東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 医院・病院 ―

青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所(外苑前駅・内科)の病院情報ページ

青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所

港区/南青山/外苑前駅

  • 内科
  • 漢方内科
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
患者の
お知らせ WEB
予約
オンライン
診療
電話 03-3405-4976
所在地 東京都港区南青山2-26-35 青山KKビル6F
最寄駅 外苑前駅
駐車場
WEB
休診日 木曜午後・土曜午後・日曜・祝日
診療時間 9:30~11:30 13:00~18:00
[木曜]9:30~11:30
[土曜]9:30~12:30
特徴
班目 健夫 院長

TAKEO MADARAME

班目 健夫 院長

消化器病専門医 /消化器内視鏡専門医

西洋医学で対応不可能な症状に、自然治癒力を最大限に引き出す治療方法を。

医院情報は東京ドクターズ(株式会社アートブルー)が独自に収集したものです。診療科目や診療時間などにつきましては変更されている場合もございます。ご来院の際は念のため、各医院様へご確認ください。
また、掲載情報の内容に誤りがある場合、もしくは情報の修正・新規登録をおこなう場合は『お問い合わせフォーム・その他のお問合わせ』よりお願いいたします。

班目 健夫 院長への独自インタビュー

ひどい肩こりを持ちの少年が医師を目指す。

ランドセルを背負って小学校に行く頃には、すでにひどい肩こりを持っていて、親に揉んでもらってようやく一息つけるという状態だったのです。肩こりは他の部分にも症状をおよぼしていましたが、薬を飲んでも何をしても、これがまったく治らない。子供ながらに、痛みを知る人が見てこそ、出来ることがあると思っていたところがありました。
勉強すれば何とかなるかもしれない。そんな淡い期待を持って医学部に進んだのですが、当然、肩こりの授業などというのはありません。そもそも、肩こりという言葉すら出てこない(笑)。「年のせいからもしれませんね」「仕方がありません」 肩こりに限らず、あきらめることを前提とされた病気は多いのではないでしょうか。それらを治し、快適な毎日を送っていただけるようにしたい。その想いが、今の私につながっている気がしています。
大学院を修了し、大学病院勤務を経て東京女子医科大学附属青山自然医療研究所クリニックの創設と運営に携わりました。『青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所』をこの場所(東京メトロ銀座線・外苑前駅から徒歩すぐ)に開院したのは、約10年後のこと。患者さんの治療の継続ということを考えると、やはり以前のクリニックに近いほうが便利ですし、運良くこの場所に巡り会えたという形になります。

経過観察以外にも、「まだ出来ることがある」。

難病に分類される線維筋痛症や慢性疲労症候群、その中でもやはり、がんの患者さんが多いですね。手術後の再発転移の予防、あるいは末期がんの症状の緩和をご希望されるケースです。
私は西洋医学を否定する気は毛頭ありませんし、手術という手段がなければ多くの患者さんがお困りになることになります。とはいえ、手術そのものが病気にならないように体質を変えることにはならないことも事実であり、より根本的な解決をはかっていくべきと考えるのです。
経過観察以外になすべきことがない。そう思い込まれている方に、「まだ出来ることがある」という希望を持っていただけるような場所でありたいですね。

続きを読む→

港区南青山2-26-35 青山KKビル6F

外苑前駅/徒歩約1分

グラフで見る『班目 健夫 院長』のタイプ

エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より