東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

日下診療所

荒川区/南千住/南千住駅

  • 外科
  • 泌尿器科
  • 胃腸内科
  • 肛門科
  • ペインクリニック
  • 内科
  • 漢方内科
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
患者の
お知らせ WEB
予約
オンライン
診療
電話 03-3803-5831
所在地 東京都荒川区南千住5-21-7
最寄駅 南千住駅三ノ輪橋駅
駐車場
WEB
休診日 木曜・第3土曜日・土曜午後・日曜・祭日
診療時間
特徴
  • ●日・祝日診療可
日下 史章 院長

CHIKAAKI KUSAKA

日下 史章 院長

循環器専門医

大自然のエネルギーが万病を治す。 21世紀の統合医療「オゾンマグネ療法」。

医院情報は東京ドクターズ(株式会社アートブルー)が独自に収集したものです。診療科目や診療時間などにつきましては変更されている場合もございます。ご来院の際は念のため、各医院様へご確認ください。
また、掲載情報の内容に誤りがある場合、もしくは情報の修正・新規登録をおこなう場合は『お問い合わせフォーム・その他のお問合わせ』よりお願いいたします。

日下 史章 院長への独自インタビュー

父と母の思いを引き継いで

父が外科と泌尿器。母が婦人科と眼科。両親が共に医師だったものですから、「自分があとを継ぐもの…」と自動的に考えていたところがありました(笑)。とくに何か言われたわけではなかったのですが、「やらなければいけないんだろう」と思い込んでいたんですね。
東京医科大学を卒業後、東京警察病院に勤務し、外科と泌尿器科に籍を置きました。当時は2つの科をまたがるのは、珍しいことでもなかったのです。外科を選んだのは、その仕事の大きさと華やかさに惹かれてのことでした。それから泌尿器は、戦後、とくに診る医師が少ないという事情がありました。父の影響もありましたけれど、診る人が少ないからこそ、お役に立てるのではという気持ちがあったように思います。
『日下診療所』は、1971年に開院いたしました。気がつけば、あれから45年が経つことになります。早いようで短いような、不思議な気持ちがしますね。

外科も内科も泌尿器科も、すべて診ることが求められた時代

医師の数が足りない傾向は私が開業した頃も変わらず、何でも診なければいけない時代でした。いろいろな方が見えましたね。癌の患者さんでおなかがパンパンにふくらんでいるのを水を抜いてあげたり、今では考えられなかったことがたくさんあったのです。
時代は移り、ようやく今は医療も整備されてきました。現在は、泌尿器科を中心に患者さんを拝見しています。泌尿器のお悩みとしては、前立腺肥大に代表される尿が出ないという症状から、夜間頻尿、それから、性病の方も少なくありません。性病の方は繰り返し来られることが多く、もう少し意識を持っていただけないかなと思っているところです(笑)。

続きを読む→

荒川区南千住5-21-7

南千住駅

グラフで見る『日下 史章 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より