東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

高橋消化器科内科クリニック

練馬区/東大泉/大泉学園駅

  • 内科
  • 消化器外科
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
患者の
お知らせ WEB
予約
オンライン
診療
電話 03-3922-5101
所在地 東京都練馬区東大泉1-30-10 岡野ビル2階
最寄駅 大泉学園駅
駐車場 近隣コインパーキングあり
WEB
休診日 お問い合わせください
診療時間 9:00~12:30 15:00~19:00
[土曜]9:00~12:30 15:00~18:00
特徴
  • ●男性医師
高橋 裕之 院長

HIROYUKI TAKAHASHI

高橋 裕之 院長

「優しい医療」をコンセプトに 「つらくない内視鏡検査」を実践

※医院情報は東京ドクターズ(株式会社アートブルー)が独自に収集したものです。記載されている内容は変更されている場合もございます。来院の際は念のため各医院様へご確認ください。また、情報の修正をおこなう場合は『掲載情報の訂正・削除・追加の依頼』よりお願いいたします。

高橋 裕之 院長への独自インタビュー

両親と同じ医師になり、消化器内科を専門に研鑽を積む

両親は勤務医をしており、その意味では「親の跡を継ぐ」という必要はなかったのですけども、父の仕事を見て、私なりに考えて今の道を選択したというところでしょうか。中高生の時に、「職業を選びなさい」と言われても、なかなかに難しいですよね。誰かのアドバイスを参考にしたり、時にはレールを敷いてもらうこともあるでしょう。迷いながら進みつつ、最終的に自分の選択に納得がいくか否かが重要だと思います。
消化器内科を専門としたのは、最も身近な分野であったことが大きいかと思います。それに加え、内視鏡検査というものに非常に興味があり、それが最後の決め手となったのです。
私は大学病院で15年を過ごしました。その最後の4年間、小田原の病院に出向していたのですが、その際に妻との出会いがありました。結婚を考えた際、生活の拠点をどこにおくかということは、言うまでもなく重要です(笑)。当時、妻はすでに練馬に腰をすえて働いており、また私の母が高齢になってきたこともあって、地元に帰るという選択をしました。
『高橋消化器科内科クリニック』は、2003年に西武池袋線・大泉学園駅から徒歩1分のこの地で開院を迎えました。人に優しく、患者さんの心に優しい医療を心掛けていきたいと思っています。

患者さんのご負担に配慮して、「つらくない内視鏡検査」を

胃内視鏡・大腸内視鏡ともに、病気があるかないかをチェックし、疑わしい病変があれば細胞を採取していきます。大腸の場合、これにポリープの切除術が加わります。ただし、ポリープの切除に関しては確実で安全に出来る範囲内でおこないます。大学病院と違い、設備も人員も限られているので、リスクを冒して患者さんに不利益を与えることがあってはならない、ということですね。
内視鏡検査には「つらい、苦しい、痛い」といったイメージがあるものです。患者さんがそうお感じにならないようにするには、医師の技量が問われるのはもちろん、その方と医者が信頼関係で結ばれているかどうか、という点が大事です。患者さんの状態により難しいケースも確かにありますが、それも踏まえた上でしっかりと説明をおこなうこと。その結果として、「痛くなくてよかった」「またやるのであれば今度もここで」と仰っていただけるようになると私は思っています。

続きを読む→

練馬区東大泉1-30-10 岡野ビル2階

大泉学園駅/徒歩約1分

グラフで見る『高橋 裕之 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より