東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 医師―

梅澤 裕美 院長/ひろみ皮フ科クリニック(経堂駅・皮膚科)の院長紹介ページ

梅澤 裕美 院長

HIROMI UMEZAWA

経堂駅南口から徒歩2分の皮膚科クリニック。皮膚・髪・爪でお困りのこと、ぜひお気軽にご相談を

佐賀大学医学部医学科卒業。虎の門病院内科レジデントを務め、東京大学医学部皮膚科学教室に入局。2018年に『ひろみ皮フ科クリニック』を開院(小田急小田原線「経堂駅」南口から徒歩2分)。

梅澤 裕美 院長

梅澤 裕美 院長

ひろみ皮フ科クリニック

世田谷区/宮坂/経堂駅

  • ●皮膚科
  • ●小児皮膚科
  • ●小児皮膚科
  • ●形成外科
  • ●形成外科
  • ●美容皮膚科
  • ●美容皮膚科
  • ●アレルギー科
  • ●アレルギー科

小さなお子様からご高齢の方まで、あらゆる方に頼りに思ってもらえるクリニックに

梅澤 裕美 院長

皮膚科はご高齢の方から小さなお子様まで、幅広い層の方々に関われる診療科です。その内容も、内科的な要素もあれば手術もあって幅広く、興味が尽きないところに惹かれました。また、皮膚科の特徴的なこととして、見た目で診断がつくことが多いことがあげられますね。患者さんご自身も良くなっていることが目に見えてわかることが、医師としてのやりがいにつながると考えたのです。大学病院や関連病院で研修後、地域の医療に貢献できる形を求めて、2018年にそれまで診療されていた『皮フ科新妻医院』を引き継ぐ形で『ひろみ皮フ科クリニック』は開院いたしました。実際開院してみますと、上は100歳を超えた方から、下は生後1ヶ月の赤ちゃんまで、本当に幅広い層の方々にご来院いただいています。

おひとりおひとりに合わせた治療を

梅澤 裕美 院長

出来る限り患者さんのご希望に沿う診療を心がけています。皮膚科では、治療に塗り薬が使われることが多いのですが、ご自分でお薬を塗っていただかなくてはなりません。べとつくのが気にならない方もいらっしゃれば、「塗りにくいので、もっとべとつかないものを」と希望される方もおられますから、それを考慮していく必要があります。同じ成分であっても、配合が変わることで質感は変わりますし、効果も変わってきます。その辺りは教科書などにはあまり詳しくは書かれていないのですが、臨床を積み重ねていくうちにわかってきた部分があります。どうしたらご自宅で適切なケアをして頂けるのか、ということを常に考えていきたいですね。それから、治療の目処をお伝えし、ご納得いただいてからお薬を処方するようにしています。例えば、皮膚科ではステロイド外用剤を使うことが多いのですが、同じ強さのお薬をずっと使い続けるというのではなく、1週間で処方したお薬を使い切ってもらい、次はこのお薬になりますよ、といったようにですね。いつ良くなるのか、それをどの程度使っていくのかをお示しすることで、治療への意欲を高めていただけると考えています。

粉瘤や巻き爪の根治的治療も提供

梅澤 裕美 院長

当クリニックでは粉瘤(ふんりゅう)のくり抜き法と呼ばれる施術をおこなっています。粉瘤とは、皮膚の下に袋ができ、その袋の中に皮脂や角質がたまっていく良性の皮膚腫瘍です。もともと痛みは伴わないことが多いのですが、袋が破れ、中にたまったものが皮膚の下に漏れ出ることにより炎症がおき、腫れや痛みが出ることがあります。ひどくなると膿がどんどんたまっていき、大きく腫れることもあります。従来の粉瘤の根治的手術は、炎症していない時期におこなうものですが、炎症してしまっても可能なのがくり抜き法の利点ということになります。早い時期に手術をするのがベターですけれど、今まさに炎症が起こってお困りの方もご相談いただければと思います。手技としておこなっているものに、VHO巻き爪矯正法があります。ワイヤーを使う巻き爪の矯正法はVHO以外にもいくつかありますが、一般的なものでは爪がある程度伸びていないと施術ができません。ところが、巻き爪の方は総じて爪を短く切っておられることが多いのです。爪が短い状態でも治療を受けられるのがVHOの優れた点になります。麻酔を使う必要もなく、大掛かりな手技ではありませんが、もともと手を使うことが好きなこともありますし、すぐに効果が出る治療の選択肢として、今後も研鑽を続けていきたいと考えています。

幅広いニーズにお応えできるクリニックに

当クリニックは保険診療を中心に、アトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎といった慢性疾患から、季節性の疾患まで幅広く診療しています。先ほどご紹介したVHO巻き爪矯正法は自由診療となりますが、そのほかにもいくつか自由診療の選択肢をご用意しています。例えば、シミ治療に効果的な塗り薬のトレチノイン・ハイドロキノンがそうですね。シミをレーザーなどではなく、お家で治したいという方もたくさんいらっしゃいます。このお薬は費用もお手頃ですし、それでいて効果が高いものですから、多くの方が続けて利用されています。ピーリングやIPL治療も自由診療の一環となりますが、保険診療を中心としていきながら、幅広いニーズにもしっかり応えていけるようにと考えています。

これから受診される患者さんへ

幸いにもスタッフに恵まれ、しっかりとコミュニケーションがとれているように思っています。診療の質はもちろん大事ですが、それ以外の面でも患者さんが安心できるクリニックでありたいのです。何か気になることがあればすぐさま打ち明けてもらえるような、良い雰囲気のクリニックが目標です。末長く皆さんに頼りにしていただけるよう努めてまいりますので、皮膚はもちろん、髪や爪でお困りのことがあれば、どうぞお気軽にご相談ください。

※上記記事は2020年10月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

梅澤 裕美 院長 MEMO

皮膚科専門医

グラフで見る『梅澤 裕美 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION