東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

中谷内科クリニック

中野区/東中野/東中野駅

  • 内科
  • 循環器内科
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
患者の
お知らせ WEB
予約
オンライン
診療
電話 03-3366-1481
所在地 東京都中野区東中野4-7-8
最寄駅 東中野駅
駐車場
WEB
休診日 土曜午後・日曜・祝日
診療時間 8:30~12:30 18:00~20:00
[土曜]8:30~12:30
特徴
  • ●日・祝日診療可
中谷 矩章 院長

NORIAKI NAKAYA

中谷 矩章 院長

「赤ひげ」のような医師をめざして 患者さんと向き合あいながら、全身を診る

医院情報は東京ドクターズ(株式会社アートブルー)が独自に収集したものです。診療科目や診療時間などにつきましては変更されている場合もございます。ご来院の際は念のため、各医院様へご確認ください。
また、掲載情報の内容に誤りがある場合、もしくは情報の修正・新規登録をおこなう場合は『お問い合わせフォーム・その他のお問合わせ』よりお願いいたします。

中谷 矩章 院長への独自インタビュー

江戸時代から続く医師の家系、その13代目として

江戸時代から続く医者の家系で、私は13代目になります。祖父、父、兄と、男はみんな医者になりました。他の仕事に就きたいということもありませんでしたね。医師になることに抵抗はありませんでした。慶應義塾大学医学部を卒業し、研修先で糖尿病の臨床経験を積みました。慶應に戻ってからは、脂質代謝研究室でに入り、リポ蛋白の研究をしていました。今ではHDL、LDLなど皆知っていますが、当時、日本では誰もやっていなかったんですよ。フレデリクソンが高脂血症の分類をリポ蛋白に基づいておこなったことを知り、リポ蛋白に注目したらどうかと考えついたんです。
こうして慶應義塾大学医学部の脂質代謝研究室で研究を重ね、東海大学医学部付属東京病院の診療部長を務め、診療の傍ら薬の開発に携わりました。薬の開発というのはフェーズ1、フェーズ2、フェーズ3と進むんですが、メバロチン、リボバス、ローコール、リピトールなど、発売されているほとんどの新薬の開発にフェーズ1から携わりました。開発が落ち着いたら今度は実際の診療の場で効果を確認する必要があると思い大規模臨床試験を行いました。

患者さんと向き合い、臓器だけでなく全身を診る

慶應、東海大、福生病院と、私自身の環境が変わっていったにもかかわらず、ずっとついてきてくれた患者さんが何人もいらしたんです。その方々の診察を続けなければならないとの思いで開業しました。言うなれば“赤ひげ”のような医師でいたいんです。みなさんの健康を守るため、真摯な態度で患者と接し、地域医療に従事したいと思っています。講演や他の業務で手が回らないときは、医師になった2人の息子が代診をしてくれることもあります。医者になってほしいとはとくに言いませんでしたが、それぞれ医師の道を志しました。留学中休日に子ども達を実験室に連れて行ったこともあるんですよ。置かれた環境の中で何かを感じとってくれたのかもしれませんね。
患者さんのお悩みは多岐にわたります。最近は電子カルテなど便利なアイテムが導入されていますが、それとにらめっこするのではなく、患者さんの顔をしっかりみて診察するように心がけています。診察室に入ってくる様子で「何かおかしいな」とピンとくることもありますからね。「腎臓の調子が悪い」という患者さんに対しても、腎臓だけを診ておしまいではなく、その人はそれで元気になっているのかを体全体に注意を向けて判断することも欠かせません。臓器を診るのではなく、患者さん一人ひとりを見るのがモットーです。

続きを読む→

中野区東中野4-7-8

東中野駅

グラフで見る『中谷 矩章 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より