開業のための
Web集患戦略

開業医のための経営支援メディア
『ウェブドクター』

歯医者を開業すると年収はいくらになる?勤務医との比較や開業のポイントを解説!

開業する目的の1つに挙げられるのが年収ですよね。
一般的には勤務医で働くよりも開業医として働いたほうが給料が高くなると考えられているため、開業を志す方が多いのでしょう。
では、歯医者を開業すると実際にはどのくらいの年収になるのかが気になるのではないでしょうか。
そこで、本記事では開業した歯医者の年収や勤務医との比較について解説します。
また、記事の後半では開業した際に成功確率を高めるために意識すべきポイントを解説するので、ぜひ最後までお読みください。

歯科転職サイトおすすめ3選

  • デンタルワーカー

    デンタルワーカーは転職実績、累計30,000件 ※トライトグループ合計の実績を誇る転職アドバイザーです。非公開求人多数であなたにぴったりの職場をアドバイザーが紹介してくれます。

    評価
    料金完全無料
    対象地域全国

    また、利用は完全無料で最短1ヶ月以内に転職可能なのも人気のポイント。30〜60秒で登録は完了するので、まず利用してみるのをオススメします。

  • JOB歯科AGENT

    JOB歯科AGENTは歯科医師の転職に完全特化した転職エージェントです。転職サポートを無料で受けられ、他では見つからない非公開求人も多数。

    評価
    料金完全無料
    対象地域全国

    入社日の調整や手続きなど、入社当日までサポートしてくれるのも嬉しいポイント。 料金は完全無料なので、とりあえず転職エージェントに登録してみたい方におすすめです。

  • ファーストナビ歯科医師

    ファーストナビ歯科医師はハローワーク非公開求人も多数揃えたエージェント。給料交渉や勤務時間の相談などもサポートしてもらえます。

    評価
    料金完全無料
    対象地域全国

    全国厚生労働大臣認可を受けていて、全国に対応している信頼できる転職エージェントです。

歯医者が開業すると年収はいくらに?

では、歯医者が開業した際の年収がいくらになるのかを解説します。
勤務医の年収との比較や開業医が抱える年収の事情についても見ていきましょう。

開業した歯医者の年収

医療法人 個人の開業医
約1,475万円 約646万円

開業した歯医者の年収はどのくらいになるのでしょうか?
厚生労働省による調査では、医療法人の院長の平均年収が約1,475万円個人で開業した歯科医師の平均年収が約646万円となっています。
一見すると、平均年収がかなり低くなっているように見受けられますが、厚生労働省のデータでは内部資金等の情報が含まれていません。
院長の給料を多くしてしまうと、内部資金が尽きてしまう可能性が十分に考えられるため、自分の給料に回すのではなく内部資金として貯めているものと思われます。

なお、手元に残る金額はもっと少なくなることもあります。
歯医者になるためには歯学部に通い、卒業し、資格試験に合格しなければなりません。
それには多くのお金がかかるため、奨学金を借りて歯学部に通ったり予備校に通ったりした方も少なくないでしょう。
また、開業のために借りた借金もあり、これらの返済をしなければなりません。
そのため、手元に残るお金が少なくなることもあるでしょう。

(参照:厚生労働省「第23回医療経済実態調査」)

勤務医の年収

勤務医の年収は年代によって大きく異なります。
e-stat「政府統計2019年賃金構造基本統計調査 第2表」によると、20代・30代・40代の勤務医の平均年収は以下の表の通りです。

男性 女性
20代前半(研修医) 約475万円 約436万円
20代後半 約752万円 約639万円
30代前半 約954万円 約1,008万円
30代後半 約1,197万円 約1,011万円
40代前半 約1,340万円 約1,184万円
40代後半 約1,572万円 約1,310万円

(参照:e-stat「政府統計2019年賃金構造基本統計調査 第2表」

もっと勤務医について詳しく知りたい方は、以下のページも併せてお読みください。

勤務医とは?年収や働き方、メリット・デメリットを開業医との比較で解説

歯科医の年収を上げるのにおすすめのサイト4選

歯科医の年収を上げるのにおすすめの転職エージェントを紹介していきます。

デンタルワーカー

料金 完全無料
案件数 非公開
対象地域 全国
運営会社 株式会社トライトキャリア

デンタルワーカーは転職実績、累計30,000件(※トライトグループ合計)の実績を誇る転職アドバイザーです。

非公開求人多数であなたにぴったりの職場をアドバイザーが紹介してくれます。

また、利用は完全無料で最短1ヶ月以内に転職可能なのも人気のポイント。

30〜60秒で登録は完了するので、まず利用してみるのをオススメします。

\最短1か月以内に転職可能/

デンタルワーカーの案件を無料で見る

JOB歯科AGENT

料金 完全無料
案件数 非公開
対象地域 全国
運営会社 ・株式会社スタイル・エッジCAREER
・東晶貿易株式会社

JOB歯科AGENTは歯科医師の転職に完全特化した転職エージェントです。

転職サポートを無料で受けられ、他では見つからない非公開求人も多数。

あなたの希望に合った求人を専門のエージェントが紹介してくれます。

入社日の調整や手続きなど、入社当日までサポートしてくれるのも嬉しいポイント。

料金は完全無料なので、とりあえず転職エージェントに登録してみたい方におすすめです。

\新着・非公開案件多数/

JOB歯科AGENTの案件を無料で見る

ファーストナビ歯科医師

料金 完全無料
案件数 非公開
対象地域 全国
運営会社 株式会社ファーストコネクト

ファーストナビ歯科医師はハローワーク非公開求人も多数揃えたエージェント。

給料交渉や勤務時間の相談などもサポートしてもらえます。

全国厚生労働大臣認可を受けていて、全国に対応している信頼できる転職エージェントです。

\会員限定のレア求人を紹介/

ファーストナビ歯科医師の案件を無料で見る

エムスリーキャリア

料金 完全無料
案件数 非公開
対象地域 全国
運営会社 エムスリーキャリア株式会社

エムスリーキャリアは業界最大級の医師転職サイト。

非公開求人を多数取り扱い、転職成功者の90%は非公開求人で転職しています。

また、転職医師の満足度は96%・医師登録実績10年連続no1と人気の転職サイトです。

簡単1分で登録完了するので、とりあえず登録しておいて損しません。

\医師転職業界最大級/

エムスリーキャリアの案件を無料で見る

歯医者で開業する際のポイント

歯医者で開業する際には意識すべきポイントがあります。
ここでは、以下の3つの観点から歯医者で開業する際のポイントを理解しましょう。

  • 費用
  • タイミング
  • 集患スキル

1つずつ確認しましょう。

歯医者の開業に必要な費用

まず、歯医者の開業に必要な費用を見ていきましょう。
歯医者の開業には最低で5,000万円が必要とされています。
内訳は以下の通り、多岐にわたります。

  • 賃貸契約
  • 内外装工事
  • 器材
  • 受付業務
  • 広告
  • 採用
  • 運転資金

5,000万円を全て自己資金で用意するのは難しいため、金融機関からの融資や補助金を利用して確保することになります。
その際、自己資金はおよそ1,000万円ほどあれば、融資や補助金で賄えることが多いため、まずは1,000万円を用意することを目標にすると良いでしょう。

歯科の開業費用について詳しく知りたい方は、以下の記事も併せてお読みください。

歯科開業にはどのくらい費用がかかる?費用の調達方法や失敗しないコツを解説

歯医者を開業するタイミング

歯医者を開業するには適したタイミングとそうでないタイミングがあります。
もしタイミングが悪い時に開業をしてしまうと、事業が軌道に乗らなかったり私生活で問題を抱えて事業運営が疎かになってしまったりすることで、失敗に終わってしまう可能性があります
しかし、自己資金の用意や事業のリスク、男性であれば奥様の出産、子供の進学など、様々な要素が心配事であり、全ての条件が揃うのを待っていては、いつまでも開業はできません
開業の期限を決め、それまでに資金計画を立て、専門家に相談できる環境が用意できれば開業に踏み切って良いでしょう。

歯医者の開業に必須な集患スキル

歯医者で開業する際は、院長の診療スキルだけでは継続した運営が難しいでしょう。
歯医者を継続して運営するためには、患者を集めて多くの方にリピートしてもらう必要があります
そこで、歯医者の開業に必須な集患スキルを3つ紹介します。

  • 丁寧な接客
  • SEO・MEO対策
  • 定期的な情報発信

1つずつ見ていきましょう。

丁寧な接客

1つ目は丁寧な接客です。
どれだけ診療スキルが高くても話しづらかったり雑な接客をされたりしてしまうと、患者は継続して通院したいとは思えなくなります
逆に、親身になって話を聞いてくれたりスタッフが暖かく迎えてくれたりする歯科医院には継続して通院したいと思えるはずです。
そのため、患者の話を最後までよく聞き、親身になってアドバイスをすることを心がけましょう。

SEO・MEO対策

2つ目はSEO・MEO対策です。
新規の患者を集めるには、インターネットでの発信が欠かせません
その中で、Googleなどの検索エンジンで上位表示させるSEO対策Googleマップなどの地図アプリで適切な情報を表示させるMEO対策がとくに重要です。
元々は検索エンジンでの検索が圧倒的に多かったのですが、地図での検索も徐々に増えてきており、検索エンジンと地図の2つの対策をしなければなりません。
しかし、SEO・MEO対策をしている時間が取れない方がほとんどであるため、専門家に依頼するのが望ましいでしょう。

定期的な情報発信

3つ目は定期的な情報発信です。
とくにすでに来院したことのある患者に対しての情報発信は、再び来院するきっかけになるためリピーターや再初診患者を増やすことにつながるでしょう。
既存患者にはメールやLINEの登録をしてもらうことで、定期的な情報発信が簡単にできるようになるため、導入してみてください。

集患スキルについて詳しく知りたい方は、以下の記事も併せてお読みください。

患者を増やすための対策方法5選|集客で意識すべき考え方を解説

まとめ

今回は、歯医者が開業した際の年収について解説しました。
医療法人の院長の平均年収が約1,475万円、個人で開業した歯科医師の平均年収が約646万円です。
開業医の年収は安定しないため、時には給料を少なくしてでも医療機関の利益を確保しなければならない場合も考えられます
開業のタイミングには様々な要素が影響するため、今回紹介した判断基準をもとに開業の判断をするようにしましょう。