東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 医院・病院 ―

なまため眼科(新中野駅・眼科)の病院情報ページ

なまため眼科

中野区/中央/新中野駅

  • 眼科
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
患者の
お知らせ WEB
予約
オンライン
診療
電話 03-6304-8698
所在地 東京都中野区中央5-15-4 MARINOビル1F
最寄駅 新中野駅東高円寺駅(東京メトロ丸ノ内線)
駐車場 近隣コインパーキングあり (クリニック前 駐輪場有)
WEB https://www.namatame-ganka.com/
休診日 木曜・日曜・祝日
診療時間 [平日]9:30~12:30 14:00~17:30
[土曜]9:30〜13:00

※当院に初めてご来院され、メガネ・コンタクトレンズの処方を希望される方は、9:30~11:00または14:00~16:00(メガネ処方は16:30まで)の間にご来院ください。
※コンタクトレンズの取り扱いメーカーや種類については、お問い合わせください。
特徴
  • ●女性医師
生天目 理恵 院長

RIE NAMATAME

生天目 理恵 院長

眼科専門医

地域の「かかりつけ医」として 1人1人に寄り添いながら安心の眼科医療を

■安心して相談できる地域のかかりつけ医

当院では、白内障や緑内障、加齢黄斑変性など、眼科の疾患を全般的に診療しています。 緑内障や加齢黄斑変性などの精密検査ができるOCT(眼底三次元画像解析)や眼底カメラ、視野計も備えています。

小さなお子様からお年寄りまで、皆様の健康を保てるよう、幅広い医療の提供を心掛けてまいります。
皆様の不安を安心に変えられる「かかりつけ眼科医」を目指したいと考えております。目に関するお悩みについて、お気軽にご相談ください。どうぞよろしくお願い申し上げます。

★診療案内 ★お悩み別解説 ★アレルギー検査

生天目 理恵 院長への独自インタビュー

いくつもの要素が重なって医師になり、眼科を専門に研鑽を積む

私が医師になったのには、いくつかの理由がありました。まず、手に職をもって、一生続けられる仕事をしたいという想いが一つ。そして、小学校時代の先生に「君は理系だね」と言われたことで、好きというよりも「自分は理系だ」という感覚で(笑)勉強をした結果とも言えるでしょう。
また私自身、子供の頃から耳鼻科のお医者さんにお世話になることが度々あって、人格者として患者さんたちに慕われていた先生のようになりたいという気持ちがあったのも確かです。そのため私の中には「医師=耳鼻科医」というイメージがあったのですが、女性としてのライフスタイルを考えたとき、ふとご高齢になっても診療を続けていらした女医さんのことを思い出したんですよね。その方は、実家のご近所にあった眼科医院のおばあちゃま女医さんで、子ども心に「何歳になっても続けられる仕事があるんだ」と感心したのをよく覚えています(笑)。同じ女性である私も眼科を専門に経験を重ね、大学病院から地域の中のクリニックまで、さまざまな場所で診療を続けてきました。

愛着のある地域の中で、どなたにも安心のクリニックをめざして

ここ中野区は、私にとって第二の故郷ともいえる場所。そんな愛着のある地域の医療に携わっていかれたらという想いから、2016年に『なまため眼科』を開設しました。
眼科のクリニックには、0歳の赤ちゃんから90歳代のご高齢の方まで、症状も年齢も性別もさまざまな患者さんがいらっしゃいます。そのため、通りからそのままお入りいただける1階という立地にこだわり、車イスやベビーカーをご利用の方にも不自由のないゆったりしたスペースを確保するなど、バリアフリーにも配慮をしました。車イスでお越しの患者さんには、乗り降りをせずに検査を受けていただけるように工夫したり。小さなお子さんに子供向けのDVDをご用意したり、おトイレを男女別に設けたり。パステルオレンジのソファなどを配した明るい雰囲気のなか、どなたにも快適に受診していただけるような環境を整えておりますので、ぜひお気軽にご来院いただきたいと思います。

続きを読む→

中野区中央5-15-4 MARINOビル1F

新中野駅/約5分

丸ノ内線『新中野駅』2番出口からの徒歩ルート

距離(当社調べ):約400m

所要時間(当社調べ):4分13秒

グラフで見る『生天目 理恵 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より