷 年史 院長

当院では内科、消化器内科、内視鏡内科、胃内視鏡検査、大腸内視鏡検査、超音波検査、ピロリ菌検査、健康診断・予防接種、各種検診に対応しており、胃腸に関する診療の中でも、胃カメラや大腸カメラの内視鏡検査を得意としております。以前まで胃ガンは日本人の死因第一位の疾患でしたので、ご家族の中に胃ガンを治療した方や、ご家族を胃ガンで亡くされている方も多くいらっしゃいます。メディアの影響から、胃カメラによる胃ガンの早期発見、早期治療ができるという認識が広まり、胃カメラの相談で受診される方が増えました。当院では、口から管を通すカメラ、鼻から管を通すカメラのどちらにも対応しており、痛みや不快感を気にされる方へは、鼻からの胃カメラをおすすめしています。また麻酔を使用することも可能です。胃カメラ検査は、定期的に検査をおこなうことで、ガンの早期発見の可能性が高まり手術を必要としない治療へと導くことができます。検査がトラウマになり消極的になってしまわないためにも、苦痛が少なく継続可能な検査を受けて頂くことが大切です。近年、カメラ検査の有用性が認められ、区民検診などの各種検診で従来のバリウム検査か、胃カメラ検査を選べるようになり、より身近な検査になりました。胃カメラ検査は年に1度が一般的ですが、ご家族に胃ガンの発症者がいるなどのリスクのある方、不安を抱えている方は半年に1度の検査でも良いと思います。

少しでもリラックスして検査を受けて欲しい

胃カメラや大腸カメラは、全く苦痛を伴わないというのは難しい検査ではありますが、鎮痛剤や鎮静剤の使用なども含めて患者さんが楽に受けて頂けるよう最大限の工夫をおこなっています。例えば、痛みや苦痛を感じやすい個所では、事前にお伝えすることで心構えができますので、医師やスタッフを含め、患者さんとのコミュニケーションを大切にしています。精神的にも、肉体的にも、なるべく患者さんの負担にならない診療を心がけています。

これから受診される患者さんへ

ガンは無症状で進行していき、ある程度進行すると、臓器本来の働きを邪魔するため症状が表面化します。その時には重症化していることが多く、手術や抗ガン剤など体に負担の大きな治療が必要となる可能性が高くなります。胃ガンや大腸ガンに関しては、患者さん自身が普段の生活で気を付けることは難しく、早期に発見するためには定期的に検査をすることが一番の予防になります。その他、消化器系の疾患は、便秘、逆流性食道炎、慢性胃炎など生活習慣に起因する疾患も多く、胃腸の症状でお困りの方への生活指導を含めたアドバイスもおこなっていますので、お気軽にご相談ください。

※上記記事は2019年7月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

三谷 年史 院長 MEMO

総合内科専門医 /消化器病専門医 /消化器内視鏡専門医

  • 出身地:広島県
  • 趣味:旅行、食べ歩き
  • 好きな本:歴史系の本
  • 好きな映画:子供と見る映画
  • 座右の銘:無理をしない(無理をするとミスがでるので、一人では抱え込まないこと)
  • 好きな場所・観光地:北海道、アメリカ

グラフで見る『三谷 年史 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION