東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 症状検索(東京)―

甲状腺機能低下症の解説

甲状腺機能低下症

原因
甲状腺の働きが低下し、血液中のホルモン量が減少した状態を甲状腺機能低下症という。甲状腺機能低下症には原発性甲状腺機能低下症と二次性甲状腺機能低下症があり、このうち、もっとも多い原発性甲状腺機能低下症の代表的な疾病が慢性甲状腺炎(橋本病)である。慢性甲状腺炎は自己免疫疾患のひとつと考えられており、血液中に甲状腺に対する自己免疫が生まれることで、甲状腺の機能が低下してしまうもの。
症状
だるさやむくみ、寒がり、皮膚の乾燥、貧血などがみられる。物忘れや動作が緩慢になることもあり、うつ状態に似ていることがある。
治療
甲状腺機能が正常であれば、定期検査だけでとくに治療の必要はない。機能が低下した場合には、甲状腺ホルモン薬を服用する。
受診科目
内科
内分泌内科
代謝内科

『甲状腺機能低下症』についてまとめてみた

院長先生

当サイトスタッフ/院長先生

甲状腺ホルモンの分泌が低下して活動性が低下する病気です。圧倒的に女性に多く(男女比は1対10以上)、40歳以後の女性では軽症なものも含めると全体の5%にみられます。 成人に起こり、症状がはっきり出ているものは粘液水腫(ねんえきすいしゅ)、小児にみられる先天性のものはクレチン病とも呼ばれます。

出典:甲状腺機能低下症<内分泌系とビタミンの病気>とは?|症状や原因・治療方法と関連Q&A - gooヘルスケア

甲状腺ホルモンは、全身の代謝を維持するのに重要なホルモンです。このホルモンが低下すると活動性が鈍くなり、昼夜を問わず眠く、全身の倦怠感(けんたいかん)が強く、記憶力や計算力の低下がみられます。また、体温が低くなり、皮膚が乾燥して、夏でも汗をかかなくなります。顔はむくみやすくなり、脱毛が起こり、カツラが必要になることもあります。声が低音化してしわがれるのも特徴です。体重は増え、便秘になり、無月経になることもよくあります。

出典:甲状腺機能低下症<内分泌系とビタミンの病気>とは?|症状や原因・治療方法と関連Q&A - gooヘルスケア

甲状腺機能低下症の治療は簡単で、どのような原因でも甲状腺ホルモンの投与を行います。甲状腺ホルモンとして、昔は乾燥甲状腺末なども使われていましたが、現在ではサイロキシン(チラージンS)の錠剤で治療するのが一般的です。甲状腺ホルモン薬は食事や他の内服薬の影響をさけるために、寝る前に服用をするようにします。甲状腺ホルモンと甲状腺刺激ホルモンを測定して、正常域に入ればあとはその量を長期に服用するだけで、薬の副作用が起こることはありません。

出典:甲状腺機能低下症<内分泌系とビタミンの病気>とは?|症状や原因・治療方法と関連Q&A - gooヘルスケア

対応可能クリニック

6147件中1~20件を表示

1 PAGE 1/308 308
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート