東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 歯科医師―

岡田 尚彦 院長/ナオデンタルオフィス(自由が丘駅・歯科)の院長紹介ページ

岡田 尚彦 院長

NAOHIKO OKADA

健康面だけでなく、心の変化ももたらすような歯の治療を。

大学卒業後、東京医科歯科の口腔外科に進み、UCLA歯学部留学でインプラント治療について研鑽を積み、帰国後中部労災病院に嘱託医として勤務した後、自由が丘駅より徒歩3分の地に『ナオデンタルオフィス』を開院。

岡田 尚彦 院長

岡田 尚彦 院長

ナオデンタルオフィス

世田谷区/奥沢/自由が丘駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●矯正歯科
  • ●歯科口腔外科

無医村を巡回をし患者さんに感謝されている父の背中を見ながら過ごした学生時代。

岡田 尚彦 院長

父が郷里で歯科医師をしていたので、高校時代は、陸上部に、勉強というよりは、部活が中心でしたが、父が無医村を巡回してとても患者さんに感謝されているのを知り「なるほど、人の役に立つというのはこういうことか」と思うようになったんです。
日本大学松戸歯学部を卒業後、東京医科歯科の口腔外科に籍を置きました。口腔外科ではがん患者さんを診たり、救急を含め様々な経験を積むことができました。その後はUCLA歯学部に留学をし、インプラント治療で著名な先生の元で、研鑽に努める毎日を送りました。この時期に最先端の歯科治療を学んだことが、今の私を形作っているかと思います。
帰国後は一旦郷里に戻り、中部労災病院に嘱託医として勤務し、2004年の12月に『ナオデンタルオフィス』をこの地に開院し、歯科・小児歯科・矯正歯科・歯科口腔外科を標榜しました(東急東横線・自由が丘駅より徒歩3分、もしくは東急大井町線・九品仏駅より徒歩10分)。
開業から10年。当時は小学生だったお子様が今は留学をしていたり、帰国時に検診に来てくれたり、結婚をされてお子さんを見せに連れてきてくれて、とてもうれしいことで、時の流れを感じるとともに、少しでもお役に立てることがやりがいです。今後も変わらず、私にできることで少しでも地域に貢献できればと思っています。

視覚的な要素を加え、患者さんにできる限りわかりやすい説明を心がける。

岡田 尚彦 院長

痛くないのは当たり前ですが、長持ちで、かつ、エビデンスに基づいた医療を心掛けています。何がどうだから優れているのか、明確な理由があってこそ患者さんに安心していただけるんです。治療には複数の選択肢がありますが、その際にも、過去の症例写真や説明用ツールを使って、患者さんのイメージが湧きやすくなるような説明をおこなっていきます。歯科の治療は、言葉だけではわかりにくいもの。視覚的な要素を加え、患者さんにできる限りわかりやすい説明を心がけていきたいですね。

東大理化学研究所とタイアップし、骨の再生療法を加味したインプラント治療。

岡田 尚彦 院長

一般に、あごの骨が薄くなっている方は、インプラント治療は困難になります。当クリニックでは東大理化学研究所とタイアップし、骨の再生療法を加味したインプラント治療をおこなっています。口コミで、あるいはHP等をご覧になっていただいたのでしょう、難症例と判断された方が多く足を運んでいらしています。
いかに技術が進んだとはいえ、インプラントが天然の歯に勝ることはありません。しかし、不幸にも歯を失った方の選択肢として、インプラントは非常に有効だと考えています。自分の歯と錯覚するくらいの快適性や、入れ歯とは違って骨の吸収が抑えられる、という側面もあります。インプラントや咬み合わせの無料相談もおこなっていますので、お気軽にお問い合わせください。
ご相談の種類としては、私が口腔外科出身ということもあり、お口の中のはれものについて伺うことも多くあります。はれものが口腔がんであることは滅多にありませんが、ものによっては癌化することもありますし、そのケースでは経過観察が必要になってきます。大学病院では様々な症例をたくさん診てきたので、がんを見分ける目は充分に養っていると思っています。

歯の治療により健康面だけでなく心の変化ももたらし、素敵な笑顔に。

たとえば、1本の歯を治療した場合にも、ホワイトニングで全体の色を整えたほうがきれいに見えることがありますから、ご希望される場合はそうした提案をさせていただいています。
お口がきれいになると、自然に口元がほころぶようになってきます。そうなれば人は笑顔になりますし、元気で素敵な笑顔で、伴侶を射止めた患者さんもいらっしゃいます(笑)。
歯の治療は健康面を司るだけではなく、心の変化ももたらします。UCLA留学時代、「歯が1本変わるだけでその人の人生が変わることもある」という話を聞きました。アメリカは審美治療がすごく進んでいますし、その現場を見て実際に見聞きできた事が、今の考えにつながっているかと思います。
笑顔の素敵な方はすごく魅力的です。クリニックではその笑顔がもっと引き立つよう、全体のバランスを考慮した美しさを追求していきます。

これから受診される患者さんへ。

『ナオデンタルオフィス』では、ガムマッサージを提供しています。噛む筋肉、咬筋が緊張していると、口が開く量が少なかったり、顎関節症等にも関係していることが最近の研究で明らかになってきました。ガムマッサージは舌や表情筋を緊張から開放するもので、その結果として口角が上がったり、口の開く量が増えるといった変化が生じます。またこのマッサージは非常に気持ちのよいもので、その心地よさに惹かれ、定期的に訪れる方もいらっしゃるほどです。
歯医者さんに喜んで行く方は少ないかもしれません。私はその中で、気軽に会話を楽しめ、笑って帰っていただけるような環境を作っていきたいと思っています。お口は、空気や食べ物が最初に身体に通る入り口であり、健康を保っていくにはとても重要なものです。そのお口のケアをお手伝いするために、できる限りの協力をさせていただければと思っています。

※上記記事は2015年6月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

岡田 尚彦 院長 MEMO

  • 出身地:三重県
  • 趣味・特技:ジョギング、旅行
  • 好きな本もしくは愛読書:ビジネス書
  • 好きな映画:アクション
  • 座右の銘もしくは好きな言葉:感謝
  • 好きな音楽もしくは好きなアーティスト:静かな音楽
  • 好きな場所もしくは好きな観光地:普段と違う場所へ

グラフで見る『岡田 尚彦 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION