東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 医院・病院 ―

アピアランスビューティクリニック(巣鴨駅・美容外科)の病院情報ページ

アピアランスビューティクリニック

豊島区/巣鴨/巣鴨駅

  • 美容外科
  • 美容皮膚科
  • 乳腺外科
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
患者の
お知らせ WEB
予約
オンライン
診療
電話 03-6902-1431
所在地 東京都豊島区巣鴨1-26-7 佐藤ビル2F
最寄駅 巣鴨駅
駐車場 近隣にコインパーキングあり
WEB https://appearance-beauty-clinic.com
休診日 水曜・日曜・祝日
診療時間 9:30~12:30 14:00~18:30 [土曜]9:30~13:30
特徴
  • ●女性医師
  • ●治療による脱毛へのケア
  • ●爪障害へのケア
  • ●お肌の変化へのケア
  • ●術後のお胸 おきずのケア
堀口 和美 院長

KAZUMI HORIGUCHI

堀口 和美 院長

外科専門医 /乳腺専門医

がん診療の経験・美容医療のスキルを携えて。みなさまの「美とこころのかかりつけ医」を目指す

◆「わたしらしく、きれいになりたい」を応援します◆

当院は、みなさまの外見のお悩みへ、高い専門性をもった上質なケアを提供することによって、みなさまおひとりおひとりが、ご自分らしくはつらつとお過ごしになれるように努力してまいります。

がん治療中、あるいは治療後の方へ、専門的なアピアランスケアを。そうではない方にも、上質なビューティケアを。何かお悩みのこと、気になっていることがあれば何でもご相談いただきたいですし、患者さんとお話をしながらご一緒に考え、その方にぴったりの方法を見つけたいと思います。みなさまの「美とこころのかかりつけ医」として、最大限のサポートをさせていただきますので、何か気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

★WEB予約はこちら
★Instagramはこちら
★Facebookはこちら

堀口 和美 院長への独自インタビュー

素敵な女医さんとの出会いが、医師になるきっかけ

父が医師という環境で育ったものの、私が医師になりたいと思ったのは「少女時代の出会い」がきっかけだと言えるでしょうか。小さなころから目が悪く、6歳のときに眼鏡をつくることになったのですが、このとき担当してくださったのが私と同じ名前の「かずみ先生」でした。初めて大学病院を受診して緊張していた私にやさしく話しかけてくださるなど、本当に素敵な女医さんで、先生への憧れのような気持ちから「医師になりたい」と考えるようになりました。
高校に進学して、たくさんの友人に出会うことができましたが、私と同じように医師を目指している友人も多かったです。幸いにも、高校時代以来の仲良しの同業者さんもたくさんいるんですよ(笑)。

乳がん治療に携わり、「アピアランスケアチーム」の立ち上げに尽力

手術をしたいとの想いから外科医になり、最先端の乳がん医療を学ぶために上京して以来、気が付けば16年にわたって「がん・感染症センター都立駒込病院」の乳腺外科で乳がん診療に没頭していました。自分が担当した手術や治療によって、患者さんが元気になられる。私は、外科医としてのやりがいを感じつつも、がん治療を通して外見が著しく変化した患者さんの苦悩に直面することになりました。「先生は私の体を治してくれたけれど、私の見た目を台無しにした」と、そんな風に言われてしまったこともありました。
都立駒込病院時代、院内に「アピアランスケアチーム」を立ち上げたのは、がん治療を頑張っている患者さんのために、体だけでなく心のケアもしてさしあげたいとの想いからでした。「アピアランス」には「外見」という意味があり、アピアランスケアは「医学的・整容的・心理社会的支援を用いて外見の変化を補完し、外見の変化に起因するがん患者の苦痛を軽減するケア」を指します。私は、たとえ命に限りがあっても、一人の女性として最期まで悔いのない時間を過ごしていただきたいと考え、患者さんのお気持ちやご希望をくみ取って最大限の努力をしてきたつもりです。とはいえ、「病気を治す」保険診療にはどうしても限界があり、「治療後の暮らしをトータルで改善する」ための治療はできません。そのため、がん患者さんを心身両面からサポートしていくためにも、自分のクリニックを開こうと考えたのです。

続きを読む→

豊島区巣鴨1-26-7 佐藤ビル2F

巣鴨駅

巣鴨駅南口出口からの徒歩ルート

所要時間(当社調べ):1分47秒