東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 医院・病院 ―

ともながクリニック(新宿三丁目駅・内科)の病院情報ページ

ともながクリニック

新宿区/新宿/新宿三丁目駅

  • 内科
  • 糖尿病内科
  • 代謝内科
  • 循環器内科
  • 眼科
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
患者の
お知らせ WEB
予約
オンライン
診療
電話 03-3351-0032
所在地 東京都新宿区新宿4-2-23 新四curumuビル9階
最寄駅 新宿三丁目駅
駐車場
WEB
休診日 日曜・祝日
診療時間 9:00~11:30 14:00~16:30
[水曜]9:00~11:30 14:00~16:30 17:00~18:30
[土曜]8:30~11:30
特徴
朝長 修 院長

OSAMU TOMONAGA

朝長 修 院長

経験豊富なスタッフが患者さんの目線に立ち、一人ひとりの普段の生活をサポート。

医院情報は東京ドクターズ(株式会社アートブルー)が独自に収集したものです。診療科目や診療時間などにつきましては変更されている場合もございます。ご来院の際は念のため、各医院様へご確認ください。
また、掲載情報の内容に誤りがある場合、もしくは情報の修正・新規登録をおこなう場合は『お問い合わせフォーム・その他のお問合わせ』よりお願いいたします。

朝長 修 院長への独自インタビュー

17代目として、医師の家系を守るべく医師を目指す。

実家が代々続く医師の家系でした。歴史をさかのぼると江戸時代、今の長崎県大村市に位置する大村藩に医師として仕えていた家で、幼いながらに長男の私が医師の家系を途切らせることはできない、という思いはありました。と同時に、敷かれたレールに乗るのに反抗した時期もありました(笑)。しかし私で17代目という歴史を重く受け止め、医学部へ進学しました。
長崎大学医学部で学び、東京で医師として数年修業して、実家に戻るつもりでしたが、私の弟も医師の道を歩んでいました。東京で働いていた私と異なり、弟は山村や離島などのへき地医療に取り組んでいました。ある時弟が、東京で忙しく働いていた私を見て、「実家は私が継ぐよ」と声をかけてくれ、17代目は弟に任せ、私は東京で糖尿病の医師としてキャリアを積むことになりました。

高い知識・技術を持つスタッフが大学病院に負けない医療を提供。

当クリニックは糖尿病と生活習慣病の治療を専門としています。大学の糖尿病センターに長年いましたが、自分の理想とする医療をやりたいという気持ちが強くなり、2006年に開業に踏み切りました。自分の理想の医療とは、糖尿病の初期教育をもっと充実させたいということです。開業の際は、たくさんの患者さんが通いやすいように、駅の近くにクリニックを構えたかったので、JR線のほか、都営新宿線、東京メトロ丸の内線の「新宿駅」、副都心線「新宿三丁目駅」が乗り入れる当地は理想的でした。
現在、看護師が4人、管理栄養士2人、検査技師3人の態勢をとっており、一部のスタッフは患者さんが適切な自己管理ができるよう指導する、糖尿病療養指導士の資格を持ち、診察にあたっています。糖尿病治療ではスタッフが高い知識・技術を持ち、意思疎通のとれたチーム医療が大切です。その点では当クリニックは大学病院に負けない医療を提供できると思っています。

続きを読む→

新宿区新宿4-2-23 新四curumuビル9階

新宿三丁目駅

グラフで見る『朝長 修 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より