東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 医師―

呉 兆礼 院長/くれクリニック(西新宿駅・内科)の院長紹介ページ

呉 兆礼 院長

YOSHIHIRO KURE

“在宅訪問診療”を通じて地域医療に貢献
「新宿メディカルモール」内のかかりつけ医

獨協医科大学を卒業後、東京女子医科大学第二外科に入局し、一般外科ならびに救急医療に従事。医局を通じて全国の拠点病院で診療を行う。2012年に西新宿駅より徒歩4分の新宿フロントタワー3階に開業。

呉 兆礼 院長

呉 兆礼 院長

くれクリニック

新宿区/北新宿/西新宿駅

  • ●内科
  • ●外科
  • ●消化器内科
  • ●訪問診療

「末期がん患者さんを家に帰してあげたい」“在宅訪問診療”を志すきっかけ

呉 兆礼 院長

生徒の半数以上が、医学部や理系の大学に進学する獨協学園で学生時代を過ごしました。幼い頃に「僕も人を癒せる人間になりたい」と抱いた気持ちを胸に、獨協医科大学に進学したのが医者としてのはじまりです。
大学を卒業して、救急医療の現場に携わりたいと東京女子医科大学第二外科に入局したのですが、医局を通じて群馬県、大分県、埼玉県、青森県、茨城県など全国各地の拠点病院で診療するなかで、開業医としての生き方を考えるようになりました。

特に「大分市医師会立アルメイダ病院」での経験が大きく、現在の“在宅訪問診療”をはじめるきっかけともなりました。当時はまだ“ホスピス”という概念が無い時代で、末期がんの患者さんが家に帰ることすらままならず、病院で最期を看取るというのが一般的でした。

「最期くらい家に帰してあげても良いのではないか」、「医療を施せないから家に帰れないのであれば、医者の私が患者さんの家まで行けば良いのではないか」、「末期がん患者さんを家に帰してあげたい」という気持ちが強くなり、専門の消化器外科だけではなく、内科の診療にも積極的に関わり“在宅訪問診療”を志すようになりました。

「西新宿」駅より徒歩4分。地域医療の拠点「新宿メディカルモール」内に開業

呉 兆礼 院長

具体的に開業を決意してからは、先輩医師が経営するクリニックにおいて内科医として約5年間にわたり診療に従事させていただいたほか、人事や経営についても勉強する機会に恵まれ、2012年1月に「くれクリニック」を開院しました。

地域医療の拠点として注目を集めていた新宿フロントタワー3階の「新宿メディカルモール」を選びました。「新宿メディカルモール」には内科をはじめ、心療内科・精神科、整形外科・美容皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科、歯科、調剤薬局が揃い、ビジネスマンはもちろん地域にお住まいの方も多くいらっしゃいます。「新宿フロントタワー」の北側を東西に通る税務署通りの北側には古くからこの地域にお住まいの高齢者も多く、“地域のかかりつけ医”として気軽にご来院いただければと思います。

「患者さんが本当に求めていること」が見える在宅訪問診療

呉 兆礼 院長

当院では内科、外科、消化器内科、循環器内科、在宅訪問診療を診療内容に掲げています。開院より4年半が経過し、在宅訪問診療も徐々にではありますが地域の方々に知っていただき、「くれクリニック」を拠点として患者さまにとってもより良い医療が提供できているのではないかと感じています。

在宅訪問診療の興味深いところは、通院していた頃はなかなか緊張して話せなかった方も、自宅という自分のフィールドにいることで話しやすくなったり、それまでとは違った表情を見せてくれたりと、「患者さんが本当に求めていること」が見えてくる場でもあります。

私自身「家族の健康を守るためにみずから医師になった」という思いもあるため、まずは患者さんのお話を聞くことを第一に、自分の家族に接するように患者さんにも接しています。もちろんクリニックでも在宅訪問診療でもその姿勢は変わらず、「クリニックじゃないからこのくらいでいいや」というような中途半端な診療は決してしませんし、家族のためにできることは全力でやっていこうという気持ちで日々診療に臨んでいます。

負担も少なく気軽に検査を受けられる経鼻内視鏡検査

当院では在宅訪問診療とならんで、個人のクリニックとしては珍しい「下部消化管内視鏡」と上部消化管の「経鼻内視鏡」を備えているのも特色です。大学病院でもまだ経口の内視鏡が主流のところは少なくないのですが、「あんなに辛い思いをするんだったらもうやりたくない…」と患者さんが検査から遠ざかってしまうという話もよく耳にします。

しかし、定期的な検査をしなかったがために病気の発見が遅れてしまうことも考えられますし、負担も少なく気軽に検査ができる「経鼻内視鏡」を、より多くの人に広めていく必要性を感じています。

患者さんのなかには、ホームページで経鼻内視鏡による検査が可能なのを知って遠方からいらっしゃる方もいますし、大学病院では数ヶ月先まで予約がいっぱいの下部消化管内視鏡の検査を求めて来る方もいます。

下部消化管のほうが技術的に難しく、大きな病気が見つかってしまうことも多いので、個人のクリニックでは検査を行っているところも少ないのですが、外来で検査を受け持っている「東京女子医科大学」や近隣の大きな病院とも連携がしっかりととれているので、入院や手術が必要な場合にもスムースに対応することが可能です。

これから受診される患者さんへ

しかしその一方で、大学病院や地域の拠点病院は日々の診療や手術をこなすだけで精一杯の状態で、私たちのような町医者がその後のフォローアップ体制を築いていくことも大切です。

新宿区の医師会でも“地域連携パス”のもと大学病院と積極的に連携をはかっているところですので、患者さんにとってもより身近で充実した医療が提供できるようになっていくものと思われます。

より多くの人に寄与する大学病院に比べて、町医者にできることは手の届く範囲の限られたことではありますが、同じ志をもった多くの町医者が集まることで地域の医療が充実し、安心してなおかつ健康で暮らせる生活を提供できるものと思っています。

それこそ在宅訪問診療に携わる医師として自分にできる仕事であり、理想とする地域医療を実現させるための一助になりたいと思います。

医局に配属されて間もない頃、指導にあたってくださった教授から「君たちは『イシャ』という字はどう書くか知っているのか?」と質問されたのを今でも覚えています。「君らは『医者』では無く『居者』になりなさい」と教えてくださった先生は、患者さんといつまでも寄り添うことの大切さを教えてくれました。

私も地域のみなさんにとっての「居者」となれるよう、これからも診療に励みたいと思います。

※上記記事は2016年10月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

呉 兆礼 院長 MEMO

循環器専門医

  • 出身地:東京都
  • 趣味:アイスホッケー、ゴルフ、フットサル、阿波踊り
  • 好きな本:『武田信玄と二十四将』、『武王の門〈上・下巻〉』
  • 好きな映画:「スターウォーズ」シリーズ、「ダーティハリー」
  • 好きな言葉・座右の銘:「君らは『医者』では無く『居者』になりなさい。」お世話になった浜野教授のことば
  • 好きなアーティスト:山下達郎、竹内まりや、スティービー・ワンダー
  • 好きな場所:大分県、スーパー銭湯「ぽかぽか温泉」

グラフで見る『呉 兆礼 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION