東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 医師―

片岡 喜直 院長/晴海クリニック(勝どき駅・内科)の院長紹介ページ

片岡 喜直 院長

YOSHINAO KATAOKA

内科から外科、禁煙治療まで、
専門のドクターが健康管理のお手伝い

昭和大学医学部卒業後、昭和大学附属豊洲病院、石川島記念病院にて経験を積み、2018年より晴海クリニックの院長に就任(都営大江戸線「勝どき駅」より徒歩約10分)。

片岡 喜直 院長

片岡 喜直 院長

晴海クリニック

中央区/晴海/勝どき駅

  • ●内科
  • ●循環器内科
  • ●糖尿病内科
  • ●代謝内科
  • ●呼吸器内科
  • ●消化器内科
  • ●外科
  • ●健診・検診

父と同じ内科医の道へ。できるだけ多くの方の体の悩みに応えたい

片岡 喜直 院長

父は内科の開業医をしていました。家族旅行に行く直前まで患者さんからの電話に対応するような姿を見て、地域の方々から頼られ役立つ仕事なんだと感じていましたね。そんな父の診療風景が身近にあったせいか、子どもの頃から自然と「将来は医師になるんだろうな」と思っていました。誰かから医者になれと言われた訳ではないので、やはり父の影響が大きいのだと思います。
内科を専門に選んだのは、父の影響もあるかもしれませんが、できるだけ多くの方の体の悩みやご質問にお応えしたいと考えたからです。そこで広く診療できるように、昭和大学医学部卒業後は昭和大学豊洲病院の内科を選びました。その後、石川島記念病院と経験を積み、2018年より晴海クリニックの院長に就任いたしました(都営大江戸線「勝どき駅」より徒歩約10分)。卒業以来、豊洲病院で20年、石川島記念病院で8年と合計30年近く中央区で診療をしていることになります。今後も父のように、この地域の方のちょっとした身体や心の困り事に少しでも寄り添えたら――。そんなスタンスで診療していきたいと思います。

一般内科からちょっとしたけがの治療まで対応

片岡 喜直 院長

クリニックの周辺は昔からの街並みが残っていますが、新しい住民の方も増えてきています。有病率が高くなるご高齢の方の受診が比較的多いですが、ちょっとした風邪など日頃の健康管理でいらっしゃる若い方も増えていますね。
当院の診療科目は一般内科・消化器内科・呼吸器内科からけがなどの外科処置、内視鏡検査まで幅広く、睡眠時無呼吸症候群や禁煙外来、予防接種や区民検診、AGAの治療やプラセンタ注射などの自費診療もおこなっています。私が担当するのは一般内科全般。3名のドクターがそれぞれの専門性を生かし診療をおこなっているのが特徴で、大きな病気の場合には近隣の医療機関と連携し治療にあたっています。ちょっとした相談から手術が必要かの見極めまで何でも相談できる、医療に関する「街のよろず相談所」でありたいですね。

年代を問わず「寿命に影響する病気」を防止してほしい

片岡 喜直 院長

生活スタイルの変化やグローバル化により、この40年ほどで日本人の食生活は大きく変わりました。魚の摂取量が減り、逆に加工食品やファーストフードの摂取が増えました。それにより肥満やメタボリック症候群を持つ方の比率も増え、血中のコレステロールや飽和脂肪酸が増加する方も増えています。発症する疾患も、狭心症や心筋梗塞を代表とする動脈硬化による疾患、いわゆる「生活習慣病」が増えてきました。
こうした疾患は何年もの生活が積み重なり発症するのが特徴で、寿命にも影響します。ですから、若いうちから予防を心がけなければなりません。健康診断のデータに異常がみられた場合には放っておかず、クリニックを受診し原因を把握することから始めて欲しいですね。生活を見つめ直し、健康管理をすることが10年後、20年後の将来を変えていきます。
生活習慣の改善が大切なのはご高齢の方にも言えることです。ただし若い方と違い、将来の病気の予防ではなく、「寝たきり」の防止や、健康寿命を延ばすのが目的になります。定期的に健康診断を受け、食事の改善や日頃からの運動、服薬など今からできることをしていただきたいと思います。

健康管理も「継続は力なり」の精神で

メタボリック症候群などの生活習慣病では、体重の管理が重要です。「夏に水着を着るため」とか「格好良く見せたい」という理由でダイエットをするのと違い、病気がらみで体重を落とす必要がある人の体重コントロールは、それ自体が「治療」の一つなのです。
一時的に体重減少を達成しても、それは残念ながらゴールではありません。体重を減らしても、すぐに血圧や血液検査データが改善するわけではなく、目に見える効果は5%以上(70kgの人なら3.5kg)の体重減少が必要と言われており、10%の体重減少が得られれば、血圧などはかなり良くなる可能性があります。また、血圧やコレステロールの薬を飲み続ける必要があるのと同じく、体重もコントロールし続けないといけないのです。1か月で3kgとか、2か月で5kgなどではなく、少しずつでもいいですので体重を減らし、それを維持し続けることに重点を置いてください。体重は毎日同じ時間・服装ではかるのがおすすめです。体重の変化がつかみやすく続けやすいですからね。1日わずか10gの体重増加であっても、その生活を1年続けると3.65kgもの違いが出てきます。健康管理は毎日の積み重ねです。「継続は力なり」の精神で続けましょう。

これから受診される患者さんへ

当院にご相談に見える患者さんの中には、長年病気の治療をしていても検査結果の数値の意味をご存知ない方や、生活習慣を変えることの必要性を理解していない方も少なくありません。また、逆に病気のことを心配し過ぎる方もいらっしゃいます。
病気の予防・治療には正しい知識が必要不可欠です。それを正しく伝えるのも私たち医師の重要な仕事だと感じています。当院では、治療の目的や方針を丁寧にご説明した上で、患者さんに寄り添った治療を心がけています。まずは気軽な健康診断から、ご自分の体を見つめ直してみてはいかがでしょうか。診療は予約不要ですので、身近なかかりつけ医として、ささいなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

※上記記事は2019年9月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

片岡 喜直 院長 MEMO

  • 出身地:愛知県
  • 趣味:マラソン
  • 好きな本:ノンフィクション(歴史学、地学など)
  • 好きな映画:邦画
  • 好きな言葉・座右の銘:人間万事塞翁が馬、行雲流水 (こううんりゅうすい)
  • 好きな音楽:邦楽、クラシック
  • 好きな場所:喫茶店、喫茶スペース

グラフで見る『片岡 喜直 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION