東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 医師―

竹久 誠 院長/西かさい駅前耳鼻咽喉科(西葛西駅・耳鼻咽喉科)の院長紹介ページ

竹久 誠 院長

MAKOTO TAKEHISA

安心して受診できる町の相談医として、
皆様の「不快な感覚」を改善するお手伝いを

帝京大学医学部卒業。同大学耳鼻咽喉科学教室に入局。以降、大学病院、市民病院で研鑽を続け、2018年9月に『西かさい駅前耳鼻咽喉科』院長に就任(東京メトロ東西線「西葛西駅」南口より徒歩2分)。

竹久 誠 院長

竹久 誠 院長

西かさい駅前耳鼻咽喉科

江戸川区/西葛西/西葛西駅

  • ●耳鼻咽喉科

子供に関わっていきたいという思いから、耳鼻咽喉科の道に

竹久 誠 院長

小学校の時に初めて読んだマンガが、ブラックジャックでした。お医者さんという存在を知ったのはそれが初めてで、以来、この職業のことがずっと頭に残り、この道を進もうと考えたということなのです。
ブラックジャックは外科医でしたから、当初はそちらに進むことを思い描いていたのですが、大学で医療の実際に触れる中で、その考えが変化しました。私は医師という職業に憧れていましたが、その一方で大好きな子供に関われる仕事にも興味を抱いていました。外科ではどうしても対象が大人ということになりますが、その点、耳鼻咽喉科はお子さんはもちろんのこと、あらゆる方が対象となります。加えて、外科的な要素と内科的な要素を併せ持つ科ということにも魅力を感じ、この分野に身を投じることにしたのです。
『西かさい駅前耳鼻咽喉科』は、2018年9月に『かさい駅前耳鼻咽喉科』の分院として開院いたしました。本院の吉弘純弥先生とは部活の先輩後輩という間柄にあり、医局の先輩後輩という関係でもあります。先生のひととなりや医療に対する情熱は兼ねてから尊敬しておりました。その先生から「地域医療に貢献してみないか」と誘われたことで、一も二もなく応じさせていただいたということなのです。

あらゆる方に安心して治療に臨んでいただけるように

竹久 誠 院長

地域柄、お子さんが非常に多いのですが、子供を診る際はできるだけ時間を掛け、信頼関係を築いた上で診察するように心掛けています。まずは、「今日は何をしてたの?」という雑談から始まり、診察に使う道具を見せ、触ってもらい、「痛くない」ということを理解してもらった上で診るようにしています。何をされるかわからないという不安が恐怖に変わります。私自身、怖がりなものですから、「自分であればこうしてもらいたい」ということを常に念頭において診察に取り組んでいきたいと考えています。

耳鼻咽喉科に限ったことではなく、医療施設は決して居心地の良い場所ではないかと思われますが、院内はブルーを基調としたカラーで統一し、少しでもお気持ちが和らぐよう配慮しています。また、柔らかいマットを敷き詰めたキッズスペースには様々な絵本を取り揃え、車椅子やベビーカーでそのまま入っていただけるトイレにはオムツ換えのベッドも用意してあり、駅前という立地を考慮し、駐輪場も整備いたしました。お子さんはもちろんのこと、あらゆる世代の方に優しいクリニックを目指していきます。

横になってリラックスした状態で診れる手術用顕微鏡を用いた耳の診察が特徴

竹久 誠 院長

耳・鼻・のどに関するあらゆるものを拝見させていただこうと思っておりますが、クリニックの特徴としてまずあげられるのが、手術用顕微鏡を用いた耳の診察ということになります。耳の様子は肉眼でもある程度診ることは可能ですが、ベッドに横になっていただき、顕微鏡を使うことでより精細に状態を観察することが可能になります。特にお子さんの耳は顕微鏡レベルでなければわからないことも多いものですから、しっかりと観察できるメリットは大きいと考えています。
また当院では、細い径の鼻咽腔ファイバーを用いた鼻の診察もおこなっています。顕微鏡やファイバーによる診察では、患者さんと一緒に画像を見ながら進めていきます。先ほどもお話ししましたが、何をされてるのかわからないという状態が、不安や恐怖につながっていくものです。“見える診療”を心掛け、患者さんの不安を取り除き、子供に関しては自信をつけてもらえる治療を心がけています。

耳あかの処置はお気軽に耳鼻咽喉科で

特に小さなお子さんは中耳炎になりやすい傾向がありますので、そこは注意して診ていきたい部分になります。またそれに関連するものとして、耳あかの処置はしっかりおこなっていきたいですね。
子供は何かの拍子に動いてしまうものです。耳あかをとる際に動いてしまいますと、鼓膜が破けてしまったり、皮膚を傷つけて出血する可能性があります。ベッドに横になってもらい、全身を固定することでそうしたリスクを回避することが可能になります。また耳あかがありますと、小児科さんの診察で不都合が生じることもありますので、小児科さんで診やすいよう耳あかをとっておくというのも、私たちの役割だと認識しています。
小さければ小さいほど代謝が活発で、耳あかはたまりやすくなります。乳幼児だと1ヶ月、幼稚園児や小学校低学年であれば、2、3ヶ月が目安ということになるでしょう。大人の方もしかりですが、耳掃除をご自身でされている場合、ついついやりすぎてしまい、外耳炎になっている傾向が見られます。特にお子さんの場合、万一のことがないよう、耳鼻咽喉科で処置をお願いした方がよろしいかと思います。

これから受診される患者さんへ

風邪などの疾患では、小児科さんと耳鼻咽喉科、どちらに行けばいいのか迷われることがあろうかと思われます。私個人の見解としては、鼻水があると咳や中耳炎の原因になることもありますし、鼻が詰まると口呼吸になり、生活の質が下がるということもありますので、鼻の調子が悪い時は、耳鼻咽喉科での処置をまずお考えいただければと思います。もちろん、その先のことについては、適切な時期にしかるべきところにご紹介させていただきますので、ご安心ください。
『西かさい駅前耳鼻咽喉科』では、お子様にもわかりやすい説明と丁寧な診療を心がけています。めまいを含む耳・鼻・のどの疾患について幅広く専門的に診させていただきますので、何か不安なこと、疑問等ありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

※上記記事は2018年9月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

竹久 誠 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:サッカー、フットサル、スニーカー収集
  • 好きな作家:藤城清治
  • 好きな映画:『レ・ミゼラブル』『タイタニック』
  • 座右の銘:「為せば成る為さねばならぬ何事も」
  • 好きなアーティスト:MISIA、ゆず
  • 好きな観光地:台湾

グラフで見る『竹久 誠 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION