東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

浅草橋こころのクリニック

台東区/浅草橋/浅草橋駅

  • 精神科
  • 心療内科
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩ルート
医師の声 患者の声 お知らせ WEB予約 オンライン
診療
電話 03-5833-5233
所在地 東京都台東区浅草橋2-1-10 松根屋ビル5階
最寄駅 浅草橋駅
駐車場 近隣コインパーキングあり
WEB
休診日 日曜・祝日
診療時間 [月曜・火曜・金曜]13:00~19:00 13:00~19:00
[水曜]09:00~11:30 13:00~19:00 09:00~11:30 13:00~19:00
[土曜]08:00~14:00 08:00~14:00
※第3水曜日は休診です。また、臨時休診日があります。
特徴
  • ●男性医師
  • ●パニック障害 
  • ●心の健康相談 
  • ●ストレス相談  
  • ●不眠相談 
  • ●心理カウンセリング 
  • ●各種心理検査 
  • ●自立支援医療制度
助川 剛史 院長

TAKESHI SUKEGAWA

助川 剛史 院長

その人が自分らしく過ごせるように。専門家の立場からお手伝いを

医院情報は東京ドクターズ(株式会社アートブルー)が独自に収集したものです。診療科目や診療時間などにつきましては変更されている場合もございます。ご来院の際は念のため、各医院様へご確認ください。
また、掲載情報の内容に誤りがある場合、もしくは情報の修正・新規登録をおこなう場合は『掲載情報について』よりお願いいたします。

助川 剛史 院長への独自インタビュー

人間を診るということへの興味が今の道に

精神科を選んだのは、端的に言えば、「人を診たい」ということでした。臓器別に病気を診るのではなく、人を診ることが出来ると思ったのが精神科だったんですね。
実際に精神科に入りますと、そこで初めて、極限状態の人を目にすることになります。正直なところ、最初は怖かったですよ。しかし、そこにいる方々も、俗にいう“狂人”ではなく、病を持った人です。100%病気ではなく、人の中のある部分にだけ病があるということなんですね。あれからずいぶん時が経ったことになりますけども、人を診るということにおいて、当時の選択は間違ってなかったと思っています。

その人の立場に寄り添っていきたい

うつや、パニック障害を含む不安障害、適応障害の患者さんが多く来院されています。最近は敷居が低くなっていて、少し眠れないといったような症状を訴えて来院される方も多くなっています。それはそれで、よい傾向と言えるでしょうね。
私はいかに患者さんの立場になるかということを重視しています。ご本人が抱えるつらさを本当に理解出来るのは、その人の立場に自分を置き換えてみなければわからないことなのです。たとえば、セクハラを訴える女性がいらしたとしましょう。私が中年男性であるというまま考えていては、そのつらしさに共感することは出来ません。難しいことですけども、ご本人の置かれている状況に自分を置いてみないと、ご本人の気持ちに共感出来ないのです。
つらしさを理解した上で、今度は出来うる範囲のことで対処していくことになります。診断書を提出して会社を休んでもらうというのもその1つでしょう。冷静になってもらったところで、今後の対処を一緒に考えていくのです。私がその方の人生を決めることは出来ません。ですが、私が出来ることを用いて、その人がその人らしく生きていくお手伝いをすることは充分におこなえます。そのためにも、まずその人の立場に立つということが大事になるわけです。

続きを読む→

台東区浅草橋2-1-10 松根屋ビル5階

浅草橋駅/徒歩約3分

グラフで見る『助川 剛史 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より