東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 獣医師―

岡田 将成 獣医師 & 岡田 優子 獣医師/池田動物病院 祖師谷通り病院(祖師ヶ谷大蔵駅・犬)の院長紹介ページ

岡田 将成 獣医師 & 岡田 優子 獣医師

MASANARI & YUKO OKADA

開業から35年以上。地域に暮らす動物たちの「かかりつけ医」として幅広く・質の高い診療を

お二人ともに麻布大学獣医学部獣医学科を卒業。将成先生は消化器や内視鏡、優子先生は循環器や皮膚疾患を中心に幅広く経験を重ねる。結婚を機に、お二人そろって『池田動物病院』にて診療をスタート。

岡田 将成 獣医師 & 岡田 優子 獣医師

岡田 将成 獣医師 & 岡田 優子 獣医師

池田動物病院 祖師谷通り病院

世田谷区/祖師谷/祖師ヶ谷大蔵駅

  • ●犬
  • ●猫
  • ●ウサギ
  • ●鳥

愛おしい動物への想いが、獣医師になるきっかけに

岡田 将成 獣医師 & 岡田 優子 獣医師

【岡田 将成 先生】
私は身内のほぼ全てが歯科医師という環境に育ち、医療系には興味を持っていました。自分がサラリーマンになることを想像できなかった、というのもあったのかもしれません。医療系の中でも獣医師になろうと思ったのは、身近なところに動物がいたというのが大きな理由です。実家ではワガママな性格の猫を飼っておりましたので、デリケートな猫の扱いについては特に自信があります(笑)。

【岡田 優子 先生】
ここは私の実家でもあり、私は両親がともに獣医師という家庭に育ちました。毎日昼も夜も、お休みの日でさえも動物のことを考えて過ごしている両親の姿を見てきましたので、「将来どんな仕事に就くのか?」と考えたとき、自然と獣医師が残ったという感じです。決して話をすることはないけれど、それだけに愛らしく尊い存在である動物たちを助けたい。そんな想いが獣医師になる夢を後押ししてくれました。

それぞれの専門性をいかし、質の高い獣医療を提供

岡田 将成 獣医師 & 岡田 優子 獣医師

【岡田 将成 先生】
麻布大学獣医学部を卒業後は、消化器疾患や内視鏡を中心に幅広く経験を重ねました。内視鏡検査は適切な検査をするだけでなく、検査結果を正しく読み取って診断をつけるプロセスがとても大事です。正しい診断と適切な治療によって動物たちの症状がよくなると、飼い主さんがとても喜んでくださいますし、私自身もとても嬉しいものです。これからも優子先生と連携しながら、地域の中で幅広く・質の高い獣医療をご提供したいと考えています。

【岡田 優子 先生】
私は結婚を機にこちらで診療するようになるまで、墨田区にある動物病院で診療していました。そちらの病院は「担当医があらゆる症状を診る」というスタイルだったものですから、どの検査をおこなうべきか、どの薬を使えば進行を抑えられるか、1つ1つ丁寧に調べたり検証したりするうちに鍛えられ、全体的な診療レベルが向上したように感じます。獣医師として「全ての診療科に対応できます」というのが私の強みと言えますが、特に心臓や皮膚の病気の治療には自信があります。

地域に暮らす動物たちの「かかりつけ医」として

岡田 将成 獣医師 & 岡田 優子 獣医師

【岡田 将成 先生】
一般に、私たちのような町の動物病院は地域の動物たちの「かかりつけ医」としての役割を果たし、1次診療を担います。一方で、2次診療施設といわれる医療機関では、手術をはじめとした高度な医療を担当しています。幸いにも当院には私と優子先生と男女2名の獣医師が在籍しておりますし、それぞれに高い専門性を備えています。動物たちの病気に幅広く対応でき、質の高い医療をご提供できる「1.5次診療」をご提供できることが当院の強みと言えるでしょう。

【岡田 優子 先生】
私が得意とする心臓の病気や眼科領域の手術については、2次診療施設とスムーズに連携できる体制を整えています。手術については専門的な設備が整った2次診療施設でおこない、術後のフォローは通い慣れた当院が担当するなど、動物たちの状態や飼い主さんのご希望に合わせてオーダーメイドの治療をご提案することが可能です。何でも相談できる気軽さと、専門的な知見を兼ね備えた「かかりつけ医」として、「池田さんにかかれば安心ね」と言っていただけるような存在になれたら嬉しいですね。

動物たちと飼い主さんの負担に配慮した診療を

【岡田 将成 先生】
動物たちはそれぞれ性格が異なりますし、飼い主さんの生活スタイルもさまざまです。そのため、同じ病気だからといって同じ治療をすればいいという訳ではありません。当院では、動物たちにストレスをかけず、飼い主さんの負担にならないような治療方法をご提案するようにしています。また、動物たちを診察する際も刺激しないよう、怖がらせないように配慮していて、状況に応じて診察と検査の順番を変えるなど、臨機応変な対応を心がけています。

【岡田 優子 先生】
診察の際には、見落としがないように、大切な情報を聞き逃すことがないように心がけ、私の方からも適切な質問をすることで動物たちの状態をしっかりと把握するように努めています。飼い主さんが訴える症状や特定の部位について診察するのはもちろんですが、動物たちの全身を診て、小さな変化やちょっとしたサインを見逃さないようにしたいと思っています。「何となく」の判断で治療を進めるのではなく、前回と今回の比較、客観的なデータに基づき、適切な治療をご提供したいと考えています。

これから受診される飼い主さんへ

【岡田 優子 先生】
『池田動物病院』は開業から35年あまり、地域に根ざした診療を続けてきました。この辺りは、下町っぽい雰囲気があってファミリー層も多くお住まいになっていますけれど、みなさんそれぞれに異なるライフスタイルに合わせて、そのご家庭にとって一番よい治療をご提案させていただきます。動物たちに気になる症状があるときはもちろん、しつけや毎日のケアなどに関するご相談も大歓迎です。何か「困った」というときには、お気軽に足を運んでいただきたいと思います。

※上記記事は2020年9月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

岡田 将成 獣医師 & 岡田 優子 獣医師 MEMO

  • 出身地:[将成 先生]愛知県名古屋市 [優子 先生]東京都世田谷区
  • 趣味:[将成 先生]NBA観戦、洋楽鑑賞 [優子 先生]ドラマ鑑賞、裁縫、アイス、ちょっと嵐
  • 好きな本・作家:[将成 先生]伊坂 幸太郎[優子 先生]湊 かなえ
  • 好きな映画:[将成 先生]ファイトクラブ[優子 先生]エリン・ブロコビッチ
  • 好きな言葉・座右の銘:[優子 先生]日々精進
  • 好きな音楽・アーティスト:[将成 先生]Oasis・洋楽 [優子 先生]嵐
  • 好きな観光地:[将成 先生・優子 先生]沖縄

グラフで見る『岡田 将成 獣医師 & 岡田 優子 獣医師』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION