東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

新井 紀元 院長

TOSHIMOTO ARAI

中医学(漢方)のスペシャリストとして
お1人お1人に最適な漢方薬を提供する

東京大学医学部を卒業後、脳神経外科を専門に研鑽を積む。各地の病院で診療にあたるほか、北京中医薬大学日本校で3年間勉強を重ね、国際中医師A級資格を得たのち、北京中医薬大学にて漢方を修得。2006年、「新井薬師前駅」そばに開業。

新井 紀元 院長

新井 紀元 院長

新井五行堂医院

中野区/上高田/新井薬師前駅

  • ●内科
  • ●耳鼻咽喉科
  • ●消化器内科
  • ●脳神経外科
  • ●脳神経内科
  • ●呼吸器内科
  • ●腫瘍内科
  • ●漢方内科
  • ●女性内科
  • ●老年内科
  • ●皮膚科
  • ●アレルギー科
  • ●婦人科
  • ●小児科

脳神経外科医から、中医学(漢方)のスペシャリストに

新井 紀元 院長

私は、子供の頃から、何か人のためになる職業に就きたいと考えていました。小さな頃に診てくださっていた「お医者さん」に憧れていたのかもしれません。自分も先生のような医師になりたいという想いで、東京大学医学部に進学しました。
大学卒業後は脳神経外科を専門に研鑽を積み、外来診療のほか手術なども数多く担当してきました。たくさんの症例に携わってスキルを磨いていく中、あるとき大ケガをして、長時間の手術をするのが難しくなってしまったんですね。それでなくても、外科医の寿命は長くありません。私は、自分の専門と言える分野をもう1つ得るため、中医学を学ぼうと考えたのです。

病名のつかない症状に、漢方薬でアプローチ

新井 紀元 院長

本場中国・北京での研修を経て、『新井五行堂医院』を開設したのが2006年でしたから、この場所で診療をはじめて10数年になるでしょうか。ちょっとした風邪の症状から、胃腸系のトラブルやがん、不妊症など、患者さんからご相談いただく内容はさまざまですね。
ひと口に「漢方薬」と言いましても、すでに調合された「エキス剤」を処方するのが一般的ですけれど、当院では患者さん1人1人のコンディションにあわせて、「煎じ薬」をお出しすることが可能です。西洋医学では病名がつかないような症状にもアプローチできるのが、漢方薬のメリット。何か気になる症状があるときには、ぜひご相談いただきたいと思います。

豊富な知識と経験をいかして、お1人お1人に最適な漢方薬を

新井 紀元 院長

何らかの症状があって病院を受診して、いろいろな検査をした結果、医師から「悪い所はありません」と伝えられた。そんな経験をなさった方も多いのではないでしょうか。西洋医学では、病名がつかない病気の治療はできませんが、患者さんにはたしかに「症状」があるわけです。こうした西洋医学では診断がつかない症状、西洋医学では治らない病気をサポートできるのが東洋医学と言って良いでしょう。
当院では、西洋医学で言う「症状」を「証」に置き換えて、お1人お1人に最適な漢方薬を処方することができます。患者さんの訴えに丁寧に耳を傾け、熱証であるのか寒証であるのか、血のめぐり、水のめぐりなどを細かく分析することによって体の状態を把握して、その方に合わせた漢方薬をおつくりするのです。

健康維持・向上に加えて、がんや不妊症治療にも力を注ぐ

たとえば、体のどこかに「がん」が見つかった場合。西洋医学では、手術を含めた治療がなされ、もしも数年後に再発した場合は、その時にまた治療を再開します。そうしたことを繰り返しているうち、最終的に「治療のしようがありません」という事態になりかねないんですね。もちろん、漢方薬で「がんが消える」とは決して言えませんが、がんを冬眠しているような状態にして、再発や転移を遅らせることはできるでしょう。
実際に、ステージ3やステージ4のがん患者さんであっても、8年以上もお付き合いが続いている方がいらっしゃいますし、体外受精を何度も経験された患者さんが、漢方治療によってお子さんに恵まれたケースも少なくありません。たしかに、治療の結果は年齢や体のコンディションにも左右されるものですが、自分がした治療で患者さんに喜んでいただけることは、医師として本当に嬉しいことだと思います。

これから受診される患者さんへ

『新井五行堂医院』は「新井薬師前駅」から徒歩7分、「中野駅」や「東中野駅」からも徒歩圏内の場所にあります。
今は、テレビやインターネットなどに情報が溢れていますが、間違った情報に惑わされることなく、1,000年に及ぶ確かな歴史に裏打ちされた漢方薬の力を頼ってほしいと思います。何となく体調がすぐれないという方、西洋医学では満足できないという方がいらっしゃいましたら、ぜひご相談いただきたいと思います。

※上記記事は2019年5月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

新井 紀元 院長 MEMO

脳神経外科専門医

  • 出身地:群馬県
  • 趣味:切手収集、絵画鑑賞
  • 好きな本:歴史本
  • 好きな映画:帰ってきたヒトラー
  • 好きな言葉・座右の銘:他人の言うこと、特にメディアの言うことを簡単に信じるな。
  • 好きな画家:東山魁夷、加山又造
  • 好きな場所:富士山

グラフで見る『新井 紀元 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION