東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

赤羽耳鼻咽喉科クリニック

北区/赤羽西/赤羽駅

  • 耳鼻咽喉科
  • 小児耳鼻咽喉科
  • アレルギー科
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
患者の
お知らせ WEB
予約
オンライン
診療
電話 03-3908-3311
所在地 東京都北区赤羽西1-15-14 エル・ルージュ赤羽西401号室
最寄駅 赤羽駅
駐車場 近隣にコインパーキングあり
WEB https://akabanejibi.com
休診日 水曜・土曜午後・日曜・祝日
診療時間 9:00〜12:00 16:00〜19:00
特徴
  • ●男性医師
  • ●女性医師
  • ●WEB予約
  • ●内視鏡検査
  • ●いびき外来
  • ●禁煙外来
  • ●ピアス穴あけ
  • ●男性型脱毛症(発毛治療)
  • ●近赤外線治療(スーパーライザー)
池田 尚弘 院長

NAOHIRO IKEDA

池田 尚弘 院長

耳鼻咽喉科専門医

やさしさと思いやりの精神を忘れず、患者さんのためになる医療を提供

◆赤羽駅から徒歩1分!最新機器を揃え、ニーズに合わせた提案をおこないます◆

『赤羽耳鼻咽喉科クリニック』では、プライマリーケアドクターとして、診療所内で可能な治療をしっかりおこない、更に必要に応じてそれぞれの疾患を得意とする病院に紹介させていただき、スムースな治療のお手伝いもしております。

診察にあたっては『患者様の立場に立つ』医療を目指し、やさしさと思いやりの精神を忘れずに、医師と患者様を対等な立場と考えて敬意を持って患者様に接する様に心がけています。

また当院では、「近赤外線治療(スーパーライザー)」もおこなっています。「近赤外線治療(スーパーライザー)」とは星状神経節に近赤外線を照射し、ストレスからくる色々な痛みを和らげる治療で、多くの病気に治療効果を発揮します。
単純に耳・鼻・喉の単独症状のみならず、風邪等の疾患も扱っていますので、お体のお悩みがありましたら、まずはお気軽にご相談ください。

★WEB予約はこちら
★症状・病名から調べる耳鼻咽喉科の病気はこちら

池田 尚弘 院長への独自インタビュー

誰かの役に立ちたいという思いのために

私は両親ともに医師という家庭に育ちました。この道を志すにあたって、その影響が少なからずあったと思います。ただ実際に長年この仕事をしてみて、思いやりと良心と情熱を持ち人の役に立つことを考えていれば結果は出る。改めて本当に良い仕事だなと感じています。
大学卒業後は母校の耳鼻咽喉科に籍を置きました。耳鼻咽喉科は、耳・鼻・喉という専門分野を中心に、風邪をはじめ、眩暈の方や入院患者さんには癌の方も多く全身を診ていくことも求められます。その診療範囲の幅広さに加え、外科系でありながら、内科的な疾患も多く、そんなころに興味を抱き耳鼻咽喉科に進みました。
そうして2010年に前院長より当クリニックの院長を引き継いだ形になります。赤羽という地域柄もあって、患者様は小さなお子さんから会社帰りの働き盛りの方やご高齢の方まで、幅広い層の方が来院されます。

患者さんのニーズにできるだけ沿えるように

自分や自分の家族が同じ症状になった時に、「こんなことをしてあげたい」ということを患者さんにも提案してあげられる様に心掛けています。
しかし、治療方針の決定には患者さんの選択肢が入る余地があります。感冒でも薬をしっかり処方してなるべく通院回数を少なくしたい方、また薬を少なめに希望される方、アレルギー性鼻炎でも効果を第一に強めのお薬を希望される方や、仕事や受験等で眠気が困ると弱めのお薬を希望される方、舌下免疫療法等で体質を変えたい方やレーザー手術を望まれる方もいらっしゃいます。患者様によって望まれるものは異なりますから人によって治療の正解は異なると考えていて、できる限りニーズに合わせた提案を行っていきたいと思っています。
ただし、ここで大事なのは医療上の常識を踏まえた方法を御提案させて頂くことです。ニーズがあっても、その先に不利益が伴うのであれば、しっかりとお伝えしなくてはなりません。医療に携わるものの責任を持った上で、より良い方向に導いていくことが私達には求められると考えています。

続きを読む→

北区赤羽西1-15-14 エル・ルージュ赤羽西401号室

赤羽駅

赤羽駅南口出口からの徒歩ルート

所要時間(当社調べ):2分16秒

グラフで見る『池田 尚弘 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より