東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― Pick UP! ―

お酒を飲むと咳がでるのはなぜ? 知っているとちょっと役立つヘルスケア情報を紹介。

お酒を飲むと咳がでるのはなぜ?

お酒を飲むと咳がでるのはなぜ?

お酒を飲んでいて咳が出たりしませんか?
喘息のある日本人が、飲酒後に喘息の発作が出たり悪化したりする人が多いそうです。
アルコールは体の中で代謝され、アセトアルデヒドという物質になります。このアセトアルデヒドは二日酔いの原因の1つと言われていますが、ヒスタミンを増加させてしまう働きもあります。ヒスタミンは気道を狭くしてしまうため、これにより喘息発作が起こります
これは「アルコール誘発喘息」という、特に日本人に多い病気の一つ。喘息の方は覚えておくべき症状です。
今回はアルコール誘発喘息の原因、症状、治療法を詳しく説明します。

●お酒を飲むと咳が出るアルコール誘発喘息の症状・治療法
上記は『オールアバウト』の記事を参照しています。
https://allabout.co.jp/