東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 症状検索(東京)―

乳がんの解説

乳がん

原因
乳汁を分泌して乳首へ送る乳腺組織に発生する癌。ほかの癌と同じく、明確な原因はわかっていないが、女性ホルモン(エストロゲン)が関係していると考えられている。乳管からできる乳管がんが9割近くを占め、ほかに乳腺小葉に発生する小葉がん、乳頭にただれや湿疹様の変化がおこるパジェット病などがある。
症状
乳房に硬い凸凹したしこりが生じる。しこりはしだいに動かせなくなってゆく。乳頭から分泌物が出たり乳頭がただれることもある。
治療
現在は、乳房の一部のみを切除する乳房温存療法が主流になりつつある。手術で乳房を切除した場合にも、乳房再建術が可能。しこりが2センチ以下、リンパ節に転移がない早期乳がんの場合、10年生存率は95%と非常に良好な結果になっている。
受診科目
乳腺外科
産婦人科
婦人科

『乳がん』についてまとめてみた

院長先生

当サイトスタッフ/院長先生

乳がんは、小葉由来の小葉がんと乳管由来の乳管がんとに大別されます。乳管内、あるいは小葉内にとどまっていて血管やリンパ管に浸潤していないものを、非浸潤がんといいます。非浸潤性(ひしんじゅんせい)乳管がんは比較的少数です。欧米では非浸潤性小葉がんは悪性疾患としては扱われず、経過観察が原則になっています。浸潤がんは血管やリンパ管から全身への血流にのり、リンパ節、骨、肺、肝臓、脳などに転移します。

出典:乳がんとはどんな病気か|症状や原因・治療と関連Q&A - gooヘルスケア

乳がんの症状は、90%以上は痛みを伴わない乳房腫瘤(にゅうぼうしゅりゅう)です。

出典:乳がんとはどんな病気か|症状や原因・治療と関連Q&A - gooヘルスケア

2期までの乳がんであれば、乳房の温存療法も可能です。乳房の部分切除、腋窩(えきか)リンパ節の郭清(かくせい)(きれいに取り除く)、放射線照射、薬物治療(抗がん薬、内分泌療法薬)を組み合わせた集学的治療です。 乳がん組織のホルモン受容体が陽性なら、内分泌療法をメインにします。受容体が陰性の場合やリンパ節転移がある場合、腫瘍の組織学的悪性度(グレード)が高い場合は、抗がん薬治療を考慮します。閉経前の患者さんは受容体陰性でグレードが高いことが多いので、抗がん薬治療が行われることが多い傾向にあります。閉経後の患者さんでは内分泌療法が有効であることが多いようです。ただし、日本の多くの施設ではグレードについて検査をしていません。 多発腫瘤(たはつしゅりゅう)や、乳腺内に広汎に広がった乳がんの場合は、非定型的乳房切断術(ひていけいてきにゅうぼうせつだんじゅつ)を行います。3期以後の乳がんであれば、まず薬物治療を行い、有効な症例については手術を行うことがあります(術前化学療法)。4期は根治的治療の対象とはなりません。

出典:乳がんとはどんな病気か|症状や原因・治療と関連Q&A - gooヘルスケア

対応可能クリニック

928件中1~20件を表示

楠原ウィメンズクリニック

中央区/銀座/銀座駅

●婦人科

医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
PR WEB
予約
1 PAGE 1/47 47
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート