東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 獣医師―

太田 快作 院長/ハナ動物病院(新高円寺駅・犬)の院長紹介ページ

太田 快作 院長

KAISAKU OTA

最先端の検査や治療が最善とは限らない
一番大切なのは飼い主さんとペットが幸せな時間を過ごすこと

東京都杉並区出身。2006年北里大学獣医畜産学部獣医学科卒業後、東京都や神奈川県、埼玉県の動物病院勤務を経て2011年12月に開業。日本獣医腎泌尿器学会、日本化学療法学会。

太田 快作 院長

太田 快作 院長

ハナ動物病院

杉並区/梅里/新高円寺駅

  • ●犬
  • ●猫
  • ●猫
  • ●ウサギ
  • ●ウサギ

動物愛護に対して先頭に立って活動する存在でありたい

太田 快作 院長

小さいころから動物が大好きだったのですが、実は幼いころは生物学者になり動物を研究してノーベル賞をとるような人になりたいと思っていた時期もあったんです。動物園や畜産、水族館、野生動物の調査など色々な勉強をする中で、捨て猫や捨て犬の問題がある事を知り「動物愛護」について深く考えるようになりました。野良猫や野良犬を見つけた時には保護して里親を探していました。一匹一匹個性があり可愛くてとても楽しい時間でした。「捨て猫や捨て犬を保護して殺処分をなくしたい」こんな思いを持つ仲間を増やして、捨て猫や捨て犬をどんどん救っていこう、という活動をはじめようと「犬部」というサークルを立ち上げました。この活動を通して気づいたのは、捨て犬や捨て猫の多さと協力してくれる獣医の少なさです。活動に理解のある獣医さんがもっと増えて協力してもらえればすごく力になる、と強く感じたんですよね。開業した今でも殺処分になってしまう不幸な犬や猫を減らすための活動を行い、動物愛護問題に対して先頭に立って行動していきたいと思っています。

同じ飼い主として、自分だったらどうしてほしいか、を常に考える

太田 快作 院長

私自身とても動物が好きですし、獣医師という立場ではありますが、同時に「飼い主」でもありますので「自分が受診する側だったらどのようにしてほしいか」ということを常に考えながら診察するようにしています。同じ飼い主同士、同じ動物好き同士、お話するのはすごく楽しいですよ。ただ、全ての飼い主さんが私と同じ考えであるとは限りませんから、それぞれの飼い主さんと動物が幸せに暮らせる方法、を考えて提案するようにもしています。例えば重い病気になったしまった動物。血液検査をしたりレントゲンや超音波の検査をしたり、手術をしたり・・・と検査や治療を重ねる事もできますが、それだけが飼い主さんと動物にとって常に一番良い選択であるとは限りません。高い治療費が払えない飼い主さんだっているんです。そんなときに「十分な検査や治療を受けさせてあげられなかった」「最善の選択をしてあげられなかった」なんて悲しんでいると、きっと動物だって悲しい気持ちになってしまうことでしょう。動物にとっては大好きな飼い主さんに愛されて一緒に最期の瞬間まで一緒にいられたら幸せなのだと思っています。飼い主さんと動物がいつも幸せな気持ちでいられるように。その手助けやアドバイスをすることが私の大切な役割の一つだと思っています。

もしペットが亡くなっても「楽しかった」「幸せだった」と思ってほしい

太田 快作 院長

どんなに懸命に治療をしても、生き物は病気や事故、老化などで亡くなってしまう時が来ます。飼っている動物は、飼い主さんからすれば大切な家族ですから、家族が亡くなればとても悲しいし辛い。だけどそんな動物達と一緒に暮らすことができて良かったな、幸せだったな、と振り返ってもらえたらいいな、と思っています。
病気などで看病するのは時間もお金もかかってしまうので大変かもしれない。だけどその分飼い主と動物の間の絆も強くなるし濃い時間が過ごせていると思うんです。動物が元気なときも、勿論楽しい生活が送れていると思います。でも病気や怪我で看病しなければいけなくなると、飼い主さんは家を空けている間も「大丈夫かな」「苦しんでないかな」と動物の事を想う時間が増えますよね。一緒に病気と向き合って、辛い事も嬉しい事も共有した時間というのは、飼い主さんにとってもかけがえのないものだと思いますし、ペットも幸せだったと感じながら亡くなっていってると思います。「こんな辛い思いをするなら、もう2度と飼いたくない」ではなく「悲しいけど、また飼いたいな、本当に最期の1秒まで幸せだったな」と思えるような時間を過ごしてもらえたらと願っています。

迷子犬をなくすためにマイクロチップを推奨

マイクロチップは麻酔を行わずに注射器で10秒もかかわらずに体内に埋め込むことができます。15桁の番号から飼い主の住所などが識別できる、というもので一度埋め込めば一生交換の必要もなく安全性も確認されています。過去の大きな震災の際にも多くの動物たちが飼い主とはぐれてしまいました。このマイクロチップが入っていれば飼い主が判明し再会できる確率はかなり高くなっていたはずだと思います。迷子犬や震災で飼い主とはぐれてしまう犬を少しでも減らすために、当院ではマイクロチップの挿入を安価で行うようにしています。利益ではなく、飼い主さんと動物の幸せのための活動だと思っています。興味のある方は是非お問い合わせいください。
他には地域の環境を守り、不幸な命を少しでも減らそうとTNR(野良猫の不妊手術活動)にも協力しています。外で生きるネコ達の望まれない出産を防ぎ、殺処分されてしまう動物を減らすための活動です。勿論飼い主さんがいる動物の避妊や去勢手術も行っていますが、飼い犬は診るけれど野良犬は診察しない・・・なんてことはあってはいけないと思っています。

これから受診される患者さんへ

野良犬、野良猫にも対応している医院ですが、だからこそ院内の消毒は徹底していて、壁や床なども全面消毒しています。飼い主さんとペットの為に誠心誠意力を尽くしたいと思っていますので、是非お気軽にお越しください。

※上記記事は2017年4月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

太田 快作 院長 MEMO

  • 出身地:東京
  • 趣味:動物と一緒に過ごす
  • 好きな本:動物関係の本
  • 好きなネコの柄:サビ
  • 好きな言葉:正義は勝つ
  • ダメな所:面倒くさがり、おっちょこちょい、字が汚い

グラフで見る『太田 快作 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION