東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 医師―

佐藤 元 院長/さとう内科医院(上石神井駅・内科)の院長紹介ページ

佐藤 元 院長

HAJIME SATO

初心忘れるべからず。
当たり前のことを大切に、安心の医療を提供

日本大学医学部を卒業後、循環器内科を専門に研鑽を積む。東京逓信病院、国立循環器病研究センターなどで経験を重ね、練馬区石神井台に開業。

佐藤 元 院長

佐藤 元 院長

さとう内科医院

練馬区/石神井台/上石神井駅

  • ●内科
  • ●循環器内科

身近な人を見送った体験から医師を志し、循環器内科を専門に研鑽を積む

佐藤 元 院長

私は、幼少の頃から祖母や叔母と一緒に住んでいたのですが、中学から高校にかけて、2人を続けて亡くしてしまったんですね。自分のまわりに医療関係者がいたわけではなかったのですけれど、「身近な人を救いたい」という気持ちがきっかけになって、医師を志すようになりました。
大学卒業後は、患者さんの全身を診られる内科を志望し、心臓や血管の病気を専門的に診る「循環器内科」を中心にスキルを磨きました。病棟業務から外来診療、カテーテル検査や治療など幅広い症例に携わるほか、将来的な開業を見据えて訪問診療に携わった時期もありました。そうして培った知識や経験を、地域の中で役立てて行きたいと考え、2015年に『さとう内科医院』を開設しました。

地域に根差した「かかりつけ医」として、安心の医療を提供

佐藤 元 院長

私の実家は都内でも西の方で、この辺りは以前から馴染みのある場所だったんですよね。ですから、身近にいる人たちを助けたい、地域に根差して診療していきたいと考えていた私にとっては、まさに理想的なエリアだったと言いますか(笑)。駅から少し離れた住宅地に、ちょうどクリニックモールが開設するタイミングにご縁があって、本当に嬉しく思っているんです。
来院される患者さんは、やはり地域にお住いの方々が中心で、どちらかと言うと、ご高齢の患者さんが多いでしょうか。当院では、地域のみなさまの「かかりつけ医」として内科全般を幅広く診療するほか、私の専門分野である心臓や血管の病気については、地域の中にありながらも質の高い医療を提供したいと考えています。「何科にかかったらいいかな?」と迷ってしまう症状も、気軽にご相談いただければと思います。

木のぬくもりを感じるリラックス空間で、専門性の高い診療を

佐藤 元 院長

体の不調や不安なお気持ちを抱えて来院される患者さんに、少しでもリラックスしてお過ごしいただけるように。院内は、清潔感のある白をベースに、心が癒されるグリーンや、木のぬくもりを取り入れました。一方、医療機器としては、心臓や腹部の超音波検査やレントゲン、心電図、24時間ホルター心電図など、ひと通りの検査ができる設備を整えているほか、心臓にストレスを与えて測定する「運動負荷試験(エルゴメータ)」を導入しています。
たとえば、胸の痛みや息切れといった症状を訴える患者さんがいらしたとして。受診された時にはすでに症状が落ち着いていたり、検査をしても数値に異常がみられないというのは、あり得ることなんですね。そこで、トレーニングジムに置いてある様な自転車という運動で実際に心臓に負荷をかけ、症状や心電図、体の酸素の値を観察し狭心症や不整脈、肺疾患が隠れていないかを診断しようというのが、この「運動負荷試験」なんです。耳慣れない検査かもしれませんが、やはり自分の専門分野については、責任をもって診療にあたりたいと思っています。

初心忘れるべからず、当たり前のことを大切に

私が医師になってからこれまで、さまざまな症例に携わり、たくさんの患者さんとお付き合いさせていただきました。治療をして患者さんが良くなって、「ありがとう」と声をかけてくださることがあったり、私が担当を離れた後も、その後の経過をお知らせくださったり。そんなときは本当に安心しますし、医師として心から嬉しく思います。
患者さん1人1人に寄り添って診療していくため、日々大切にしているのは、親身になってお話を聞くということでしょうか。これからも、患者さんと会話しながら、適切な医療を行っていきたいと思っています。初心忘れるべからず、ではないですけれど。医師になることを決めたときの想い、開業したときの想いというのは、これから先もずっと忘れずに診療していきたいと思います。

これから受診される患者さんへ

『さとう内科医院』は、西武新宿線「武蔵関駅」から徒歩15分、石神井台クリニックモールの1階で診療しています。私が内科医をめざしたのは、1人の患者さんをしっかり診たいと考えたためでした。今は、診療科が細分化されていて、「何科にかかったらいいかな?」と迷われることもあるでしょう。そんなとき、まずご相談いただくことで、お1人お1人を最適な医療につなげることができるかと思います。
ここでできる治療については、責任をもって担当いたしますし、もしも他の医療機関が適しているのであれば、ご紹介させていただくこともあると思います。地域に根差した「かかりつけ医」として、責任をもって治療にあたりたいと考えていますので、何かお困りのときには気軽にご相談いただきたいと思います。

※上記記事は2017年12月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

佐藤 元 院長 MEMO

循環器専門医

  • 趣味・特技:野球、フットサル
  • 好きな言葉・座右の銘:初心忘れるべからず
  • 好きな映画:北の国から
  • 好きな音楽・アーティスト:Sweetbox、Mr.Children
  • 好きな場所・観光地:沖縄

グラフで見る『佐藤 元 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION