東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

足と歩行の診療所

大田区/西蒲田/蒲田駅

  • 形成外科
  • 皮膚科
  • 整形外科
  • 内科
  • 外科
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩ルート
医師の声 患者の声 お知らせ WEB予約 オンライン
診療
電話 03-6715-9430
所在地 東京都大田区西蒲田8-1-7 グランタウンビル9F
最寄駅 蒲田駅
駐車場 近隣にコインパーキングあり
WEB https://www.footwalk.clinic
休診日 月曜・日曜・祝日
診療時間 9:30~13:30 15:30~18:30
特徴
  • ●男性医師
  • ●WEB予約
  • ●体外衝撃波
吉原 正宣 院長

YOSHIHARA MASANOBU

吉原 正宣 院長

形成外科専門医 /その他

生涯を通して元気に歩き続けられるように 「足」と「歩行」の専門家がサポートします

◆蒲田駅から徒歩1分。「足」と「歩行」の専門クリニック◆

『足と歩行の診療所』では、足の痛みや歩行のお悩みなど、足にまつわる症状を専門的に診ています。いつまでも元気に歩けるように、足に特化した治療と予防で、みなさまのQOL(生活の質)向上をお手伝いしたいと思います。

足底腱膜炎の治療に効果的な「体外衝撃波」をはじめとした医療器機を導入。保険診療のみならず自由診療などにも応用しながら、患者さんのつらい症状を少しでも改善できるよう勉めます。他院で手術しかないと言われてお悩みの方、健康な足を取り戻したいという方、今よりもっと良くなりたいとお考えの方など、患者さんのニーズはさまざまです。そうした患者さんのお気持ちに寄り添いながら、その方にとって一番よい治療をしてさしあげたいと思います。

つらい症状を改善するための治療をおこなう一方で、いつまでも元気に歩き続けられるように、予防的なアプローチをすることもできます。足にまつわることで何かお困りのことがありましたら、お気軽にご来院ください。

吉原 正宣 院長への独自インタビュー

人の役に立つことができたら…。その想いをきっかけに医師を志すように

私は、両親が医師という家庭に育ったわけではありません。ただ、体の弱い兄がいたことで、自分の力で何かできないか、と考えたんですね。自分の知識や技術をもって、人の役に立つことができたら。そんな風に考えて、医師をめざすようになりました。
関西医科大学を卒業後、自分の専門に形成外科を選んだのは、ある手術に立ち会ったことがきっかけでした。それまでは、救急医療や小児科を希望する気持ちがあったのですが、母校の大学で数多くおこなわれていた性転換手術に立ち会い、大きな衝撃を受けたのです。形成外科の可能性や将来性に魅力を感じて、その後は母校の医局や市中病院で経験を重ねていきました。

豊富な経験と知識をいかして、足の病気を専門に診る

京都や大阪の病院で診療を続ける中で、糖尿病に起因する足の病気を診るケースを数多く経験しました。折角治療しても再発する足の病気に対して、どのようにしたら再発しにくいかといことに、興味を持って勉強していたところ下北沢病院で足病の専門施設が開設されるというお声かけをいただき、上京して「足病総合センター」の立ち上げに参加することになったのです。その後、足の病気を専門に1年あまり診療するうちに、もう少し患者さんのそばで、地域の中に入って診療していきたい、足の病気をもっと早期に発見して予防がしたいという気持ちが大きくなってきました。そこで、外来診療のほか在宅医療についても経験を重ねて、『足と歩行の診療所』を開設いたしました。
私が知る限り、足の病気を専門的に診る医療機関は、都内でも数は少ないのではないでしょうか、つらい症状に悩み、遠方から足を運んでくださる患者さんのことを考えて、できるかぎり公共交通機関からアクセスのよい蒲田駅前に診療所を構えることに決めました。足に対する治療や在宅医療を通して培った知識や経験をいかして、様々な疾患のゲートキーパーとなれるようしっかりと治療をしたいと思います。果たしていきたいと思います。

続きを読む→

大田区西蒲田8-1-7 グランタウンビル9F

蒲田駅

グラフで見る『吉原 正宣 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より