東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 医院・病院 ―

やまざきメディカルスクエア(舎人公園駅・内科)の病院情報ページ

やまざきメディカルスクエア

足立区/西伊興/舎人公園駅

  • 内科
  • 循環器内科
  • 小児科
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
お知らせ WEB
予約
電話 03-5647-9948
所在地 東京都足立区西伊興2-3-9
最寄駅 舎人公園駅
駐車場 5台あり
WEB http://www.yamazaki-medical.com/
休診日 水曜・日曜・祝日
診療時間 8:30~12:00 15:30~19:00
特徴
  • ●駐車場あり
  • ●男性医師
  • ●超音波検査
  • ●バリアフリー 
  • ● キッズスペース
山﨑 弘二 院長

KOJI YAMAZAKI

山﨑 弘二 院長

総合内科専門医 /循環器専門医

患者さんとゆっくり向き合い、寄り添いながら 地域の方々が安心できる医療を

山﨑 弘二 院長への独自インタビュー

大学病院で培った経験をもとに、地域医療に貢献する

小さな頃の私は体が弱くて、肺炎で入院するといったこともありました。そんなとき、私を診てくれたのは10歳ほど年の離れた従兄弟で、「優しいお医者さん」に対する憧れのような気持ちを抱くようになったんです。そしてもう1つ、私が医師になったのは、4つ上の兄の存在がありました。高校時代は文系だった兄が、ひと足先に東京慈恵会医科大学に進学しまして。幼少期から元気だった兄よりも、病気を経験してきた自分の方が、患者さんに寄り添った診療ができるはずだと考えたんですよね(笑)。それまでは、ロボットづくりをするために理工学部を志望していたのですけれど、医学部をめざす友人たちの影響もあって、医師になることを決めました。
大学時代、循環器内科を専門にしたのは、人間の全身を診られるという部分に魅力を感じたためでした。私の家が心臓病の家系だったこと、もともとの希望であった小児科を兄に先取りされてしまった感じもありましたけれど(笑)。20年にわたって大学病院や関連病院に在籍し、さまざまな症例に携わってきました。

1人1人に寄り添いながら、本当に安心できる医療を

医療は日々進化を続けていますけれど、最先端の医療がその患者さんにとってのベストであるとは限りません。また一方で、都内であれば当たり前に受けられる医療を、地方にお住いの方が受けられないというケースもあるものです。生活環境や家族構成、職業など、患者さんの背景にあるものは、人それぞれに異なるもの。ですが、せめて私は医師として、お1人お1人に寄り添いながら診療をしていきたいと思います。
医師になって20年、それまで通り大学に残って、後進の指導にあたるという道もありました。でも、自分が何をしていきたいかを心に問いかけたとき、やはり私は患者さんの身近な場所にある「かかりつけ医」になりたいと考えたのです。地域の皆様がお困りのときに、気軽にご相談いただけるような「かかりつけ医」として。この場所でできる治療は責任をもっておこない、手術などを必要とするケースでは、母校の病院をはじめとした医療機関へ、顔の見える病診連携をおこなう。本当の意味で、患者さんが安心できる医療を実践していきたいと思っています。

続きを読む→

◆患者様の立場に立った医療を。安心と笑顔を届ける、地域に愛されるクリニック◆

『やまざきメディカルスクエア』で重要視しているのは、「患者様の立場に立った医療の実現」です。
生活環境や家族構成、職業など、患者さんの背景にあるものは、人それぞれに異なるもの。
当院では医療者として患者様の立場に立って、心のこもった医療を提供できるよう心掛けています。

必要に応じ大学病院との連携を図りながら、地域の皆様の「かかりつけ医」として、小さなお子様から大人の方まで、安心して受診できるクリニックづくりを目指しています。

午前の診療は朝8時半から、午後は土曜日も夜7時まで診療。クリニック前には5台分の駐車スペースもありますので、お休みの日やお車でお越しの方にも、気軽にご来院いただきたいと思います。
どんな些細なことでも、お気軽にご相談ください。

★わかりづらい”循環器”についての解説はこちら

足立区西伊興2-3-9

舎人公園駅/徒歩8分

舎人公園駅東口出口からの徒歩ルート

所要時間(当社調べ):10分22秒

グラフで見る『山﨑 弘二 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より