東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 歯科医師―

根本 康子 院長/表参道デンタルオフィス(明治神宮前駅・歯科)の院長紹介ページ

根本 康子 院長

YASUKO NEMOTO

自分が患者さんの立場だったら…を常に念頭におく
歯周病外科治療とインプラント治療のスペシャリスト

新潟大学卒業後、新潟大学歯学部第1補綴学教室に入局。クリニックや衛生士の短大でも勤務し臨床経験を積む。海外の学会にも参加し研鑽を重ね、2011年、『表参道デンタルオフィス』を開院(明治神宮前駅より徒歩5分)。

根本 康子 院長

根本 康子 院長

表参道デンタルオフィス

渋谷区/神宮前/明治神宮前駅

  • ●歯科
  • ●矯正歯科
  • ●歯科口腔外科

それぞれの専門医が高度な治療を提供する

根本 康子 院長

当院は、原宿と表参道エリア両方からアクセスが良い場所にあります。この辺りには幅広い年代の方がお勤め・お住まいになっていて、患者さんのニーズもさまざまです。そのため当院では、それぞれの分野を専門医が担当することにより、妥協のない治療をご提供できる体制を整えています。歯周病・インプラント治療を中心に、むし歯や審美治療、ホワイトニングなどについては院長の私が行い、高い専門性が求められる矯正治療や根管(歯の根っこの部分)治療については、それぞれスペシャリストと言える先生にお越しいただいて治療をお願いしています。こうして各分野の専門医が連携することによってトータルな診療が可能になるとともに、患者さんに高い治療技術をご提供できるのです。治療ユニットは、全て完全個室。プライバシーに配慮した空間で高度な治療をゆったりと受けていただくことができます。治療前のご説明は専用のカウンセリングルームで行うほか、治療後にお休みいただける「リカバリールーム」を設けているのも特徴の一つ。私をはじめスタッフは全員女性ですし、パウダールームにはアメニティも充実しておりますので、女性の患者さんにも安心してご利用いただけるのではないでしょうか。
治療や検査に使用する機器類は、マイクロスコープやCTをはじめとした充実の設備を備えています。特に、滅菌など衛生管理については、「自分が患者さんだったら?」という視点で考え、細かな部分まで徹底的にこだわりました。使い捨てにできるものはディスポーサブル(使い捨て)のものを採用しているほか、歯を削る器具などは患者さんに使用するごと1本1本滅菌処理をしています。来院される患者さんは、若い方から年齢を重ねた方まで幅広く、そのほとんどがご紹介でお越しになっています。中でも歯科関係者からのご紹介が多く、首都圏近郊はもちろん、以前は海外から足を運んでくださる方もいらっしゃいました。男女比は、おおむね半々くらいでしょうか。他院からご紹介いただく患者さんが多いためか、歯周病やインプラント治療の難症例を数多く手掛けていることも当院の特徴と言えます。

豊富な知識と高い技術をいかし、難症例のインプラント治療に対応

根本 康子 院長

患者さんの中には、歯の状態が悪くてどうしても温存するのが難しい方もいらっしゃいます。そんな時、治療の選択肢となるのが「インプラント」です。インプラント治療は、歯を失った部分に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に被せるようにして人工歯を装着する治療法です。従来のブリッジなど悪くなった部分の周りの歯に負担をかけてしまう治療法とは異なり、お口全体にかかる負担が少ない上、見た目もすっきりと仕上がるのが特徴です。機能性や審美性など、患者さんにとってもメリットの大きい治療法である一方、精度の高い治療を行うためには専門的な知識や熟練したテクニックが欠かせません。そのため、ブリッジや入れ歯などと違って、誰でも・どの歯科医院でも同じ治療を受けられるとは限りません。例えば、インプラント治療を希望される方の中には、土台になる骨が薄く、そのままでは治療に適さないケースがあります。また、歯ぐきが薄い方なども、インプラント治療を断られてしまうことが少なくありません。なぜなら、インプラント治療を行うためには、治療に耐えうる口腔内環境に整える「歯周形成外科」のテクニックが必要になるからです。
幸いにも、私はこの分野を専門的に学んできており、難症例と言われる治療にも対応することが可能です。実際に、私の技術力を頼りにしてくださる先生方も多くいらして、当院にインプラント治療ご希望の患者さんをご紹介いただくことも少なくありません。当院では、私がこれまでに培った知識や技術をいかして骨の造成や組織の移植手術を行っており、インプラント治療に適した口腔環境に整えた上で、精度の高い治療をご提供することができます。これまで「歯の土台が薄いから」「歯ぐきが弱いから」などの理由でインプラント治療を諦めていた方、他院でインプラント治療を断られてしまったという方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度ご相談いただきたいと思います。

歯周病の外科治療、再生治療のエキスパート

根本 康子 院長

歯周病治療の中でも、私が得意とするのは歯周病の外科的治療です。実は、歯周病は若い方でもかかることが多い病気です。年齢を重ねるうち、気が付いたら歯を抜かなければならない…という状態になるのも珍しくありません。しかし、近年の歯周病治療は技術の進歩が目覚ましく、治療によって骨や歯の周りの組織を再生する「再生医療」も行われています。日本では、まだあまり一般的ではありませんが、アメリカなどでは外科施術を用いて歯周病を治す方法が広く行われています。
これまで私は、海外の治療事例についても積極的に学んできており、インプラント治療に関しても、誰にも負けない知識とテクニックをもっています。そして現在も、定期的に海外の学会に参加して常に新しい治療を勉強しています。日本の歯周病治療における最も大きな研修プログラムに「JIADS」という研修会があります。多くの歯科医師の先生方が受講されるのですが、私はそのプログラムで歯周病の外科治療におけるエキスパートとして、インストラクターをさせていただいております。昔であれば歯を抜くしか治療の手立てがなかった歯周病も、進歩した治療法のおかげで治せる病気になりつつあります。もしも、歯科医院で「歯を抜く必要がある」と診断され、悩んでいらっしゃる方がいらしたら、ぜひご相談いただきたいと思います。

これから受診される患者さんへ

私が治療の際に大切にしていることは、「自分が受けたい治療を患者さんに提供する」ということです。滅菌設備などにしても、もしも自分が患者さんの立場だったら…という視点で考え、こだわりをもって設備を整えました。逆に、自分がされて欲しくないと思うことは、患者さんに対して決してしないようにしています。
当院は、保険診療・自費診療を問わず、幅広い選択肢をご提案できるのが強みです。痛みがある場合保険診療からスタートすることが多いですが、その後は患者さんのご希望に応じて治療内容をお選びいただき、各分野の専門医が質の高い治療をご提供しています。ただ痛みを取る…というだけでなく、より高度な治療を受けたいとお考えなら、ぜひ当院にご相談にいらしてください。特に、重度の歯周病で歯を抜かなければならないと言われてしまった方、骨や歯ぐきの状態が悪くてインプラント治療は無理と言われてしまった方などは、どうか歯を失う前に一度お話を聞かせていただければと思います。

※上記記事は2017年12月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

根本 康子 院長 MEMO

  • 出身地:茨城県
  • 趣味:音楽鑑賞
  • 好きな本・作家:漫画(手塚治虫先生など)
  • 好きな映画:ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ
  • 好きな音楽:オールジャンル
  • 好きな場所:原宿・表参道エリア

グラフで見る『根本 康子 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION