東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 動物病院 ―

コネット動物病院(用賀駅・犬)の病院情報ページ

コネット動物病院

世田谷区/用賀/用賀駅

  • ウサギ
  • ウサギ
  • ハムスター
  • ハムスター
  • フェレット
  • フェレット
  • は虫類
  • は虫類
  • 両生類
  • 両生類
  • その他
  • その他
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
患者の
お知らせ WEB
予約
オンライン
診療
電話 03-6447-9181
所在地 東京都世田谷区用賀4-31-19
最寄駅 用賀駅
駐車場 近隣にコインパーキングあり(駐車場代補助あり)
WEB
休診日 水曜午後・日曜・祝日
診療時間 9:00~12:00 15:00~19:00
[水曜]9:00~12:00
特徴
  • ●クレジットカード対応
  • ●男性医師
  • ●WEB予約
  • ●トリミング
  • ●歯科
  • ●眼科
  • ●皮膚科
  • ●循環器科
  • ●泌尿器科
  • ●整形外科
屶網 慶 院長

KEI NATAAMI

屶網 慶 院長

動物たちと飼い主さんに寄り添いながら 「楽しい暮らし」をサポートしていく

医院情報は東京ドクターズ(株式会社アートブルー)が独自に収集したものです。診療科目や診療時間などにつきましては変更されている場合もございます。ご来院の際は念のため、各医院様へご確認ください。
また、掲載情報の内容に誤りがある場合、もしくは情報の修正・新規登録をおこなう場合は『掲載情報について』よりお願いいたします。

屶網 慶 院長への独自インタビュー

魚の研究とサラリーマン生活を経て、獣医師の世界へ

私には少々異色の経歴があって、お魚の大学から一度サラリーマン生活を送っていたことがあるんです。とは言え、もちろん小さな頃から生き物が好きで、家のリビングでは図鑑を眺め、お風呂の中でもハンドブックを離さないほどでした。最初に飼ったのはハムスター、その後もウサギ、ネコ、シバイヌという感じに、いつも動物たちと一緒に過ごしていました。普通ならばそのまま「獣医師に」となるかもしれませんが、魚が大好きでしたので東京水産大学(現・東京海洋大)に入学し、ヒラメの研究をしていました。卒業した後、ある食品会社に就職したのです。会社では製造部門を担当して、一時は「工場長候補か」と言われたこともありましたけれど。退職し、無職になって立ち止まって考えてみたときに、本当に進むべき道がハッキリした、と言いますか。今度は獣医師の道へと進もうと勉強をし、編入試験を受けて、日本獣医生命科学大学に合格することができました。
大学の卒業式は、ちょうど東日本大震災があった3月11日でした。被災地・石巻で避難所をまわり、診察やフードの配布などボランティア活動に従事したこともありましたし、石巻の病院で勤務しました。その後、都内や広島県内の動物病院で経験を重ねて、2018年に『コネット動物病院』を開設しました。

いつでも気軽に足を運べる、カフェをイメージした動物病院

自分の病院をつくるからには、医療機関にありがちな堅苦しいイメージは嫌だな、と思いました。外から中の様子が覗けて、どなたにも気軽にお入りいただけるような、カフェのような雰囲気にしたいと思ったんです。あいにく、動物たちを迎えるのはオシャレな店員さんではなく、モサッとした私なのですけれど(笑)。当院を頼りにやって来てくれる動物たちが、少しでも良くなって帰ってくれるような、そんな診療をしたいと思っています。
『コネット動物病院』では、イヌ・ネコをはじめ、ウサギやフェレットなどエキゾチックアニマルと呼ばれる小動物、爬虫類や魚類なども診療しています。勤務医時代から、種を問わずいろいろな動物を診てきましたし、私自身「エキゾチックアニマル」という言葉には、違和感があるんです。私にとっては、イヌもネコもウサギも鳥もみんな同じ生きもの、動物です。色々な動物を診ているからといって犬猫が疎かになっている訳ではありません。インコの手術が出来ればイヌは大分分かりやすいし、逆にイヌやネコの知見がウサギの診療に大いに生かせることもあります。どの子もじっくりと診ているからこそ身についた知識や技術、経験をいかしながら、動物たちと飼い主さんの暮らしをしっかりサポートしていきたいと考えています。

続きを読む→

世田谷区用賀4-31-19

用賀駅

グラフで見る『屶網 慶 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より