開業のための
Web集患戦略

開業医のための経営支援メディア
『ウェブドクター』

福岡で医師転職をするなら転職サイトを利用しよう!おすすめの転職サイトを5つ紹介

福岡で医師が転職しようとする際、どの転職サイトを利用するのが良いのでしょうか。

また、そもそも転職サイトを利用したほうが転職しやすいのでしょうか。

全国に対応している転職サイトから福岡の求人を中心に掲載しているサイトなど、様々な種類があります。

今回は福岡で医師転職をする際に転職サイトを利用すべきかおすすめの転職サイトを紹介します。

福岡で医師転職サイトを利用するメリット

医師が転職をする際に転職サイトを利用するのには、以下の3つのメリットがあります。

  • 好条件の求人が見つかりやすい
  • 無料で転職のプロに相談できる
  • 条件交渉を代行してもらえる

それぞれのメリットについて、以下で詳しく見ていきましょう。

好条件の求人が見つかりやすい

1つ目は好条件の求人が見つかりやすいことです。

転職サイトに多くの求人が集まっていますので、自分に合った求人を自分で探すよりも、転職サイトの担当者に探してもらったほうが見つかりやすいでしょう。

その分、時間の節約にもつながるので、忙しい医師の方でも転職活動を行うことが可能です。

無料で転職のプロに相談できる

2つ目は無料で転職のプロに相談できることです。

転職サイトの運営は紹介先の企業からの報酬で成り立っているので、無料で利用できます。

プロから無料で話を聞けるチャンスは少ないので、積極的に使ってみることをおすすめします。

条件交渉を代行してもらえる

3つ目は条件交渉を代行してもらえることです。

条件交渉を代行してもらえることで、時間の節約に使えるだけでなく、自分の希望している条件が通りやすくなります。

自分で交渉をすると「これから働く医療機関だし揉めたくない」と言う考えが働いてしまい、言いたいことが言えない可能性もあるでしょう。条件交渉を代行してもらうことで、そのような状況も防げます。

福岡で医師転職サイトを使う際の注意点

一方、医師向けの転職サイトを使う際には、以下のような点にも気をつける必要があります。

  • 条件が合わない可能性がある
  • 担当者との相性が悪い可能性がある

それぞれの注意点について、詳しく解説します。

条件が合わない可能性がある

1つ目は、条件が合わない可能性があることです。

担当者が転職のプロで条件に見合った求人を探してきてくれるとはいえ、そもそも転職サイトに希望の求人が掲載されていない可能性も大いにあります。

必ずしも条件が合致するわけではないことを念頭においたうえで利用しましょう。

担当者との相性が悪い可能性がある

2つ目は、担当者との相性が悪い可能性があることです。

考えが合わなかったり進め方に違和感があったりするなど、様々な理由で担当者との相性が合わないことが考えられます。

相性の悪いまま転職を進めていても、納得した結果が得にくいのが実情です。

そのため、担当者を変えるか転職サイト自体を変えてしまい、新しい担当者と転職活動を進めていくのがおすすめです。

医師転職サイトを利用した転職の流れ

では、医師転職サイトを利用する場合、どのような流れで転職が進められるのでしょうか。

主に、以下の5ステップの流れで進みます。

  • 転職サイトへ登録する
  • カウンセラーと面談をする
  • 求人を紹介してもらう
  • 企業に応募・面接をする
  • 転職の手続きを行う

それぞれのステップを以下で詳しく解説します。

転職サイトへ登録する

最初に、転職サイトへ登録します。

登録自体は数分で終わるため、転職活動開始を考えたらすぐに登録をすることをおすすめします。

担当者との相性が悪かったときを考慮すると、複数の転職サイトに登録しておくのが好ましいでしょう。

カウンセラーと面談をする

続いて、カウンセラーとの面談をおこないます。

お互いに共通の認識を持っておくために、遠慮せずに考えや悩みを伝えておくのがおすすめです。

加えて、現段階ですでに気になっていること、疑問に思っていることがあれば積極的に質問しましょう。

求人を紹介してもらう

面談でのヒアリング結果をもとに、一人一人に合わせた求人を紹介してくれます。

もちろん、紹介された求人のなかには、自分にピッタリだと感じるものもあれば、合わないと感じるものもあるでしょう。

内容や条件を詳細に確認し、どの求人に興味があるのかを決めておいてください。

企業に応募・面接をする

紹介された求人で興味のある求人があれば、実際に応募をします。

書類作成や面接練習を手伝ってくれる転職サイトもあるので、もしサポートしてくれる場合は積極的に利用しましょう。

プロに見てもらったほうが選考を通過する確率が高まるので、遠慮せずに使ってみてください。

転職の手続きを行う

選考に通過し、内定をもらえたら転職の手続きをおこないます。

転職に必要な手続きも担当者が代行してくれることがあるので、時間が足りなかったり面倒に感じてしまったりする方は代行を依頼するのがおすすめです。

なお、前職を退職する際は、同じ医療業界であり、今後また繋がる可能性がゼロではないため、円満に退職するようにしましょう。

福岡の医師転職サイトを効果的に使う方法

医師向けの転職サイトを効果的に使うには、以下の3つの方法がおすすめです。

  • 職場の内情を教えてもらう
  • 見学・体験入社などで職場に足を運んでみる
  • 複数の転職サイトを利用する

それぞれの方法を詳しく解説します。

職場の内情を教えてもらう

職場の内情を担当者から教えてもらうのがおすすめです。

担当者は転職のプロであり、様々な医療機関と繋がっているため、求人票からだけでは得られない情報を持っていることが多くあります。

例えば、職場の雰囲気などが挙げられますが、より詳しい情報を知っていることで、自分に合う職場かどうかの判断がしやすくなるでしょう。

見学・体験入社などで職場に足を運んでみる

また、内情を教えてもらうだけでなく、見学・体験入社などで実際に職場に足を運んでみるのもおすすめです。

転職のプロとはいえ他人のフィルターを通した感想・考えと、自分で経験して感じた印象とでは、当然ですが後者のほうがより自分の感覚に近い部分で判断できます。

聞いただけでは伝わってこない情報を得られる可能性もあるので、積極的に足を運んでみましょう。

複数の転職サイトを利用する

1つの転職サイトのみならず、複数の転職サイトを利用するのがおすすめです。

1つの転職サイトだけを利用していると、相性が合わないと感じたときに他の転職サイトを一から利用し始める必要があり、億劫に感じてしまうことが多くあります。

些細なことでも面倒な出来事が続くとモチベーションを失い、転職の機会を逃してしまうことにも繋がりかねません。

そのため、登録自体はすぐに終わるので、あらかじめ複数の転職サイトを利用しておき、徐々に信頼に値する1つの転職サイトに絞っていくことをおすすめします。

福岡の医師転職でおすすめのサイト5選

ここでは、福岡の医師向け転職サイトでおすすめのサイトを5つ紹介します。

  • マイナビドクター
  • Dr.転職なび
  • ドクターキャスト
  • ドクターネクストキャリア
  • NEXT STAGE

それぞれの転職サイトの特徴を見ていきましょう。

マイナビドクター

項目 特徴
求人数(福岡) 約1,600件
拠点 銀座・新宿・大阪・名古屋・福岡・横浜・さいたま・札幌・仙台・京都・神戸・岡山・広島
対応診療科目 【内科形】
一般内科・循環器内科・呼吸器内科・消化器内科・内分泌・代謝内科・腎臓内科・神経内科・心療内科・老年内科・アレルギー科・リウマチ科・血液内科・膠原病科
【外科系】
一般外科・消化器外科・脳神経外科・整形外科・呼吸器外科・心臓血管外科・乳腺外科・形成外科・泌尿器科・美容外科・小児外科・大腸・肛門外科
【その他】
精神科・小児科・眼科・耳鼻咽喉科・皮膚科・麻酔科・放射線科・産婦人科・婦人科・産科・人工透析科・緩和ケア科・リハビリテーション科・総合診療科・美容皮膚科・健診・人間ドック・救急科・ICU・病理科・基礎医学系・スポーツ整形外科・ペインクリニック・その他
対応エリア 全国エリア
運営会社 株式会社マイナビ
公式サイト https://doctor.mynavi.jp/

マイナビドクターは、大手の転職サイトで福岡にも拠点が置かれています。

福岡県内だけで1,600件ほどの求人が掲載されており、さらに非公開求人があることを考えると、幅広い選択肢から求人を選べます。

人材サービスに関わり始めてから40年以上が経過するマイナビが運営する転職サイトであるため、安心して利用できるでしょう。

公式サイトを見る

Dr.転職なび

項目 特徴
求人数(福岡) 約500件
拠点 東京・札幌・仙台・名古屋・金沢・大阪・福岡
対応診療科目 【内科系】
一般内科・呼吸器内科・循環器内科・消化器内科・内分泌科・人工透析内科・腎臓内科・神経内科・心療内科・老年内科・血液内科・漢方内科・内科系その他
【外科系】
一般外科・呼吸器外科・心臓血管外科・消化器外科・乳腺外科・整形外科・脳神経外科・形成外科・美容外科・肛門外科・小児外科・外科系その他
【その他】
精神科・健診・ドック・小児科・皮膚科・美容皮膚科・泌尿器科・産婦人科・婦人科・眼科・耳鼻いんこう科・リハビリテーション科・麻酔科・放射線科・病理診断科・総合診療科・救急科・緩和ケア科・リウマチ科・神経科・小児神経科・産科・産業医関連・ストレスチェック関連・臨床検査科・その他専門科目
対応エリア 全国エリア
運営会社 株式会社エムステージ
公式サイト https://tenshoku.doctor-navi.jp/

Dr.転職なびは、全国エリアに対応した転職サイトであり、福岡にも拠点があります。

常勤・定期アルバイト・スポットアルバイトのすべてに対応しており、幅広い求人を閲覧できます。

運営会社である株式会社エムステージの調べによると、満足度97%という結果が出ているので、安心して利用できるでしょう。

公式サイトを見る

ドクターキャスト

項目 特徴
求人数(福岡) 約4,500件
拠点 大阪・東京・福岡
対応診療科目 【内科系】
総合診療科・内科・消化器内科・呼吸器内科・循環器内科・腎臓内科・糖尿病内科・内分泌内科・血液内科・神経内科・心療内科・老年内科
【外科系】
外科・消化器外科・呼吸器外科・心臓血管外科・脳神経外科・整形外科・形成外科・美容外科・乳腺外科
【その他】
小児科・産婦人科・産科・婦人科・精神科・皮膚科・美容皮膚科・泌尿器科・眼科・耳鼻咽喉科・リハビリテーション科・人工透析・放射線科・麻酔科・救急科・緩和ケア・健診・人間ドック・在宅訪問診療・老健・産業医・製薬・その他
対応エリア 全国エリア
運営会社 株式会社メディカルキャスト
公式サイト https://www.doctorcast.jp/

ドクターキャストは、非常に多くの求人情報を扱う転職サイトであり、福岡だけで4,500件もの求人があります。

求人数が多いため、自身の希望に即する求人を見つける確率は比較的高いと言えるでしょう。

本社は大阪ですが、福岡にも拠点を構えており、福岡での転職にも手厚いサポートがおこなわれています。

公式サイトを見る

ドクターネクストキャリア

項目 特徴
求人数(福岡) 約20件(他非公開案件多数)
拠点 福岡
対応診療科目 【内科系】
一般内科・消化器内科・循環器内科・呼吸器内科・血液内科・心療内科・神経内科・老人内科・内分泌内科
【外科系】
一般外科・消化器外科・心臓外科・呼吸器外科・脳神経外科・整形外科・形成外科・美容外科
【その他】
皮膚科・泌尿器科・人間ドック・検診・在宅医療・放射線科・人工透析・緩和ケア・リハビリテーション科・小児科・産婦人科・婦人科・精神科・眼科・耳鼻咽喉科・麻酔科・その他
対応エリア 全国エリア
運営会社 株式会社DNC
公式サイト https://d-nc.com/doctor/

ドクターネクストキャリアは、福岡に本社を構える株式会社DNCが運営する転職サイトです。

公開されている求人だけを見ると、約20件とかなり少ないのですが、専任の担当者が交渉を重ねることにより、他のサイトよりも好条件を出してくれることも多くあります。

徹底的にサポートしてくれるため、安心して転職活動を進められるでしょう。

公式サイトを見る

NEXT STAGE

項目 特徴
求人数(福岡) 約3,200件
拠点 福岡
対応診療科目 【内科系】
一般内科・消化器内科・呼吸器内科・循環器内科・血液内科・内分泌内科・糖尿病内科・腎臓内科・肝臓内科・腫瘍内科・心療内科・神経内科・老年内科・総合内科・腎代謝免疫内科・感染制御内科・総合診療科・リウマチ科・臨床検査科・化学療法科・血管透析内科
【外科系】
一般外科・消化器外科・呼吸器外科・心臓外科・血管外科・整形外科・脳神経外科・眼科・耳鼻咽喉科・肛門科・乳腺科・美容外科・形成外科・救命救急・心臓血管外科・泌尿器科・乳腺外科・大腸肛門外科・胃食道外科・頭頚部外科・肝胆膵外科
【その他】
精神科・小児科・産科・産婦人科・婦人科・放射線科・リハビリテーション科・人工透析・皮膚科・美容皮膚科・麻酔科・ペインクリニック・スポーツ整形・救命救急・健診・検診・人間ドック・緩和ケア・病理・基礎医学・老健施設・産業医・生命保険医・漢方・免疫療法・脳血管内治療科・アレルギー科・睡眠呼吸障害外来・AGA外来
対応エリア 全国エリア
運営会社 NEXT STAGE 株式会社
公式サイト https://med-nextstage.jp/

ネクストステージは、NEXT STAGE 株式会社が運営している転職サイトであり、ドクターネクストキャリアと同様に、福岡に本社のある会社が運営しています。

全国エリアに対応していますが、九州・関西を中心に対応しているため、福岡の求人も充実しています。

求人件数も3,200件とかなり多い部類に入るため、理想の求人を探しやすいと言えるでしょう。

公式サイトを見る

まとめ

今回は、福岡で医師が転職する際に転職サイトを利用すべきかについて解説しました。

基本的に無料で利用できるため、デメリットに対する対策が打てれば利用するに越したことはありません。

しかし、こだわりが強い方はそもそも転職先が見つからない可能性も考慮した上で転職活動をするのが望ましいです。

今回紹介したポイントを意識して、利用する転職サイトを決めてみてください。