東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 医師―

寺井 和都 院長/西早稲田眼科(西早稲田駅・眼科)の院長紹介ページ

寺井 和都 院長

KAZUTO TERAI

目指すのは地域の方の目のかかりつけ医
お子さんからご高齢の方まで幅広い診療をおこなう

防衛医科大学校医学部卒業後、防衛庁医官として診療をおこなう。京都府立医科大学大学院や米国留学にて前眼部を中心とした研究に携わり、明治国際医療大学で、講師を務める。個人クリニックでの診療経験を経て、2018年西早稲田眼科を開院(西早稲田駅2番出口より徒歩1分)。

寺井 和都 院長

寺井 和都 院長

西早稲田眼科

新宿区/高田馬場/西早稲田駅

  • ●眼科
  • ●小児眼科

国内各地、留学先で眼科医として研鑽を積む

寺井 和都 院長

私が医師という仕事を最初に意識したきっかけは、⼦どもの頃に読んだブラックジャックという漫画ですね。進学し、学んだのは防衛医科⼤学校です。ちょうど私が卒業したころは⽩内障⼿術をはじめとして、眼科医療の各分野で技術⾰新が進んでいた頃。それまでの眼科医療が変わってしまうほど劇的に進歩した時期でしたので、眼科医という仕事はとも魅⼒的に感じました。
防衛医⼤を、卒業して防衛医大付属病院での研修ののち、北海道の駐屯地、岐⾩にある⾃衛隊の総合病院で勤務しました。並⾏して、週に⼀度ほかの医療機関で診療をおこない研鑽を積みました。その後、京都府⽴⼤学で⼤学院⽣として、主に前眼部の研究に携わり、うち3年間は海外留学も経験させていただきました。私は研究志向が強かったので、なかなか機会が得られない基本的な研究をする機会にも恵まれたのはとてもありがたかったですね。自衛隊での隊員さんに対する医療からアカデミックな研究まで、幅広い経験を積むことができたことは現在臨床をする上で大変役に立っていると思います。⼤学院卒業後は明治鍼灸⼤学(現︓明治国際医療⼤学)で勤務し、その後個⼈クリニックに勤務して研鑽を積み、2018年、⻄早稲⽥眼科を開院いたしました(東京メトロ副都⼼線⻄早稲⽥駅2番出⼝より徒歩1分)。

駅から1分、幅広い眼の症状に対応するクリニック

寺井 和都 院長

クリニックは早稲⽥⼤学のそば、駅から徒歩1分の場所にあります。以前、新宿の曙橋に住んでいたことがあるので、地域の雰囲気にはなじみがあります。この場所はたまたまご縁がありご紹介いただきました。種々の学校や⼤学も近く、お⼦さんから学⽣さん、ご⾼齢の⽅まで幅広い年代の⽅がお住まいの地域ですが、今のところ患者さんは⽐較的ご⾼齢の⽅が多いですね。
ものもらいや結膜炎から、ドライアイや疲れ⽬、⽩内障、緑内障や網膜疾患など幅広く診察をおこなっています。当院のような個⼈クリニックの役割の⼀つは、病気でお困りの患者さんの初期診断をおこない、必要に応じて他の医療機関への橋渡しをすることだと思っています。何であれ眼に関する異常を感じた⽅、軽い重いに関係なく受診していただけたらと思います。
さまざまな病気の診察・診断ができるように、院内の設備は視⼒から眼圧、眼底、網膜の断⾯を診ることのできる機器など⼀通りの検査ができる設備を備えています。また、レーザーや⼿術設備も備えているので、レーザー治療や⽬の表⾯やまぶたの⼿術も院内でおこなうことが可能です。ほかにも、近視、乱視、遠視といった屈折異常に関する検査や、斜視や弱視に対して両眼施機能の回復の為の矯正訓練およびこれに必要な検査をおこなう視能訓練⼠も常勤しています。もし、⼿術や⼊院などが必要な場合には、適切な医療機関をご紹介いたしますのでご安⼼ください。
また、当クリニックは医療モールの中にあります。エレベーター完備でバリアフリーですので、ベビーカーや⾞いすでのご来院も⼤丈夫です。建物の1階には薬局も併設されており、お薬の受け取りにも便利です。

眼の不快感を感じたら、症状が進む前に受診して欲しい

寺井 和都 院長

私の専門は前眼部の疾患や感染症が専門です。前眼部とは目の表面の部分。痛みを感じる部分なので症状に気付きやすいことが多いのが特徴です。ドライアイや結膜炎などの症状がありますが、若い方の中にはコンタクトレンズによるトラブルも多くみられます。コンタクトは目を覆ってしまいますので、角膜潰瘍などの病気にかかっていてもコンタクトでマスクをされた状態になるので、痛みが軽減されてしまうのです。本来はすぐに受診が必要な状態であるにも関わらず、痛みが軽減されることで治療が後回しになってしまう可能性もあります。
また、目の症状の一つとして疲れ目を訴える方もいらっしゃいますが、疲れ目はドライアイが原因になっているケースもあります。なかなか症状が改善しない、という場合には受診されることをおすすめします。回復に向けて治療やアドバイスができると思います。
痛みや不快感は、分かりやすい病気のサインです。眼に違和感を覚えたときにはどんなことであっても、まずはご相談いただければと思います。

痛みや自覚症状がない病気は特に注意が必要

私の専⾨は前眼部の疾患や感染症です。前眼部とは⽬の表⾯の部分。痛みを感じる部分なので症状に気付きやすいことが多いのが特徴です。ドライアイや結膜炎などの疾患のほかに、若い⽅の中にはコンタクトレンズによるトラブルも多くみられます。コンタクトは⽬を覆ってしまいますので、重篤な⾓膜潰瘍などの病気があってもコンタクトでマスクをされた状態になり、痛みが軽減されてしまうことがあります。本来はすぐに受診が必要な状態であるにも関わらず、痛みが軽減されることで受診が遅れてしまい、状態が悪化してしまう可能性もあります。痛みや不快感は、分かりやすい病気のサインです。眼に違和感を覚えたときにはどんなことであっても、まずはご相談いただければと思います。

また、⽬の症状の⼀つとして疲れ⽬を訴える⽅もいらっしゃいますが、疲れ⽬はドライアイが原因になっているケースもあります。自覚症状と発症メカニズムにずれがある場合、一般的な治療に反応せず、なかなか症状が改善しないことがあります。ささいな症状であっても気になることがおありでしたら、回復に向けて治療やアドバイスができると思います。
⽬の疾患は痛みを伴うものもありますが、痛みがなく進⾏するものも少なくありません。特に緑内障や糖尿病網膜症など眼の奥の疾患は痛みを伴いません。こうした疾患は進行すると視⼒にも影響しますが、自覚できるまで症状が進んでから治療を開始しても元に戻すことは困難であることが多いです。
健康診断や⼈間ドックで異常があると⾔われた場合には、すぐに検査を受けることが必要です。健康診断などの検査は⾃分が気付けない病気を探すことが主な⽬的です。たとえ⾃覚症状がなくても放っておくのはおすすめできません。
例えば緑内障の場合、40歳以上の⽇本⼈の5%、20⼈に1⼈はかかる疾患だという数字が出ています。ほかにも糖尿病の合併症の⼀つである糖尿病網膜症も、糖尿病がある⽅は定期的なチェックが必要です。
こうした病気は痛みもなく進⾏し、かなり進⾏してから視⼒に影響がでるという怖い側⾯を持っています。ですから、当院では来院された⽅の年齢や持病によっては、眼底検査などをおすすめしています。特に職場での健診や、⼈間ドックなどの機会がない場合には、⼀つの⽬安として40歳を過ぎたら⼀度⽬の検査を受ける事をお勧めします。

これから受診される患者さんへ

私が診療の際に⼼がけていることは、常に柔軟な考え⽅を持つこと。こういう症状だからこの病気だろう、などと決めつける診断をしないようにすることです。患者さんの⽴場に⽴ち、丁寧なご説明をすることはもちろんですが、科学的根拠に基づき、患者さんの希望にできる限り沿った治療をすすめていきます。
今までの経験を⽣かしお⼦さんからご⾼齢の⽅まで、幅広い⽬のトラブルに対応していきますので、お気軽にご相談ください。医師・スタッフ⼀同お待ちしております。


※上記記事は2018年5月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

寺井 和都 院長 MEMO

  • 出身地:愛知県
  • 趣味:読書、音楽鑑賞 
  • 好きな本・作家:ミステリー(島田 荘司など)
  • 好きな映画:ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ、ソフィーの選択
  • 座右の銘:なるべく柔軟に
  • 好きな音楽・好きなアーティスト:Nothing's carved in stone、上原ひろみ、dream theater
  • 好きな場所:最近は自宅で体を休めます

グラフで見る『寺井 和都 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

西早稲田眼科

新宿区/高田馬場/西早稲田駅

  • ●眼科
  • ●小児眼科
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
患者の
PR WEB
予約
オンライン
診療