東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 医師―

小島 淳 先生/医療法人社団 こじま内科(中野駅・内科)の院長紹介ページ

小島 淳 先生

JUN KOJIMA

地域に根差した「かかりつけ医」として
呼吸器内科を中心に、安心の医療を提供

東京慈恵会医科大学卒業。呼吸器内科を専門にし、大学病院を中心に経験を重ねる。呼吸器専門医・指導医/総合内科専門医。

小島 淳 先生

小島 淳 先生

医療法人社団 こじま内科

杉並区/高円寺南/中野駅

  • ●内科
  • ●呼吸器内科
  • ●小児科
  • ●アレルギー科
  • ●訪問診療

「人」と「人」として向き合える内科医として研鑽を積む

小島 淳 先生

理事長である父の姿を見て育ちましたから、子供の頃から知らず知らずのうちに、診療風景などを見ていたのでしょう。私としては「父と同じ道を選んだ」という感覚はありませんけれど、何か人と触れあえる仕事をしたいと考えるうちに、医師という職業が残ったという感じがします。
医学部というと理系のイメージがありますけれど、もともと私は文系気質でした。ですから、最初からブラックジャックのような外科医には興味がなくて(笑)、患者さんとたくさんお話をして、さまざまな情報の中から症状を見極める「内科医」になったわけです。

呼吸器内科を中心に、安心の医療を提供

小島 淳 先生

東京慈恵会医科大学を卒業した後、研修医として各科を経験するなかで、自分の専門に選んだのが呼吸器でした。国立国際医療研究センターに在籍した2年間は、本当に貴重な経験をさせていただきましたし、その後も母校の大学病院で12年あまり経験を重ねました。呼吸器内科で診療するのは、感染症やアレルギー、膠原病、肺がんなどさまざまな疾患があります。そのため、内科全般を診られるスキルを大学病院で勉強させて頂いたのは強みだと思っています。
大学病院を退き、私が『こじま内科』の一員になったのは2016年でした。それまでは呼吸器内科を専門に診療していたわけですけれど、地域のかかりつけ医であるからには、「専門分野ではないので診られません」ということがあってはいけません。こちらに戻る前には小児科などもひと通り経験して、今も日々勉強という気持ちで診療にあたっています。

開業から40年あまり、地域に根差した診療を続ける

小島 淳 先生

『こじま内科』は院長である父が開設し、この地域で診療を続けて40年ほどになります。来院される患者さんは0歳の赤ちゃんから90歳を過ぎたご高齢の方まで、2世代、3世代にわたるお付き合いというケースも少なくありません。また、私が診療に加わるようになってからは、呼吸器の専門医であることを調べてお越しになる方も増えていて、地域の中で専門性の高い診療をおこなっていることも強みになっていると感じます。
地域の中で長く診療をしておりますと、患者さんの中にもご高齢の方が増えてきました。以前から通っていらした患者さんが、診療所まで足を運ぶのが難しくなるといったケースも少なくないんですね。そのため当院では、お昼休みの限られた時間ではありますけれど、出来る限り訪問診療にも対応して、地域に暮らす方々を支えていきたいと考えています。もしもお困りのことがございましたら、ご相談いただければと思います。

患者さんの話に耳を傾け、不安が安心に変わる診療を

診察の際に大事にするのは、とにかく患者さんとよくお話をすることです。自分でも本当によく喋るなぁと思うのですけれど(笑)、正しい診断をするためには患者さんにお話しいただかないことには始まらないと言いますか、それほど患者さんからいただく情報は大事なものなんです。とくに話しやすい雰囲気づくりを意識しているわけではありませんが、患者さんから話を引き出すという意味では、文系気質なところが役立っているかもしれませんね(笑)。
もちろん、患者さんのお話にしっかり耳を傾けるだけではなく、私からもさまざまな情報を提供します。検査結果などをご一緒に確認するというのはもちろん、おおよその見通しを立てることによって、患者さんに不安なくお帰りいただきたいと思っています。「病は気から」と言われるように、不安な気持ちのままでは良くなる病気も良くなりませんからね。患者さんの不安が安心に変わるように、私なりに心配りをしていきたいと思います。

これから受診される患者さんへ

『こじま内科』は、「中野駅」南口から歩いて6分ほどの場所にあります。医院横には2台分の駐車スペースをご用意しておりますので、お車の方はこちらをご利用ください。
私の専門である呼吸器疾患についてお話しすると、最近はアレルギー性の咳である咳喘息(せきぜんそく)の患者さんが増えてきたように思います。また、久しぶりにエアコンをつけてホコリを吸い込んでしまい、アレルギー性の咳にお悩みの方が多いですね。こうした疾患はそれぞれに適切な治療をしなければ、症状が改善することは期待できません。風邪による咳なのか、アレルギー性の咳である咳喘息なのか、正しく見極めることが大事になるんですね。ですから、もしも2週間以上も咳が続いていたり、風邪をひいた後で咳だけが長引いているようでしたら、一度専門医を受診してみることをおすすめします。

※上記記事は2018年12月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

小島 淳 先生 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:ランニング、第九合唱、ブルース
  • 好きな作家:三浦しをん、沢木耕太郎
  • 好きな言葉・座右の銘:継続は力なり
  • 好きなアーティスト:エリック・クラプトン
  • 好きな場所:長崎

CLINIC INFORMATION