東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

秦 政輝 院長

MASAKI HATA

男女3名の専門医が連携しながら
お1人お1人に最善の医療を提供する

順天堂大学医学部を卒業後、研修を経て同大学の下部消化管外科学講座へ。大腸がんをはじめとした消化器疾患の診療、研究にあたるほか、米・ハワイ大学への留学を経験。大学病院や総合病院で経験を重ね、『はたクリニック』の院長に就任。

秦 政輝 院長

秦 政輝 院長

はたクリニック

練馬区/中村南/都立家政駅

  • ●消化器内科
  • ●内科
  • ●外科
  • ●肛門科
  • ●眼科
  • ●眼科
  • ●脳神経外科
  • ●脳神経外科
  • ●脳神経内科
  • ●脳神経内科
  • ●整形外科
  • ●整形外科

父の背中を追って医師になり、消化器外科を専門に研鑽を積む

秦 政輝 院長

脳神経外科医の父は、今の私と同じ年齢のときに『秦脳神経外科』を開設しました。私は開業医の息子として育ち、ずっと父の背中を見てきたものですから、いつの間にか「医師になる」ことを心に決めていた気がします。父と同じ順天堂大学に学び、卒業後は外科での研修を希望しました。中でも私がいちばん興味をもったのが「消化器外科」の分野で、大腸や肛門の疾患を中心に診療する「下部消化管外科学講座」に在籍し、経験を重ねていきました。
大学病院では、大腸がんの治療であったり、内視鏡を使ったポリープ切除であったり、さまざまな症例に携わってスキルを磨くほか、研究にも従事して博士号を取得しました。また、2年にわたって米・ハワイ大学に留学したことで、日本と欧米の医療システムの違いに触れるなど、貴重な経験をすることができたと思います。帰国後は、大学病院や関連病院で診療を続ける中で、開業に向けて自らの知識や経験、技術力を高めてきました。

消化器内科・眼科・脳神経外科、男女3名の専門医が在籍して質の高い医療を提供

秦 政輝 院長

私たち姉弟にとって憧れの存在だった父の背中を追って、姉は眼科の専門医に、私は消化器の専門医になりました。私たち姉妹には、年齢を重ねていく父と一緒に診療していきたいという気持ちが強くありまして、このたび家族3人揃って、それぞれに協力しながら、地域の皆様の健康をサポートしていく体制を整えました。1982年に父が開設した『秦脳神経外科』を『はたクリニック』と改め、父の専門分野である脳神経外科に加えて、眼科と消化器内科を標榜して、地域に根差した「かかりつけ医」になることを目指します。
脳神経外科と眼科で診る疾患はリンクする部分が大きいですし、糖尿病をはじめとした内科的な疾患が眼科の症状を引き起こすケースも多くあります。1つのクリニックの中に、消化器内科、眼科、脳神経外科それぞれの専門医が在籍し、1人の患者さんをトータルに診療できることは非常にメリットが大きいですし、当院ならではの大きな特徴だと言えるでしょう。地域の方々が体調に不安を感じたとき、まず「はたクリニックに行ってみよう」と思っていただけるような、安心の医療をご提供していきたいと思います。

高品位な医療機器を備えて、患者さんの健康維持・増進をサポート

秦 政輝 院長

地域に根差した「かかりつけ医」として質の高い医療を実践していくため、開設にあたってはCT診断装置や各種内視鏡、眼科の検査機器など、高品位な医療機器を導入しました。とくに私が専門とする消化器内視鏡検査は、苦手意識をお持ちの方が多くいらっしゃいます。そのため、胃内視鏡は細径スコープを使用し鼻から挿入する経鼻内視鏡をご用意しました。また、院内にはリカバリールームも備えておりますので、適度に鎮静剤を使用して、眠ったような状態で検査を受けていただくことも可能です。また大腸内視鏡は最新式の細くて硬さを変化できる内視鏡を使用し、患者さんに苦痛のない挿入方法を行い病気の早期発見・早期治療につなげていきたいと思います。
胃がん・大腸がんは、ともに死亡率の上位を占める病気です。当院では、患者さんのご希望にあわせて苦痛のない内視鏡検査をご提供するほか、胃の内視鏡と大腸の内視鏡を同時におこなうことも可能です。40歳を過ぎた方には、ぜひ一度検査を受けることをおすすめしたいですし、生活習慣病の予防を並行しておこなうことで、健康な体を維持するためのお手伝いをしていきたいですね。

患者さんの背景にあるものまでを把握して、お1人お1人に最善の医療を

今の医療には「ガイドライン」というものがあって、この病気にはどんな治療をすれば良いか、診療にまつわる指針のようなものが定められているんですね。とは言え、病気の重症度もそれぞれ違いますし、患者さんの生活環境や社会的な立場、年齢や性別なども異なりますから、誰にでも同じ治療をすれば良いというわけではありません。最先端の医療がその方にとってベストであるとも限りませんし、できるなら手術をしたくないと考える方もいらっしゃるでしょう。
私たち医師は、医療のプロではありますけれど、私たちの手で病気を「治す」わけではありません。私たちはあくまでも、患者さんが「治るためのサポート」をするのだと、そんな考えのもとに日々の診療にあたっています。診察をした結果、こういう病気の可能性があって、治療法としてはA、B、Cと3つの方法が考えられますよ、という感じにご説明をして。治療にまつわる全ての情報をお伝えすることによって、患者さんご自身が正しい判断をされるようにサポートするわけです。もちろん、時には父や姉とも意見を交わしながら、お1人お1人に寄り添った診療を心がけていきたいと思います。

これから受診される患者さんへ

『はたクリニック』は練馬区中村の住宅地にございますので、ご来院の際には西武池袋線「練馬駅」からバスをご利用ください。また、クリニック横には駐車場もございますので、お車の場合はこちらをご利用ください。駅からすぐ、という立地ではない分、地域に根差した「かかりつけ医」として、きめ細やかな医療をご提供できるものと思います。地域の皆様の最初の窓口となって、お1人お1人を最善の医療につなげるお手伝いをさせていただきますので、何か気になる症状がございましたら、お気軽にご相談いただきたいと思います。

※上記記事は2017年9月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

秦 政輝 院長 MEMO

消化器病専門医 /消化器外科専門医 /大腸肛門病専門医 /消化器内視鏡専門医 /その他

  • 出身地:東京都
  • 趣味&特技:サッカー、映画鑑賞、読書
  • 好きな本:サスペンス、ミステリー
  • 好きな映画:スタンド・バイ・ミー
  • 好きな場所:海
  • 好きな言葉 座右の銘:名医たらずとも良医たれ

グラフで見る『秦 政輝 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION