東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 医師―

山根 明子 院長/池袋大久保医院(池袋駅・内科)の院長紹介ページ

山根 明子 院長

AKIKO YAMANE

女性医師として、循環器専門医として
地域に暮らす人々の健康を見守っていく

筑波大学医学専門学群卒業後、循環器内科を専門に研鑽を積む。大学病院や総合病院で経験を重ね、『池袋大久保医院』院長に就任。循環器専門医/総合内科専門医

山根 明子 院長

山根 明子 院長

池袋大久保医院

豊島区/西池袋/池袋駅

  • ●内科
  • ●循環器内科
  • ●糖尿病内科
  • ●代謝内科
  • ●訪問診療

最期まで力を尽くせる「医師」を目指して

山根 明子 院長

この建物は以前、入院施設を備えた病院でした。当時は、父と叔父が診療にあたっていて、まだ小さかった私は待合室で遊んだり(笑)、近しい親類をここで看取ることもありました。やがて成長して高校生になる頃には、大好きだった祖父母が相次いで亡くなったのですが、このときに私は、「何もしないで見ているよりも、自分も最期まで力を尽くしたい」と思ったのです。身近な誰かの役に立つことの出来る医師を目指して筑波大学医学専門学群に進学し、卒業後は慶応義塾大学の呼吸循環器内科に籍を置き、研鑽を積みました。その後、首都圏各地の中核病院で診療にあたり、出産や子育てなどを経験して、こちらで診療するようになったのは2004年頃だったでしょうか。現在は父の後を引き継いで院長になり、地域のみなさまの健康をサポートしています。

開業から半世紀、地域に根ざした診療を続ける

山根 明子 院長

当院の開業は1972(昭和47)年でしたから、この場所で診療を続けてもうすぐ50年になるでしょうか。この街の移り変わりをずっと見てきた感じですね(笑)。祖父は、池袋で長く果物屋を営み「わが街にも医療機関を」と考えて、息子2人を説得して呼び寄せたと聞いています。
十数年前に私がこちらに戻るのに合わせて「病院」から「クリニック」へとリニューアルして、現在は外来診療のほかに各種健康診断、予防接種などさまざまなニーズに対応しています。私の専門分野は「循環器」ということになりますが、地域のかかりつけ医としては、患者さんの全身をみて、お1人お1人に適切な医療をご提供することが大事になります。今あらわれている症状だけでなく、患者さんのお仕事や生活スタイルなどについても伺って、その方にとっていちばん良い治療をご提案したいと思っています。

地域住民の「保健室」として、幅広い症状に対応

山根 明子 院長

来院される患者さんは、近隣のオフィスにお勤めの方、このエリアにお住まいの方などさまざまです。会社のお昼休みに受診なさる方がいらしたり、新しく建ったマンションから足を運んでくださる方がいらしたり。「風邪で体調がすぐれない」「血圧のお薬を」と、いろいろなご相談が舞い込むという点では、会社や地域の「保健室」といった感じでしょうか。何か困ったとき、いつでも気軽に足を運べるという意味では、「コンビニ」と似ているところがあるかもしれませんね(笑)。
毎日診療していて嬉しいのは、患者さんからいただく感謝の言葉です。いろいろな検査をして原因がわかって「あぁ良かった」と安心してくださったり、「おかげさまで良くなりました」と報告してくださったり。私にお礼を言うためだけに顔を見せてくださる患者さんもいらして、本当にありがたいことだと思っています(笑)。こんな風にアットホームな雰囲気で診療していますから、もし受診の間隔がすこし空いてしまっても、どうか気になさらずにお越しください。きちんとお薬を飲んでいただかないと、症状が悪化するのではないかと心配になりますけれど、治療を完全に止めてしまうことの方がもっと心配です。患者さんとゆっくり向き合い、長くお付き合いしたいと考えておりますので、どんなことでもご相談いただきたいと思います。

循環器専門医による「女性動悸外来」とは

大学病院など規模の大きな病院で診療していた当時は、どうしても患者さん1人にかけられる時間に限りがありました。そうした経験をふまえて開業医になった今、みなさまのお役に立てていると実感できるのが「女性動悸外来」です。胸がドキドキするなどの症状があって、「心臓の病気かしら?」とご心配の女性の方も多いのではないでしょうか。こうした動悸や胸の痛みは、問題のないケースも多いのですが、ただ「大丈夫です」と言われただけで、患者さんの不安が消えるわけではありません。とくに女性の場合は、更年期やホルモンバランスが動悸に関係していることもありますし、「もわっとする」「ふわっとする」など女性特有の豊かな表現は逆に医療機関では理解されにくい面もあります。
当院では、循環器専門医である私が診療を担当し、丁寧な問診や検査を経て、症状を正しく診断いたします。最近は、インターネットで検索してお越しになる方も増えていますが、検査の結果をもとに詳しく説明することにより不安から解放されることもあります。また、治療が必要な不整脈であることが判明し大学病院を紹介することもあります。もしも動悸や胸の痛みを感じて悩んでいるようなことがありましたら、ぜひご相談いただきたいと思います。

これから受診される患者さんへ

『池袋大久保医院』は、「池袋駅」北口から歩いて2分ほどの場所にあります。交通の便のよい場所ですのでお気軽にお越し下さい。
会社にお勤めの方は、年に1度健康診断を受けられると思いますが、検査結果の通知をそのままにするのではなく、その結果を「どう生かすか」がとても大切です。せっかく得た医学的な情報を、ご自分の健康維持・増進に活用して下さい。当院でそのお手伝いをさせていただけたらと思います。

※上記記事は2019年4月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

山根 明子 院長 MEMO

総合内科専門医 /循環器専門医

  • 出身地:東京都
  • 趣味:ママさんバレー
  • 好きな本・作家:「思考の整理学」外山 滋比古
  • 好きな映画:I am Sam
  • 好きな言葉・座右の銘:星の王子様(サンテグジュペリ)「いちばん大切なものは、目に見えないんだ」
  • 好きな音楽・アーティスト:バッハ
  • 好きな場所・観光地:横須賀の祖母の家

グラフで見る『山根 明子 院長』のタイプ

エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION